ソールズベリー侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソールズベリー侯爵
Cecil
創設時期 1789年8月10日
創設者 ジョージ3世
貴族 グレートブリテン貴族
初代 7代ソールズベリー伯ジェイムズ・セシル
現所有者 7代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシル
相続人 エドワード・ガスコイン=セシル
相続資格 初代侯爵の直系嫡流の男系男子
付随称号 ソールズベリー伯爵(1605年)、クランボーン子爵(1604年)、エッセンドンのセシル男爵(1603年)

ソールズベリー侯(英:Marquess of Salisbury)は、イギリス侯爵位の一つ。グレートブリテン貴族

前身のソールズベリー伯爵位は過去に5回創設されている。ソールズベリー侯爵位は7代ソールズベリー伯(第5期)ジェイムズ・セシル1789年に叙せられたのに始まる。ソールズベリー侯として最も有名なのは、19世紀末から20世紀初にかけて3度イギリスの首相を務めた3代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシルである。2015年現在の当主は7代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシルである。

歴史[編集]

セシル家前[編集]

ソールズベリー伯の爵位には複雑な歴史がある。この称号は12世紀の半ばにパトリック・ドゥ・ソールズベリーのために創設された。この称号は女系相続を経て代々継承され、5代目のアリス・ド・レィシーまで続くが、1322年にアリスの夫であるランカスター伯トマス・プランタジネットエドワード2世に対する反逆罪で処刑されると、彼女もソールズベリー伯の爵位を返上することになった。

1337年、ソールズベリー伯は、国王エドワード3世の寵臣でスコットランドとの戦闘で功のあったウィリアム・モンタキュートのために再創設された。この爵位は後にモンタキュート家と姻戚関係を結んだネヴィル家に引き継がれ、リチャード・ネヴィルが継承する。だがこの時期イングランド国内で薔薇戦争が勃発し、1471年にリチャード・ネヴィルが戦死すると、その爵位と所領は敵方であるヨーク家に没収される。

翌1472年、ソールズベリー伯は国王エドワード4世の弟クラレンス公ジョージに与えられた。クラレンス公ジョージがリチャード・ネヴィルの娘イザベル・ネヴィルの夫であることを法的根拠としたのである。しかしイザベルの妹アン・ネヴィルがクラレンス公の弟グロスター公リチャードと結婚すると、この広大なリチャード・ネヴィルの遺産をめぐって兄弟の対立が激化する。1476年に姉イザベルが死ぬと形勢はクラレンス公にとって不利になり、結局1478年にクラレンス公ジョージは反逆罪で処刑される。

クラレンス公の後ソールズベリー伯を継いだのは、グロスター公リチャードの息子のエドワード・オブ・ミドルハムである。彼は父グロスター公が即位したので、後にプリンス・オブ・ウェールズになるが、1484年に急死し、爵位も消滅する。この爵位は1485年、テューダー朝のヘンリー7世がリチャード・ネヴィルの孫でクラレンス公の息子のエドワード・プランタジネットが継承する。エドワードは1499年に反逆罪で処刑されるが、爵位が正式に消滅したのは1504年のことである。ソールズベリー伯は1513年にエドワードの姉マーガレット・ポールが復活させたが、1539年には剥奪されてしまう。

セシル家[編集]

ソールズベリー侯爵セシル家本邸ハットフィールド・ハウス英語版

エリザベス1世の宰相初代バーリー男爵ウィリアム・セシルには長男トマス(1542–1623)と次男ロバート(1565–1612)という二人の息子があったが、父の政治的な立場は次男ロバートが引き継ぎ、ロバートはエリザベス朝末からステュアート朝初期にかけて宰相を務めた[1]

1605年5月4日にセシル兄弟はジェームズ1世より同時に伯爵位を与えた。トマスは「エクセター伯爵(Earl of Exeter)」、ロバートは「ソールズベリー伯爵(Earl of Salisbury)」にそれぞれ叙せられた[2][3]

以降ロバートの男系男子によってソールズベリー伯爵位は継承されていき、仍孫の7代ソールズベリー伯ジェイムズ(1748-1823)の代の1789年8月25日ソールズベリー侯爵に叙せられた[4]

2代ソールズベリー侯ジェイムズ(1791-1868)の代の1821年3月にガスコイン家との結婚を機に勅許を得て「ガスコイン=セシル」と改姓している[5]

3代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシル(1830-1903)は、ヴィクトリア朝後期に三度に渡って首相(在職1885-1886、1886-1892,1895-1902)を務めた。彼はボーア戦争日英同盟時の首相として知られる。彼の登場以降ソールズベリー侯爵家はイギリス政界の中心的存在となり、国際連合創設への貢献でノーベル平和賞を受賞した初代チェルウッドのセシル子爵ロバート・ガスコイン=セシル(1864-1958)(3代侯の三男)や貴族院の停止的拒否権を制限する「ソールズベリー慣行」を確立する5代ソールズベリー侯ロバート・ガスコイン=セシル(1893-1972)等を輩出する。

初代ソールズベリー伯ロバートは、ジェームズ1世との邸宅交換でハートフォードシャーにあるハットフィールド・ハウス英語版を手に入れ、以来現在に至るまでそこが代々の本拠である[6]

分流にロックリー男爵家英語版が存在する。同家は2代ソールズベリー侯の三男ユースタス英語版(1834-1921)の子イヴリン英語版(1865-1941)が1934年にロックリー男爵に叙せられたのに始まっている[7]

従属爵位[編集]

現在のソールズベリー侯爵セシル家はソールズベリー侯爵位の他に以下の従属称号を持つ。

  • ソールズベリー伯爵(1605年創設)
  • クランボーン子爵(1604年創設)
  • エッセンドンのセシル男爵(1603年創設) エッセンドンはラットランド州の地名

上記のうち、ソールズベリー侯の法定推定相続人が用いる儀礼称号は「クランボーン子爵」である。

系図[編集]

一覧[編集]

ソールズベリー伯 第1期(1145年頃創設)[編集]

ソールズベリー伯 第2期(1337年創設)[編集]

ソールズベリー伯 第3期(1472年創設)[編集]

ソールズベリー伯 第4期(1478年創設)[編集]

ソールズベリー伯 第2期(1485年復帰)[編集]

ソールズベリー伯 第5期(1605年創設)[編集]

ソールズベリー侯(1789年創設)[編集]


脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ヒバート 1998下巻, p. 205-206.
  2. ^  Jessopp, Augustus (1887). “Cecil, Thomas (1542-1622)”. In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 404-405. 
  3. ^  Jessopp, Augustus (1887). “Cecil, Robert”. In Stephen, Leslie. Dictionary of National Biography. 9. London: Smith, Elder & Co. pp. 400-404. 
  4. ^ Lundy, Darryl. “James Cecil, 1st Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月22日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “James Brownlow William Gascoyne-Cecil, 2nd Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2015年3月13日閲覧。
  6. ^ 青木道彦 2000, p. 50.
  7. ^ UK Parliament. “Sir Evelyn Cecil” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]