リリベット・マウントバッテン=ウィンザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リリベット
Lilibet
Replace this image JA.svg
続柄 サセックス公爵ヘンリー王子第1女子

全名 Lilibet Diana
リリベット・ダイアナ
出生 (2021-06-04) 2021年6月4日(1歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタバーバラ
父親 サセックス公爵ヘンリー王子
母親 メーガン・マークル
宗教 イングランド国教会
テンプレートを表示

リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザー (英語: Lilibet "Lili" Diana Mountbatten-Windsor2021年6月4日 - ) は、サセックス公ヘンリー王子と同夫人メーガンの娘。彼女はエリザベス2世の11人目の曾孫になり、英国の王位継承順位は8位である[1]

出生と家族[編集]

2021年6月4日、サセックス公夫妻の第2子として誕生。

カリフォルニア州サンタバーバラのサンタバーバラ病院で生まれ、アメリカ合衆国とイギリス二重国籍を有する[2]

父親はイギリス王室、母親は人種間混血の先祖を有する[3]。父方の曾祖母エリザベス2世の家族内での愛称「リリベット」と[1][4] 、父方の祖母ダイアナ・スペンサーの名前にちなんで命名された[5]

2022年6月1日、両親・兄のアーチーと共に英国に帰国し、その48時間後にウインザー城でプライベートのかたちでエリザベス2世と面会した[6]

称号と継承順位[編集]

リリベット・マウントバッテン=ウィンザーはイギリス王室の王位継承順位は8位であり、イギリス国外で出生した者では最も順位が高い[2]。兄のアーチーに対しての決定と同様に、彼女が称号を有する可能性は低いといわれている[7]

1917年ジョージ5世の勅許状では「王子・王女」の称号は国王の孫までであり、祖父のチャールズ王太子が国王となった時に彼女は王女となる[1]。母親のメーガン(サセックス公爵夫人)は、2021年のテレビインタビュー(w:Oprah with Meghan and Harry)において、チャールズ王太子が計画している王室のスリム化の一環として称号創設を廃止される変更がなされるであろうと言われたことがあると発言している[8]。チャールズは縮小された王室を望み、ヘンリーとメーガンの交際がはじまるずっと以前から個人的にロビー活動をしてきた [9][10]

出生証明書には父親について「Duke of Sussex」「His Royal Highness」(王室離脱の折にこの敬称の使用をしないことで同意している[11])と表記されていたが、母親については「Rachel Meghan Markle」と敬称なしの表記となっていたことが報じられた[12]

注釈[編集]

  1. ^ a b c “Prince Harry and Meghan announce birth of baby girl”. BBC News. (2021年6月6日). https://www.bbc.com/news/uk-57378117 2021年6月6日閲覧。 
  2. ^ a b Foster, Max (2021年6月6日). “Meghan and Harry welcome baby girl, Lilibet Diana”. CNN. 2021年6月6日閲覧。 “Her birth in the United States makes her the most senior royal in the line of succession to have been born overseas. It also makes her a dual US-UK citizen, meaning that the youngest Sussex could potentially go on to become US President when she grows up.”
  3. ^ Landler, Mark (2021年6月6日). “Harry and Meghan Announce Birth of Second Baby, Lilibet Diana”. The New York Times. 2021年6月6日閲覧。 “...after a sensational interview with Oprah Winfrey in which Meghan, a 'biracial' American former actress, accused the royal family...”
  4. ^ “Queen 'delighted' after Harry and Meghan announce birth of baby girl”. BBC News. (2021年6月7日). https://www.bbc.com/news/uk-57380133 2021年6月7日閲覧。 
  5. ^ “Harry and Meghan announce birth of baby daughter - with name to honour Queen and Diana”. Sky News. (2021年6月6日). https://news.sky.com/story/harry-and-meghan-announce-birth-of-baby-daughter-with-name-to-honour-queen-and-diana-12326401 2021年6月6日閲覧。 
  6. ^ English, Rebecca (2022年6月3日). “Harry and Meghan took their daughter to Windsor Castle to see Queen”. Mail Online. 2022年6月4日閲覧。
  7. ^ Stacey, Danielle (2021年6月6日). “Meghan Markle welcomes baby girl with Prince Harry”. Hello!. https://www.hellomagazine.com/royalty/20210606106923/meghan-markle-gives-birth-second-royal-baby/ 2021年6月6日閲覧。 
  8. ^ “Archie: Why is Meghan and Harry's son not a prince?”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/uk-56325934 2021年6月6日閲覧。 
  9. ^ Katz, Ian (2003年10月25日). “Prince is very, very weak, says his former top aide”. The Guardian. https://www.theguardian.com/news/2003/oct/25/themonarchy.marketingandpr 2021年6月7日閲覧。 
  10. ^ Murphy, Victoria (2012年6月6日). “Queen Camilla? How once-sidelined duchess is now centre stage... and could take title when Charles is King”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/queen-camilla-how-once-sidelined-duchess-864307 2021年6月7日閲覧。 
  11. ^ Japan, ELLE (2020年1月18日). “「HRHの称号は使わない」エリザベス女王と英国王室、ヘンリー王子とメーガン妃の今後について発表” (日本語). ELLE. 2021年6月27日閲覧。
  12. ^ Prince Harry's Still 'His Royal Highness' on Daughter's Birth Certificate” (英語). TMZ(2021年6月24日). 2021年6月27日閲覧。

参照[編集]

脚注[編集]

上位
アーチー・マウントバッテン=ウィンザー
イギリス王位継承順位
継承順位第8
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位
アンドルー (ヨーク公)