イェリング朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イェリング朝デンマーク語Jellingdynastiet)は、実在が確実な最古のデンマークの王朝である。王朝の拠点であったイェリングから名付けられた。また、伝説上の最初のデンマーク王スキョルドからスキョル朝(Skioldunger)、あるいは事実上の始祖ゴーム老王(ゴーム・デン・ガムレ)にちなんでゴーム家(Gormslægten)あるいはゴーム・デン・ガムレ家(Gorm den Gamles slægt)ともいわれる。

概要[編集]

ゴーム老王の子で、ハーラル青歯王は、10世紀にデンマークおよびノルウェーを統合、支配し、以後1042年まで同王家がデンマーク王位についた。ハーラル青歯王の子スヴェン双叉髭王はイングランドをも征服し、スヴェンの子クヌーズ2世はイングランド、デンマーク、およびノルウェーを含む「北海帝国」をつくりあげた。しかし、クヌーズの死後、3国は別々の君主により統治され、イェリング朝もクヌーズの子ハーデクヌーズの死により断絶、デンマーク王位はスヴェン双叉髭王の娘エストリズの子スヴェン2世に始まるエストリズセン朝に継承された。

系図[編集]

 
ゴーム老王
 
テューラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハーラル1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スヴェン1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チューラ
スティルビョルン
スウェーデン王族
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハーラル2世
 
エルフギフ
(ノーサンプトン伯アルフヘルムの娘)
 
クヌーズ1世
 
エンマ
(ノルマンディー公リシャール1世娘)
 
エストリズ
 
ウルフ
デーンの伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スヴェン
ノルウェー王
 
ハロルド1世
イングランド王
 
ハーデクヌーズ
兼イングランド王
 
グンヒルダ
=神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世
 
エストリズセン朝

 :デンマーク王

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 百瀬 宏 他 編『新版 世界各国史21 北欧史』山川出版社、1998年
  • Frank Barlow, The Feudal Kingdom of England 1042-1216, David MacKay Company, 1961.
  • John Cannon, The Oxford illustrated history of the British monarchy, Oxford University Press, 1988.