マリナ (ケント公爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マリナ
Princess Marina
Duchess of Kent
Princess Marina, Duchess of Kent by Peter North.jpg
1936年
称号 ケント公爵夫人殿下
身位 Princess(王女)
敬称 Her Royal Highness(殿下)
出生 1906年12月13日
State Flag of Greece (1863-1924 and 1935-1973).svg ギリシャ王国アテネ
死去 (1968-08-27) 1968年8月27日(61歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドンケンジントン宮殿
配偶者 ケント公ジョージ
子女 エドワード
アレクサンドラ
マイケル
父親 ニコラオス・ティス・エラザス
母親 エレナ・ウラジーミロヴナ
役職 オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ総裁
テンプレートを表示

ケント公爵夫人マリナ (Princess Marina, Duchess of Kent, ギリシャ語名:Μιχαήλ του Κεντ, 1906年12月13日 - 1968年8月27日)は、イギリス王族のケント公ジョージ妃。ギリシャゲオルギオス1世の孫で、同じくギリシャ王家出身のエディンバラ公フィリップの従姉に当たる。

生涯[編集]

ギリシャ王子ニコラオス(ゲオルギオス1世の三男)とその妃であったロシア大公女エレナ・ウラジーミロヴナの三女として、アテネで生まれた。

その年の末に洗礼を受け、代父母にはゲオルギオス1世やイギリス王エドワード7世、叔父アンドレアス王子、ロシアのボリス・ウラジーミロヴィチ大公、ウェールズ公妃メアリー、ロシアのヴィクトリア・フョードロヴナ大公妃がいる。

11歳の時に、ギリシャ国内でクーデターが起きたことから、海外での亡命生活を余儀なくされ、以降フランスパリで過ごすこととなった。

結婚[編集]

1934年11月29日、又従兄にあたるケント公ジョージとウェストミンスター寺院で結婚した。夫との間に2男1女をもうけた。

成婚時のマリナ(1934年)

1942年8月25日、スコットランド・ケイスネス沖合の北海で、イギリス空軍で活動中のケント公が、操縦していた飛行機の墜落で事故死した。

王族として[編集]

夫のケント公ジョージと共に (1934年)

夫の死後、イギリス王室の一員としてマリナは広い分野で公務を務めた。彼女は長くオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブの総裁を務めた。

1957年3月、イギリスの旧植民地ガーナが独立する際、エリザベス2世の代理として独立式典に出席した。50年後、ガーナ独立50周年式典の際には、マリナの長男ケント公エドワードがエリザベス2世の代理として出席した。

1966年9月、イギリス保護領ベチュアナランドがボツワナとして独立する際、ケント公爵夫人マリナが再び女王の代理として独立式典に出席した。首都ハボローネにある公立病院の名はマリナにちなみ、プリンセス・マリナ・ホスピタルと名付けられた。

マリナは、1963年から亡くなる1968年までケント大学初代総長を務めた。1968年8月27日、マリナは脳腫瘍のためケンジントン宮殿で死去した。


脚注[編集]

参考文献[編集]