アウグステ・フォン・ヘッセン=カッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケンブリッジ公爵夫人オーガスタ

アウグステ・フォン・ヘッセン=カッセルAuguste Wilhelmina Louisa von Hessen-Kassel, 1797年7月25日 - 1889年4月6日)は、イギリス王族・ケンブリッジ公アドルファスジョージ3世の七男)の妃。英語名オーガスタ・オブ・ヘッセ=カッセル(Princess Augusta of Hesse-Kassel)。

アウグステは、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒと妃カロリーネ・ポリクセネ・フォン・ナッサウ=ウジンゲンの末娘として、カッセルのルンペンハイム宮殿で生まれた。

1818年5月7日、21歳のアウグステは、カッセルで又従兄にあたる43歳のケンブリッジ公アドルファスと結婚した。同年から1837年まで、ケンブリッジ公はハノーファー王国副王に任命されたため、夫妻はハノーファーへ移り住んだ。アドルファスの姪にあたるヴィクトリアが即位した際、サリカ法を採るハノーファー王国は同君連合を解消し、アドルファスの兄カンバーランド公アーネスト・オーガスタスがハノーファー王エルンスト・アウグストとして即位した。そのため、夫妻はイギリスへ帰国した。一家は最初キューのケンブリッジ・コテージで暮らしたが、のちにセント・ジェームズ宮殿へ移り住んだ。

子女[編集]

アウグステとアドルファスの間には3子が生まれた。