アドルファス (ケンブリッジ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アドルファス
Prince Adolphus
ケンブリッジ公
Adolphus Frederick Duke of Cambridge.JPG
在位 1801年11月27日 - 1850年7月8日
続柄 ジョージ3世第7王子

全名 アドルファス・フレデリック
Adolphus Frederick
称号 ケンブリッジ公爵
ティペラリー伯爵
カロデン男爵
身位 Prince(王子)
敬称 His Royal Highness(殿下)
出生 1774年2月24日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
イングランドの旗 イングランドロンドンバッキンガム宮殿
死去 (1850-07-08) 1850年7月8日(76歳没)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドピカデリー、ケンブリッジ・ハウス
埋葬 1930年1月10日
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドウィンザー城、聖ジョージ礼拝堂
配偶者 アウグステ・フォン・ヘッセン=カッセル
子女 ジョージ
オーガスタ
メアリー・アデレード
家名 ハノーヴァー家
父親 ジョージ3世
母親 シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
テンプレートを表示

ケンブリッジ公爵アドルファス王子Prince Adolphus, Duke of Cambridge KG GCB GCMG GCH PC1774年2月24日1850年7月8日)は、イギリスの王族。ケンブリッジ公

生涯[編集]

イギリス王ジョージ3世と王妃シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの七男として、1774年2月24日にバッキンガム宮殿で誕生した[1][2]キューで教育を受けた後、1786年にドイツゲッティンゲン大学に進学した[1]。同年6月2日、ガーター勲章を授与された[1]

1793年に大佐としてハノーファー軍に入隊、1798年に中将に昇進した[1]。1803年にイギリス陸軍に転じ[1]、新設のキングズ・ジャーマン軍団(en:King's German Legion)の司令官となった。1808年4月に(1803年9月に昇進した扱いとして)陸軍大将に昇進、1813年11月には陸軍元帥に進む[1]。1805年から1850年に死去するまでコールドストリームガーズ隊長を務めた[1]

1801年11月27日、父王によってケンブリッジ公爵、アイルランドにおけるティペラリー伯爵、ノース・ブリテンにおけるカロデン男爵の称号を授けられた[1][2]。いずれも連合王国貴族の爵位だったが、『完全貴族名鑑英語版』によれば、アイルランド貴族スコットランド貴族風を出すために「アイルランドにおける」「ノース・ブリテンにおける」(ノース・ブリテンはスコットランドを指す)といった土地指定英語版がなされた[1]。1802年2月3日に枢密顧問官に任命され、1811年から1814年までセント・アンドルーズ大学総長英語版を務めた[1]

1815年1月2日にバス勲章ナイト・グランド・クロスを、同年8月12日にロイヤル・ゲルフ勲章英語版ナイト・グランド・クロスを、1825年6月20日に聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロスを授与され、同時に聖マイケル・聖ジョージ騎士団グランド・マスター英語版に就任した[1]。ほかにもプロイセン王国から黒鷲勲章を授与され、1844年にロシア帝国から聖アンドレイ勲章英語版を授与された[1]

1817年、兄の摂政王太子ジョージ(のちのジョージ4世)の一人娘シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズが産褥で急死した。当時、ジョージ4世以外の6人の兄弟たちは全員独身であった。王位継承者を作るため、ある者は長年の愛人との関係を断ち、配偶者選びを始めて競うように結婚した。そんな中、末弟のアドルファスは、1818年5月7日にヘッセン=カッセル家のオーガスタ(アウグステ・フォン・ヘッセン=カッセル)と結婚した。

選帝侯領から王国に昇格したハノーファーでは1816年11月から1837年6月まで副王を務めた[1]。政治ではトーリー党穏健派に属し、『完全貴族名鑑』はケンブリッジ公爵がハノーファーを「賢明に統治した」(he governed Hanover judiciously as Viceroy)と評した[1]。1837年、姪ヴィクトリア女王が即位すると、123年ぶりにイギリスはハノーファーとの同君連合を解消した(ハノーファー王国は女子の継承権を認めないため)。アドルファスの兄アーネストがハノーファー王となったことから、彼は家族を連れて帰国した。

1847年から1850年に死去するまで大英博物館理事を務めた[1]

1850年7月8日、アドルファスはピカデリーのケンブリッジ・ハウスで死去し[1]ウィンザー城内のセント・ジョージズ礼拝堂へ埋葬された[2]

家族[編集]

1818年5月7日、アウグステ・フォン・ヘッセン=カッセル(1797年7月25日 – 1889年4月6日、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒの娘)と結婚した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 497–498.
  2. ^ a b c Weir, p. 296

参考文献[編集]

  • Weir, Alison (2008). Britain's Royal Families (英語). Vintage.

関連図書[編集]

外部リンク[編集]

軍職
先代
ヨーク=オールバニ公爵
コールドストリームガーズ隊長
1805年 – 1850年
次代
ストラフォード伯爵
学職
先代
初代メルヴィル子爵英語版
セント・アンドルーズ大学総長英語版
1811年 – 1814年
次代
第2代メルヴィル子爵英語版
名誉職
先代
サー・トマス・メイトランド英語版
聖マイケル・聖ジョージ騎士団グランド・マスター英語版
1825年 – 1850年
次代
第2代ケンブリッジ公爵
先代
ヨーク=オールバニ公爵
孤児養育院英語版院長
1827年 – 1850年
次代
第2代ケンブリッジ公爵
イギリスの爵位
爵位創設 ケンブリッジ公爵
第4期
1801年 – 1850年
次代
ジョージ