シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ
Charlotte Augusta of Wales
Charlotte Augusta of Wales.jpg
ジョージ・ドーによる肖像画(1817年)
出生 (1796-01-07) 1796年1月7日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドンカールトン・ハウス
死去 (1817-11-06) 1817年11月6日(21歳没)
イギリスの旗 イギリスサリー、イーシャー、クレアモント・ハウス
埋葬  
イギリスの旗 イギリスウィンザー城、聖ジョージ礼拝堂
配偶者 ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公子レオポルド
父親 イギリスジョージ4世
母親 キャロライン・オブ・ブランズウィック
テンプレートを表示

シャーロット・オーガスタ英語: Charlotte Augusta, 1796年1月7日 - 1817年11月6日)は、イギリス王兼ハノーファージョージ4世と王妃キャロラインの唯一の子。父が摂政王太子プリンス・オブ・ウェールズだった間に生まれて死去したため、シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズCharlotte Augusta of Wales)と呼ばれる。

1816年5月2日、のちに初代ベルギー国王となるザクセン=コーブルク=ザールフェルト家レオポルド公子とロンドンのカールトン・ハウスで結婚した[1]。レオポルドは当時ロシア帝国陸軍の元帥だったが、結婚後はイギリスで暮らした。しかし、シャーロットは翌1817年に男子を死産した後、間もなく死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Weir, p. 302

参考文献[編集]

  • Alison Weir, Britain's Royal Families, Vintage, 2008.

外部リンク[編集]

シャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズ