王妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

王妃(おうひ)は、の正妃(第一夫人)のことである。君主としての王の妃の意味で用いられる場合と、諸侯又は皇族としての王の妃の称号として用いられる場合がある。

ヨーロッパの諸言語では前者の意味の王妃と、自身が君主である女王に同じ単語が用いられる。英語を例に挙げると、queen で両者を共に意味し、区別する場合には王妃を queen consort 、女王を queen regnant と呼び分ける。

現在の主要各国の王妃[編集]

備考
サレハ ブルネイの旗 ブルネイ 69歳
シルヴィア スウェーデンの旗 スウェーデン 73歳 元オリンピックコンパニオン
ソニア ノルウェーの旗 ノルウェー 80歳
マセナテ英語版 レソトの旗 レソト 41歳
ラーニア ヨルダンの旗 ヨルダン 46歳 銀行員
ラーラ・サルマ モロッコの旗 モロッコ 39歳 エンジニア
ジェツン・ペマ ブータンの旗 ブータン 27歳
ナナシパウウ英語版 トンガの旗 トンガ 63歳
マクシマ・ソレギエタ オランダの旗 オランダ 46歳 元銀行員
マティルド ベルギーの旗 ベルギー 44歳 伯爵家出身 元言語聴覚士
レティシア スペインの旗 スペイン 44歳 ジャーナリスト
シリキット タイ王国の旗 タイ 85歳 シャム国王ラーマ5世の孫 

次期王妃(皇太子妃・王太子妃)一覧[編集]

備考
カミラ イギリスの旗 イギリス 70歳 [1]
メアリー デンマークの旗 デンマーク 45歳 広告会社・不動産会社員
メッテ=マリット ノルウェーの旗 ノルウェー 44歳
リーマー サウジアラビアの旗 サウジアラビア
en:Sinaitakala Fakafanua トンガの旗 トンガ 30歳
ペンギラン・アナク・サラ ブルネイの旗 ブルネイ 30歳


次期公妃一覧[編集]

備考
ゾフィー・イン・バイエルン リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン 49歳 公爵家出身
ステファニー・ド・ラノワ ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク 33歳 伯爵家出身 元投資会社

イギリス[編集]

ハノーヴァー朝[編集]

シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
ジョージ3世妃。
メクレンブルク=シュトレーリッツ初代大公カール2世の妹。
ジョージ4世ウィリアム4世ヴュルテンベルク王妃シャーロットの母。
キャロライン・オブ・ブランズウィック
ジョージ4世妃。
父はハノーヴァー家とは同族のブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナント、母はジョージ3世の姉オーガスタ。ジョージ4世とは従兄妹。
アデレード・オブ・サクス=マイニンゲン
ウィリアム4世妃。
ザクセン=マイニンゲン公ゲオルク1世の長女。

サクス=コバーグ=ゴータ朝[編集]

アレクサンドラ・オブ・デンマーク
エドワード7世妃。
リュクスボー朝初代デンマーク国王クリスチャン9世の長女。
デンマーク王クリスチャン9世長女、長兄にデンマーク王フレゼリク8世、弟にギリシャ王ゲオルギオス1世、妹はロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后マリアハノーファー王国の元王太子妃テューラ
ジョージ5世ノルウェー王妃モードの母。エドワード8世ジョージ6世ノルウェー国王オーラヴ5世の祖母。女王エリザベス2世・ノルウェー王ハーラル5世の曾祖母。

ウィンザー朝[編集]

メアリー・オブ・テック
ジョージ5世妃。
ジョージ3世の孫、ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の曽姪孫。
エドワード8世ジョージ6世の母。女王エリザベス2世の祖母。
エリザベス・ボーズ=ライアン
ジョージ6世妃。
伯爵家出身。
女王エリザベス2世の母。

フランス[編集]

ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ
ナポレオン1世先妃 
貴族出身
ホラント王妃オルタンスの母、ナポレオン3世スウェーデン王妃ジョゼフィーヌの祖母、スウェーデン王カール15世オスカル2世の曾祖母、スウェーデン王グスタフ5世デンマーク王ロヴィーサの高祖母。
マリー・ルイーズ・ドートリッシュ
ナポレオン1世後妃
神聖ローマオーストリア皇帝ハンガリーベーメン国王フランツ2世長女
フランス共和国皇帝ナポレオン2世の母
マリー・アメリー・ド・ブルボン
ルイ=フィリップ1世妃
ナポリ王両シチリアフェルディナント1世の娘。スペイン王カルロス3世神聖ローマ皇帝フランツ1世の孫。
ベルギー王ルイーズ=マリーの母、ベルギー王レオポルド2世・ メキシコ皇マリー=シャルロットヴュルテンベルク家始祖フィリップブルガリア王フェルディナントスペイン王マリー・ド・グラースの祖母。
ウジェニー・ド・モンティジョ
ナポレオン3世妃
公爵家出身
フランス第二帝政摂政皇太子ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ジャン・ジョゼフ・ボナパルトの母。

スペイン[編集]

マリーア・ヴィットーリア・ダル・ポッツォ・デッラ・チステルナ
アマデオ1世先妃
貴族出身 モナコ公妃アントワネットは母方の叔母。
マリー・レティシア・ボナパルト
アマデオ1世後妃
フランス皇帝ナポレオン3世従姪イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の孫。
マリア・デ・ラス・メルセデス
アルフォンソ12世先妃
フランスルイ・フィリップスペイン王フェルナンド7世の孫。
マリア・クリスティーナ
アルフォンソ12世後妃
神聖ローマ皇帝レオポルト2世の孫、バイエルン王妃マリア・テレジア異父妹。
アルフォンソ13世・ バイエルン王マリア・テレサの母。
ビクトリア・エウヘニア・デ・バッテンベルグ
アルフォンソ13世
イギリス女王ヴィクトリアバッテンベルク家始祖アレクサンダーの孫。
フアン・カルロス1世の祖母
ソフィア・デ・グレシア
フアン・カルロス1世
ギリシャ国王パウロス1世の長女。ドイツ皇帝フリードリヒ3世ヴィルヘルム2世の曾孫。
フェリペ6世の母

脚注[編集]

  1. ^ 夫が即位した際には王后陛下(Her Majesty, Queen)の称号を辞退し、王配殿下(Her Royal Highness the Princess Consort)の称号を名乗るとしている。

関連項目[編集]