ウェセックス家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウェセックス家:House of Wessex)は、5世紀以降、イングランド南部に建国したウェセックス王国を支配、9世紀にはイングランド全土を支配した王家。始祖の名から、セルディック家ともいわれる。

歴史[編集]

アングロサクソン年代記」によると、495年に同家の始祖チェルディッチ(セルディック)とその息子キュンリッチ(キンリック)がハンプシャー南部に上陸したのが同家の始まりである[1]。以降、ブリトン人を駆逐して北上し、6世紀にテムズ川上流地域にウェセックス王国を建国した[2]。9世紀にエグバートはイングランドを統一し[3][4]、それ以降エグバートの子孫がイングランド王位を継承した。11世紀にはデンマーク王家がイングランド王位を得たが、ハーデクヌーズの死後、異父兄エドワード懺悔王が即位し、イングランド王位は同家に戻った[5]。しかし、1066年のエドワード懺悔王の死後、義兄ハロルド2世が即位[6]、その後わずかな期間エドガー・アシリングが王位を称するも、同年ノルマンディー公ギヨーム2世がウィリアム1世としてノルマン朝を創設し、同王家は断絶した。

血統的には、アルフレッド大王の娘エルフスリュス(フランドル伯ボードゥアン2世と結婚)の子孫マティルダがウィリアム1世妃に[7]、またエドガー・アシリングの姉マーガレットスコットランドマルカム3世の妃となり、その娘マティルダがイングランド王ヘンリー1世妃になっており[8]、女系を通してイングランド・スコットランド両王家を経て、現イギリス王室につながっている。

系図[編集]

チェルディッチ(セルディック)からエグバートまで[編集]

チェルディッチからエグバートまでの系譜は定かではない。

 
チェルディッチ
 
 
 
 
 
 
 
クレオダ?
 
 
 
 
 
 
 
キュンリッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェウリン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クスウィン
(?-584)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェオル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェオルウルフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュネバルド
 
チェッダ
 
 
 
 
 
クタ・カスウルフ
 
 
 
 
 
キュネイルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クスイルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルバルド
 
コエンベルフト
 
 
 
 
 
チェオルワルド
 
クウィチェルム
 
チェンワルフ
 
サクスブルフ
 
チェントウィネ
 
チェンフェルス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オスワルド
(-730)
 
キャドワラ
 
ムル
(?-687)
ケント王
 
チェンレッド
 
クスレッド
(?-661)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
⑨チェンフス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルヘルド
 
エセルブルフ
 
イネ
 
インギルド
(?-718)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エシュウィネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エオパ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアファ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアルムンド
ケント王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エグバート

エグバート以降[編集]

 
エグバート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルウルフ
 
アゼルスタン
ケント王
839-850
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゼルスタン
 
エゼルバルド
 
エゼルベルト
 
エゼルレッド
 
アルフレッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エクグィン
 
エドワード長兄王
 
エルフフェド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エゼルウェルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルフスリュス
 
ボードゥアン2世
フランドル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドギフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルフウィン
(?-937)
 
エゼルウィン
(?-937)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランドル家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゼルスタン
 
エルフウェルド
 
エドマンド1世
 
エドレッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドウィ
 
エゼルフレダ
 
 
 
エドガー
 
 
 
エルフリーダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドワード殉教王
 
エルギフ
 
エゼルレッド2世
 
 
 
 
 
エマ
(ノルマンディー公リシャール1世娘)
 
 
 
 
 
クヌート
イングランド王
デンマーク王
 
エルギフ
(ノーサンプトン伯アルフヘルム娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドマンド2世
 
エドワード懺悔王
 
エディス
 
ハロルド2世
イングランド王
 
ハーデクヌーズ
イングランド王
 
ハロルド1世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘドウィグ
(ハンガリー王女)
 
エドマンド
 
エドワード・アシリング
 
アガサ
(ハンガリー王イシュトヴァーン1世娘?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドガー・アシリング
 
マーガレット
 
マルカム3世
スコットランド王
 
 
 
 
ウィリアム1世
イングランド王
 
マティルダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
 
 
 
 
ヘンリー1世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アサル朝
 
 
 
 
 
プランタジネット朝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桜井、p. 169
  2. ^ 桜井、p. 169-170
  3. ^ 富沢、p. 46
  4. ^ 桜井、p. 177
  5. ^ 富沢、p. 67
  6. ^ 富沢、p. 80
  7. ^ 桜井、p. 160
  8. ^ 森、p. 30

参考文献[編集]

  • 富沢霊岸 『イギリス中世史―大陸国家から島国国家へ―』 ミネルヴァ書房、1988年
  • 桜井俊彰 『イングランド王国前史』 吉川弘文館、2010年
  • 森護 『英国王室史話』 大修館書店、1986年
  • P.W.Montague-Smith et al., The Royal Line of Succession, Pitkin Guides Ltd, 1986.
  • Frank Barlow, The Feudal Kingdom of England 1042-1216, David MacKay Company, 1961.
  • John Cannon, The Oxford illustrated history of the British monarchy, Oxford University Press, 1988.
  • Hugo Vickers, The Royal Line of Succession, Royal Collection Trust.

関連項目[編集]