フランドル家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランドル家フランス語:Maison de Flandre、ドイツ語:Haus Flandern、英語:House of Flanders)は、フランドル地方(現ベルギー北部から北フランスにわたる地域)を支配していた諸侯の家系。フランドル伯およびブローニュ伯を継承した。また、後にエノー伯ラテン帝国の皇帝も継承した。フランス王家イングランド王家と姻戚関係を結び、フランス王神聖ローマ皇帝およびイングランド王との封臣関係や対立を通して勢力を広げ、維持した。

歴史[編集]

始祖のボードゥアン1世の出自については不明であるが、西フランク王シャルル2世の娘と結婚した。また、次のボードゥアン2世はウェセックス王アルフレッドの娘と結婚し、以降のフランドル伯は「カール大帝およびアルフレッド大王の子孫」といわれるようになる。10世紀半ばまでは西フランク王家であるカロリング家ロベール家と敵対し、南部へ領土拡大していった。

しかし、3代目のアルヌール1世は、962年1月1日に後継者であったボードゥアン(3世)がサン・ベルタン修道院で病のため死去した後、西フランク王ロテールと臣従契約を結び、跡を継いだアルヌール2世の時代は伯家の勢力が弱まったとされている。11世紀にはボードゥアン6世がエノー女伯リシルドと結婚しエノー伯位を獲得、エノー伯位はボードゥアン6世の子孫へ、フランドル伯位は弟ロベール1世の子孫へと受け継がれた。エノー伯系は1196年に婚姻によりナミュール侯位をも獲得している。

フランドル伯系は、1119年に最後の男子であるボードゥアン7世が死去し、フランドル伯位はボードゥアン7世の従兄でデンマーク王家エストリズセン家出身のシャルル1世(善良公)に継承された。しかしシャルル1世は1127年に暗殺され、フランス王の介入により、はとこでノルマンディー公家出身のギヨーム・クリトンが伯位を継いだが、各地で市民との間に紛争が生じ、市民はロレーヌ公家ティエリー・ダルザスをフランドル伯として迎え入れた[1]

ロレーヌ家最後の伯マルグリット1世は、11世紀以降同伯家から分かれたエノー伯家のボードゥアン5世(8世)と結婚し、フランドル伯位はエノー伯位ともどもかつてのフランドル家により継承された。ボードゥアン5世の子ボードゥアン9世(6世)およびアンリはラテン皇帝となったが、以降のラテン皇帝は妹ヨランドとフランス王子ピエール1世・ド・クルトネーの子孫に受け継がれた。一方フランドル・エノー伯位はボードゥアン9世(6世)の2人の娘により継承されたが、マルグリット2世の2度の結婚により、フランドル伯位はダンピエール家に、エノー伯位はアヴェーヌ家へと分割相続されることとなった。

フランドル伯位を継承したダンピエール家は婚姻により、ヌヴェール伯、ルテル伯、ブルゴーニュ伯、アルトワ伯をも獲得し、同家最後の伯マルグリット3世がブルゴーニュ公フィリップ2世と結婚し、全領土がブルゴーニュ公家に取り込まれるに至った。一方、エノー伯位を継承したアヴェーヌ家は婚姻によりホラント伯およびゼーラント伯位を獲得、同家最後の伯マルグリット2世ヴィッテルスバッハ家出身の神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世と結婚し、エノー・ホラント伯位はヴィッテルスバッハ家のものとなったが、ヴィッテルスバッハ家最後の伯ジャクリーヌが1433年に全領土の支配権をブルゴーニュ公フィリップ3世に完全に譲渡し、かつてフランドル家の子孫が保持していた領地のほとんどがブルゴーニュ公家のもとに統合された。

系図[編集]

フランドル伯[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン1世
 
ユーディト
(フランス王シャルル2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン2世
 
エルフスリュス
(ウェセックス王アルフレッド娘)
 
ラウル
 
グイニディルダ
=バルセロナ伯ギフレ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヌール1世
 
アデル
(ヴェルマンドワ伯エルベール2世娘)
 
 
 
アダロルフ
ブローニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒルデガルド
=ホラント伯ディルク2世
 
リウトガルド
=ハマラント伯ヴィヒマン
 
ボードゥアン3世
 
マティルデ
(ザクセン公ヘルマン・ビルング娘)
 
ブローニュ伯家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベール2世
フランス王
 
ロザーラ(シュザンヌ)
(イタリア王ベレンガーリオ2世娘)
 
アルヌール2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オトギファ
(ルクセンブルク家モーゼル伯フリードリヒ娘)
 
ボードゥアン4世
 
アリエノール
(ノルマンディー公リシャール2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レニエ家
 
リシャール3世
ノルマンディー公
 
アデル
(フランス王ロベール2世娘)
 
ボードゥアン5世
 
ユーディト
1=トスティ・ゴドウィンソン
2=バイエルン公ヴェルフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルマン
エノー伯
 
リチルド
エノー女伯
 
ボードゥアン6世
 
マティルド
=イングランド王ウィリアム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベール1世
 
 
 
ゲルトルート
(ザクセン公ベルンハルト2世娘)
 
 
 
 
 
フロリス1世
ホラント伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヌール3世
 
ボードゥアン2世
エノー伯
 
 
 
ロベール2世
ノルマンディー公
 
ロベール2世
 
アデル
2=プッリャ公ルッジェーロ・ボルサ
 
クヌーズ4世
デンマーク王
 
ティエリー2世
ロレーヌ公
 
ジェルトリュード
 
アンリ3世
ルーヴァン伯
 
ホラント伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン3世
エノー伯
 
 
 
ギヨーム・クリトン
 
ボードゥアン7世
 
 
 
シャルル1世
 
ロレーヌ公
 
ティエリー・ダルザス
 
シビーユ・ダンジュー
(アンジュー伯フルク5世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン4世
エノー伯
 
アリス
(ナミュール伯ジョフロワ娘)
 
ハインリヒ4世
ルクセンブルク伯
ナミュール伯
 
エリザベト
(ヴェルマンドワ伯ラウール1世娘)
 
フィリップ
 
テレサ
(ポルトガル王アフォンソ1世
 
マチュー
ブローニュ伯
(下図)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン5世(8世)
エノー伯
ナミュール侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグリット1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ2世
フランス王
 
イザベル
 
ボードゥアン9世
エノー伯(6世)
ラテン皇帝
 
マリー
(シャンパーニュ伯アンリ1世娘)
 
フィリップ1世
ナミュール侯
 
マリー
(フランス王フィリップ2世娘)
 
アンリ
ラテン皇帝
 
ヨランド
ナミュール女侯
 
ピエール・ド・クルトネー
ラテン皇帝
(フランス王ルイ6世孫)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェラン
(ポルトガル王サンシュ1世子)
 
ジャンヌ
兼エノー女伯
 
トマ
(サヴォイア伯トンマーゾ1世子)
 
ブシャール4世
アヴェーヌ伯
 
マルグリット2世
兼エノー女伯
 
ギヨーム2世
ダンピエール伯
 
 
 
 
 
 
 
ラテン皇帝
ナミュール侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーデルハイト
(ホラント伯フロリス4世娘)
 
ジャン1世
エノー伯
 
ギヨーム2世
 
ギー
ナミュール侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン2世
エノー伯
ホラント伯
 
 
 
 
 
 
 
ロベール3世
ヌヴェール伯
 
ヨランデ
(ヌヴェール伯ウード娘)
 
ジャン1世
ナミュール侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン3世
ブラバント公
リンブルフ公
 
 
 
 
 
ギヨーム1世
エノー伯
ホラント伯
 
 
 
 
 
ジャンヌ
(ルテル伯ユーグ4世娘)
 
ルイ
ルテル伯
ヌヴェール伯
 
 
 
ナミュール侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ1世
 
マルグリット
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
(フランス王フィリップ5世娘)
 
ジャンヌ
(1295-1374)
ジャン・ド・モンフォール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴェンツェル1世
ルクセンブルク公
ブラバント公
 
ジャンヌ
ブラバント女公
リンブルフ女公
 
ギヨーム2世
エノー伯
ホラント伯
 
マルガレーテ
エノー女伯
ホラント女伯
 
ルートヴィヒ4世
神聖ローマ皇帝
 
マルグリット
 
ルイ2世
ルテル伯
ヌヴェール伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム5世
下バイエルン公
エノー伯
ホラント伯
 
アルベール1世
下バイエルン公
エノー伯
ホラント伯
 
フィリップ1世
ブルゴーニュ公
 
マルグリット3世
ブルゴーニュ女伯
アルトワ女伯
ルテル女伯
ヌヴェール女伯
 
フィリップ2世
ブルゴーニュ公
リンブルフ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン無畏公
ブルゴーニュ公
 
マルグリット
 
マルグリット
 
ギヨーム6世
下バイエルン公
エノー伯
ホラント伯
 
アルブレヒト2世
下バイエルン公
 
ジャン3世
下バイエルン公
 
エリーザベトルクセンブルク女公
 
アントワーヌ
ブラバント公
リンブルフ公
 
ジャンヌ
(サン=ポル伯ワレラン3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ3世
ブルゴーニュ公
 
ジャン・ド・ヴァロワ
トゥーレーヌ公
 
ジャクリーヌ
エノー女伯
ホラント女伯
 
ジャン4世
ブラバント公
リンブルフ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
ブラバント公
リンブルフ公
サン=ポル伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンフリー・オブ・ランカスター
グロスター公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
ブルゴーニュ女公
 
マクシミリアン1世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハプスブルク家
 

ブローニュ伯[編集]

 
アダロルフ
(?-933)
ブローニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヌール2世
 
ボードゥアン・バルゾ
(?-973)
 
 
 
 
 
 
アルヌール3世
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン2世
 
アデリナ
(ホラント伯アルヌルフ娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウスタシュ1世
 
マティルダ
(ルーヴァン伯ランベール1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イダ
(下ロレーヌ公ゴドフロワ3世娘)
 
ウスタシュ2世
 
ゴーダ
(イングランド王エゼルレッド2世娘)
 
 
 
 
 
ランベール2世
ランス伯
 
アデル
(ノルマンディー公ロベール1世娘)
 
ジュルベルジュ
=下ロレーヌ公フリードリヒ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウスタシュ3世
 
マリー
(スコットランド王マルカム3世娘)
 
ゴドフロワ
下ロレーヌ公
 
ボードゥアン1世
エルサレム王
 
ジュディット
 
ワルセオフ
ノーサンブリア伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スティーブン
イングランド王
 
マティルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
=スコットランド王デイヴィッド1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウスタシュ4世
 
マリー
 
マチュー
(フランドル伯ティエリー・ダルザス子)
 
ギヨーム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルノー
ダンマルタン伯
 
イド
 
マティルド
 
アンリ1世
ブラバント公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ・ユルプル
クレルモン伯
 
マティルド
 
アフォンソ3世
ポルトガル王
 
アデライード
 
ギヨーム10世
オーヴェルニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーヴェルニュ家
  •  :ブローニュ伯

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ここまでの記述は主に青谷、p.60-88による。

参考文献[編集]

  • 森野安一 編『新版 世界各国史14 スイス・ベネルクス史』山川出版社、1998年
  • 青谷秀紀 『記憶のなかのベルギー中世 歴史叙述にみる領邦アイデンティティの生成』 京都大学学術出版会、2011年
  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1987年
  • David Nicholas, Medieval Flandres, Longman, 1992.
  • Frank Barlow, The Feudal Kingdom of England 1042-1216, David MacKay Company, 1961.
  • Hugo Vickers, The Royal Line of Succession, Official Souvenir Guide, Royal Cllection Trust, 2012.

関連項目[編集]