イギリス王位継承順位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イギリス王位継承順位(イギリスおういけいしょうじゅんい、英語: Line of succession to the British throne)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)および英連邦王国諸国の王位継承権者の順位一覧である。

概要[編集]

イギリスの王位継承順1701年王位継承法により原型が定められ、2013年王位継承法で一部が改正された。これらの法律によって定められている王位継承の条件は以下の通りである。

2011年10月28日オーストラリアパースで行われた英連邦王国首相会議で、カトリック信徒との結婚による王位継承権の喪失の条項の撤廃、また男女の別なく長子先継とする改正が合意された。この改正に関しては英連邦王国の各議会の議決と国王の裁可が必要であり(パプアニューギニアツバルを除く)、各国で作業が行われた。2011年時点で継承権の最下位はドイツ在住のカリン・ボゲルであった[1]

2012年12月3日にケンブリッジ公爵ウィリアム王子の夫人キャサリンの懐妊が公表され、12月13日には英連邦首脳会議の合意に沿って王位継承法案が下院に提出された。世論は速やかな法案成立を待望しているなどとして、政府がその審議の促進を求めた結果、法案はわずかな修正を経て、2013年1月28日に下院を、4月22日には無修正で上院を通過し、4月25日に女王の裁可を得て2013年王位継承法が制定された[2]。2013年王位継承法は2015年3月26日に発効した。

カトリック信徒との結婚で継承権を喪失していた者のうち、セント・アンドリューズ伯爵ジョージ・ウィンザーなどがこの改正により復権している。


王位継承順位[編集]

王位継承順位上位
順位 継承資格者 爵位称号 性別 生年月日/現年齢 現女王から見た続柄
1位 チャールズ Charles ウェールズ公 男性 1948年11月14日 68歳 親等1/第1王子
2位 ウィリアム William ケンブリッジ公 男性 1982年06月21日 35歳 親等2.1/王孫/チャールズの第1子
3位 ジョージ George 男性 2013年07月22日 4歳 親等3/王曾孫/ウィリアムの第1子
4位 シャーロット Charlotte 女性 2015年05月02日 2歳 親等3/王曾孫/ウィリアムの第2子
5位 ヘンリー Henry 男性 1984年09月15日 33歳 親等2.2/王孫/チャールズの第2子
6位 アンドルー Andrew ヨーク公 男性 1960年02月19日 57歳 親等1/第2王子
7位 ベアトリス Beatrice 女性 1988年08月08日 29歳 親等2.3/王孫/アンドルー長女
8位 ユージェニー Eugenie 女性 1990年03月23日 27歳 親等2.4/王孫/アンドルー次女
9位 エドワード Edward ウェセックス伯爵 男性 1964年03月10日 53歳 親等1/第3王子
十/10位 ジェームズ James セヴァーン子爵 男性 2007年12月17日 10歳 親等2.5/王孫/エドワード長男

エリザベス2世系譜[編集]

ハノーファー選帝侯妃ゾフィー → ジョージ1世国王ジョージ2世国王ウェールズ公フレデリック王太子ジョージ3世国王ケント・ストラサーン公エドワード王子ヴィクトリア女王エドワード7世国王ジョージ5世国王ジョージ6世国王エリザベス2世女王(現在の国王)

ジョージ6世系譜[編集]

ジョージ5世系譜[編集]

王室系図[編集]

  • (1):王位継承順
  • (I):連合王国国王歴代順
  • (i):グレートブリテン王歴代順
  • 斜体は故人
エリザベス2世系譜 ジョージ6世系譜 ジョージ5世系譜
 
 
ハノーファー選帝侯妃ゾフィー
 
(ii) ジョージ1世国王
 
(iii) ジョージ2世国王
 
ウェールズ大公フレデリック王太子
 
(iv)(I) ジョージ3世国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケント・ストラサーン公エドワード王子
 
(IV) ヴィクトリア女王
 
(V) エドワード7世国王
 
(VI) ジョージ5世国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(VII) エドワード8世国王(長男)
 
 
 
 
 
 
(VIII) ジョージ6世国王(次男)
 
(IX) エリザベス2世女王(長女)
 
(1) ウェールズ公チャールズ王太子(長男)
 
(2) ウィリアム王子(長男)
 
(3) ジョージ王子(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(4) シャーロット王女(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(5) ヘンリー王子(次男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(12) アン王女(長女)
 
(13) ピーター・フィリップス(長男)
 
(14) サバンナ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(15)アイラ(次女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(16) ザラ・ティンダル(長女)
 
(17) ミア(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(6) ヨーク公爵アンドルー王子(次男)
 
(7) ベアトリス王女(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(8) ユージェニー王女(次女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9) ウェセックス伯爵エドワード王子(三男)
 
(11) ルイーズ・ウィンザー(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(10) セヴァーン子爵ジェームズ(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スノードン伯爵夫人マーガレット王女(次女)
 
(18) リンリー子爵デイヴィッド・アームストロング=ジョーンズ(長男)
 
(19) チャールズ(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(20) マーガリタ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(21) サラ・チャット(長女)
 
(22) サミュエル(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(23) アーサー(次男)
 
 
 
 
ヘアウッド伯爵夫人メアリー王女(長女)
 
 
 
 
 
53位以下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グロスター公爵ヘンリー王子(三男)
 
(24) グロスター公爵リチャード王子
 
(25) アルスター伯爵アレグザンダー・ウィンザー(長男)
 
(26) カローデン男爵ザン(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(27) コジマ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(28) デイヴィナ・ルイス(長女)
 
(30) セナ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(29) タネ(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(31) ローズ・ギルマン(次女)
 
(32) ライラ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(33) ルーファス(長男)
 
 
 
 
ケント公爵ジョージ王子(四男)
 
(34) ケント公爵エドワード王子(長男)
 
(35)セントアンドリューズ伯爵ジョージ・ウィンザー(長男)
 
(36) アメリア(次女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(37) ヘレン・テイラー(長女)
 
(38) コロンバス(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(39) キャシアス(次男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(40) エロイズ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(41) エステラ(次女)
 
 
 
 
 
 
 
 
(46) オギルヴィ令夫人アレクサンドラ王女(長女)
 
(47) ジェームズ・オギルヴィ(長男)
 
(49) フローラ(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(48) アレクサンダー(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(50) マリーナ・オギルヴィ(長女)
 
(52) ゼノースカ・モワット(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(51) クリスチャン・モワット(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
(42) マイケル王子(次男)
 
(43) フレデリック・ウィンザー(長男)
 
(44) モード(長女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(45)ガブリエラ・ウィンザー(長女)
 

有名な王位継承権者[編集]

「ヴィクトリア女王陛下と王室ご一家」(”w:Frank Leslie's Illustrated Newspaper”, v. 44, no. 1137 (1877年7月14日))。「ヨーロッパの祖母」と呼ばれたヴィクトリア女王によってイギリス王室と縁続きの王侯貴族の数が増加(ヴィクトリア女王の5人の娘はドイツ諸侯などに嫁ぎ、40人の孫、37人の曾孫が誕生した)。その結果、外国の王族にイギリスの王位継承権者がいる原因の一つである(cf.「ヴィクトリア女王とアルバート公の孫一覧」)。

歴代国王の子孫は各国の王室と婚姻関係を結んでいるため、非カトリック諸外国の王室・名家にも継承権者が存在する。これらの順位は、自身より上位の継承権保有者の誕生・死去、もしくはカトリックへの改宗・カトリック教徒との結婚などによって頻繁に変動する。もっとも、現イギリス王室とはかなりの遠縁のため、彼らがイギリス国王を継承する可能性は非常に低い。

その他、ルーマニアセルビアロシアクールラントハノーファージョージアブルガリアなどの旧王家・名家にも継承権保持者がいる。

系図[編集]

2代
ジョージ2世
 
ウェールズ大公
フレデリック
 
3代
ジョージ3世
 
ケント公爵
エドワード
 
6代
ヴィクトリア
 
7代
エドワード7世(長男)
 
8代
ジョージ5世(次男)
 
英国王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノルウェー王妃
モード(三女)
 
ノルウェー王
オーラヴ5世(長男)
 
ノルウェー王
(62)ハーラル5世(長男)
 
ノルウェー王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザクセン=コーブルク=ゴータ公
アルフレート(次男)
 
ルーマニア王妃
マリア(長女)
 
ルーマニア王
カロル2世(長男)
 
旧ルーマニア王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーゴスラビア王妃
マリア(次女)
 
ユーゴスラビア王
ペータル2世(長男)
 
ユーゴスラビア王
アレクサンダル2世
 
旧ユーゴスラビア王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロシア大公妃
ヴィクトリア・メリタ(次女)
 
ロシア帝位請求者
ウラジミール・ロマノフ(長男)
 
ロシア帝位請求者
マリヤ(長女)
 
旧ロシア帝室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロイセン王子妃
キーラ(次女)
 
ルイ・プロイセン(長男)
 
プロイセン王家家長
(170)ゲオルグ・プロイセン(長男)
 
旧ドイツ帝室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コノート公爵
アーサー(三男)
 
スウェーデン王妃
マーガレット(長女)
 
ヴェステルボッテン公爵
グスタフ・アドルフ(長男)
 
スウェーデン国王
(192)カール16世グスタフ(長男)
 
スウェーデン王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デンマーク王妃
イングリッド(長女)
 
デンマーク女王
(221)マルグレーテ2世(長女)
 
デンマーク王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギリシャ王妃
(235)アンナ=マリア(三女)
 
旧ギリシャ王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドイツ皇后
ヴィクトリア(長女)
 
ドイツ皇帝
ヴィルヘルム2世(長男)
 
ブラウンシュヴァイク公爵妃
ヴィクトリア(長女)
 
ハノーファー家長
エルンスト・アウグスト
 
ハノーファー家長
エルンスト・アウグスト
 
旧ハノーファー王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギリシャ王妃
フリデリキ(次女)
 
ギリシャ王
(422)コンスタンティノス2世(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンランド王妃
マルガレーテ(四女)
 
旧フィンランド王室
 
 
 
 
 
 
スペイン王太后
(423)ソフィア(長女)
 
スペイン王
(424)フェリペ6世(長男)
 
スペイン王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘッセン大公妃
アリス(次女)
 
ミルフォード・ヘイヴン侯爵夫人
ヴィクトリア(長女)
 
ギリシャ王子妃
アリス(長女)
 
英国王配
(485位)フィリップ(長男)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オラニエ公爵妃
アン(長女)
 
オラニエ公爵
ウィレム5世(長男)
 
オランダ王
ウィレム1世(長男)
 
オランダ王
ウィレム2世(長男)
 
オランダ王
ウィレム3世(長男)
 
オランダ女王
ウィルヘルミナ(長女)
 
オランダ女王
ユリアナ(長女)
 
オランダ女王
(812)ベアトリクス(長女)
 
オランダ王
(813)ウィレム=アレクサンダー(長男)
 
オランダ王室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英王位継承権4973位─最下位はドイツの女性/ WSJ日本版
  2. ^ イギリスにおける 2013 年王位継承法の制定 河島太朗 国立国会図書館 外国の立法258 2013年12月
  3. ^ 「王冠を賭けた恋」として知られるウォリス・シンプソンとの結婚のため、退位してウィンザー公爵エドワード王子となり、弟のジョージ6世が国王になった。退位の法的根拠となった1936年退位宣言法により、エドワード8世国王とその子孫は王位の継承から排除されている
  4. ^ 諸外国の王位継承制度 -各国の憲法規定を中心に- (PDF) 山田邦夫 国立国会図書館レファレンス 2005年9月

外部リンク[編集]