イギリスの福祉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Circle frame.svg

イギリスの一般政府歳出(2014年)[1]

  一般公共サービス (13.77%)
  防衛 (5.33%)
  経済関連 (6.22%)
  環境保護 (1.03%)
  住居・地域環境 (4.44%)
  保健 (18.71%)
  娯楽・文化・地域 (1.08%)
  教育 (10.57%)
  社会保護 (34.77%)

イギリス福祉(イギリスのふくし、Welfare in United Kingdom)は福祉国家モデルで運営されており、保健教育雇用社会保障などが含まれる。イエスタ・エスピン=アンデルセンによれば、英国の福祉制度ははリベラル福祉国家に分類される[2]

イギリスでは1941年のベヴァリッジ報告書において社会保障(Social Security)が提唱され、「ゆりかごから墓場まで」とされる最低限度(ナショナル・ミニマム)の保証を目指した[3]

分野[編集]

保健[編集]

主に国民保健サービス(NHS)による公費負担医療として提供され、登録制の総合診療医(GP)によるプライマリケアが達成されている。2011年度では、NHS予算の98.8%は公費にて賄われており、これはイギリス国家予算の25.2%に相当する[4]

家庭支援[編集]

保育サービスについては自己負担となる。幼稚園nursery school)については原則半日分が無料であり、また3-4歳児は週15時間の無料早期教育サービスを年38週受ける権利がある[5]

障害者支援[編集]

年金[編集]

国民保険への保険料払い込みカード

公的年金制度としては、全国民が加入する一階部分の基礎年金( 定額供出型)と、二階部分の所得比例方式(国家第二年金,SEPRS)がある[6][7]

さらに低所得者を対象としたPension Creditが存在し、これは租税を原資としミーンズテストによって実施される社会扶助であり、収入に応じて減額される[6]

加えて、職場提供の私的年金が存在することもある[6]

財政[編集]

中央政府の社会的支出は、2011年度には113.1億ポンドであり、これは政府会計の16%を占める。加えて、国民年金に119.4億ポンド(17%)、保健に121億ポンド(18%)が歳出されている[8]

2010年にキャメロン内閣はState of the Nationと題したレポートを発表し、最も歳出の多い支出は国民年金であり(50億ポンド以上)、続いて住宅支援とcouncil tax benefit(20億ポンド以上)であるとしている[9]。2011-12年の歳出では、失業給付に5.1億ポンド、低所得者に41億ポンドが支給されている[10][11]

Circle frame.svg

イギリスの税収構造(2012年)[12]

  個人所得税・法人税 (35.6%)
  社会保険 (19.1%)
  資産税 (11.9%)
  消費税 (32.9%)
  その他 (0.5%)
英国政府の福祉支出 2011–12[13]
分類 歳出額 (10億ポンド)
国民年金(State pension) £74.2
住宅援助(Housing Benefit) £16.9
障害者生活支援(Disability Living Allowance) £12.6
Pension Credit(公的扶助年金) £8.1
Income Support £6.9
住宅補助金(Rent rebate) £5.5
Attendance Allowance £5.3
求職者給付(Jobseeker's Allowance) £4.9
障害給付(Incapacity Benefit) £4.9
Council Tax Benefit £4.8
その他の支出 £4.7
Employment and Support Allowance £3.6
Statutory Sick/Maternity pay £2.5
Social Fund £2.4
求職支援(Carer's Allowance) £1.7
Financial Assistance Scheme £1.2
£160.2


歴史[編集]

戦後


脚注[編集]

  1. ^ Government at a Glance (Report). OECD. (2015). doi:10.1787/22214399. 
  2. ^ Esping-Andersen 1990; Ferragina and Seeleib-Kaiser, 2011)
  3. ^ 平岡公一 『社会福祉学』 有斐閣、2011年12月、113-119頁。ISBN 9784641053762 
  4. ^ OHE Guide to UK Health and Health Care Statistics (Report). Office of Health Economics. (2013-08). https://www.ohe.org/publications/ohe-guide-uk-health-and-health-care-statistics. 
  5. ^ 海外情勢報告 2013, pp. 266-267.
  6. ^ a b c “イギリスの公的・私的年金制度改革”. 海外社会保障研究 (国立社会保障・人口問題研究所) 169. (2009). http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/19176203.pdf. 
  7. ^ Pensions at a Glance 2015: OECD and G20 indicators, OECD, (2015-12), United Kingdom DOI:10.1787/pension_glance-2015-82-en, ISBN 9789264249189 
  8. ^ Public Spending Details for 2011”. UK Public Spending. 2013年1月5日閲覧。
  9. ^ The cost of the most expensive benefits and tax credits relative to selected other departmental expenditure”. State of the nation report: poverty, worklessness and welfare dependency in the UK. HM Government. p. 36 (2010年5月). 2013年1月5日閲覧。
  10. ^ Benefits for unemployed people”. A Survey of the UK Benefit System. Institute for Fiscal Studies. p. 16. 2012年11月閲覧。
  11. ^ Benefits for people on low incomes”. A Survey of the UK Benefit System. Institute for Fiscal Studies. p. 25. 2012年11月閲覧。
  12. ^ Revenue Statistics 2014 (Report). OECD. (2014). p. 93. doi:10.1787/rev_stats-2014-en-fr. 
  13. ^ Rogers,Simon; Blight, Garry (2012年12月4日). “Public spending by UK government department 2011-12: an interactive guide”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/news/datablog/interactive/2012/dec/04/public-spending-uk-2011-12-interactive 2013年4月2日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]