ゆりかごから墓場まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゆりかごから墓場まで」(ゆりかごからはかばまで、イギリス英語: from the cradle to the grave)とは、第二次世界大戦後のイギリスにおける社会福祉政策スローガンである。

用語解説[編集]

社会保障制度の充実を形容する言葉で、第二次世界大戦後にイギリス労働党の掲げたスローガンである。これが日本を含めた各国の社会福祉政策の指針となった。英国の社会福祉サービスは、国民全員が無料で医療サービスを受けられる国民保健サービス(NHS)と国民全員が加入する国民保険(NIS)を基幹とすることが特色である。

しかしながらこの政策は膨大な財政支出をもたらし、「英国病」に由来する税収の伸び悩みにより、NHSの財政圧迫は深刻な問題となった。このため「小さな政府」を目指す、イギリス保守党マーガレット・サッチャー政権下で同方針の転換が図られ、大胆な福祉支出の削減が行われた。これによりNHSは機能不全に陥り(医療崩壊)、医療従事者が大量に国外に流出、数ヶ月もの診療待ちが常態化する事態となった。さらに、保守党の新自由主義政策によって、ロンドンを除くイギリス経済は沈滞を続け、財政赤字も解消されなかった。このため、労働党が政権を奪還した後のイギリス政府は「第三の道」路線へ進み、経済再建とNHSの立て直しに取り組んだ。

関連項目[編集]