イングリッド・アヴ・スヴェーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イングリッド・アヴ・スヴェーリエ
Ingrid av Sverige
ベルナドッテ家
Ingrid2queenconsortofdenmark.jpg
イングリッド
称号 デンマーク王妃
全名 Ingrid Victoria Sofia Louise Margareta
イングリッド・ヴィクトリア・ソフィア・ルイーゼ・マルガレータ
Ingrid Victoria Sofia Louisa Margareta
イングリズ・ヴィクトリア・ソフィア・ルイーザ・マルガレータ
出生 (1910-03-28) 1910年3月28日
 スウェーデンストックホルム
死去 (2000-11-07) 2000年11月7日(90歳没)
 デンマークフレーデンスボー
埋葬  デンマークロスキレロスキレ大聖堂外墓地
配偶者 フレゼリク9世
子女 マルグレーテ
ベネディクテ
アンネ=マリー
父親 グスタフ6世アドルフ
母親 マルガレータ
テンプレートを表示

イングリッド・アヴ・スヴェーリエ(Ingrid av Sverige, 1910年3月28日 - 2000年11月7日)は、スウェーデン王女で、デンマークフレゼリク9世の王妃。デンマーク語名はイングリズ・ア・スヴェーリエIngrid af Sverige)。

生涯[編集]

当時王太子だったスコーネ公グスタフ・アドルフ王子(後のグスタフ6世アドルフ)と、その妃であるマルガレータの長女(第3子)として誕生。母は1920年に急逝し、父は3年後にイギリス貴族ルイーズ・マウントバッテン(イングリッドとは又従姉妹同士だった)と再婚。父とルイーズには、流産した女児以外の子どもは授からなかった。イングリッドは父が再婚したことで『父に裏切られた』と感じ、何年も後に大人として理解するまで父の再婚を受け入れられず、義母ルイーズに対して不親切だった[1]

1928年、当時プリンス・オブ・ウェールズだったイギリスのエドワード王子(後のエドワード8世)の花嫁候補となるが、婚約に至らなかった。1935年5月、デンマーク王太子だったフレゼリクと結婚し、間に3女をもうけた。

ドライブ好きで知られたイングリッドはしばしばお抱え運転手の運転を断り、自身でデイムラーロールスロイスを運転してコペンハーゲン市内を走ったという。

2000年に死去、夫の眠るロスキレ大聖堂に葬られた。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Roger Lundgren quoting close royal family members in Ingrid – prinsessa av Sverige, drottning av Danmark 978-91-85183-81-4 pp. 17-20