アンソニー・アームストロング=ジョーンズ (初代スノードン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・アームストロング=ジョーンズ
Antony Armstrong-Jones
スノードン伯爵
Antony Armstrong-Jones 1965.jpg
1965年撮影
全名 アンソニー・チャールズ・ロバート・アームストロング=ジョーンズ
出生 1930年5月7日(85歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
配偶者 スノードン伯爵夫人マーガレット王女
  Lucy Mary Lindsay-Hogg
子女 デイヴィッド(マーガレットとの子)
サラ(マーガレットとの子)
フランシス(Maryとの子)
ウィリアムMelanie Cable-Alexanderとの子、私生児)
父親 ロナルド・アームストロング=ジョーンズ
母親 アン・アームストロング=ジョーンズ
テンプレートを表示

アンソニー・アームストロング=ジョーンズ(Antony Charles Robert Armstrong-Jones, 1st Earl of Snowdon、 1930年5月7日 - )は、イギリス写真家。イギリス国王ジョージ6世の次女マーガレット王女の夫。

略歴[編集]

弁護士ロナルド・アームストロング=ジョーンズen)とその妻アン(en)の間の一人息子として生まれる。父方の祖父は精神科医内科医ロバート・アームストロング=ジョーンズen)、曽祖父はウェールズの教育学者Owen Roberts、母方の曽祖父は漫画家のEdward Linley Sambourne、大々叔父は建築家のAlfred Messel

両親は、アンソニーが幼い時に離婚した。学童期にポリオを患い、半年間Liverpool Infirmaryに入院する。ケンブリッジ大学イートン校、のちにジーザス校に通い、建築を学ぶが、卒業試験は合格しなかった。大学ではボートクラブに在籍し、1950年オックスフォード大学との対抗戦では舵手としてクラブを勝利に導いている。

写真家として[編集]

大学を出て後は、写真家としてのキャリアを積み重ねる。1957年には、女王エリザベス2世カナダ訪問に公式に随行した。

1960年代にはサンデー・タイムズの芸術監修をつとめ、1970年代には英国一のカメラマンとの評価が固まる。その作品ジャンルはファッションからドキュメンタリーなど多岐にわたったが、特に世界の著名人を映した作品群が有名になる。作品はヴォーグヴァニティ・フェアデイリー・テレグラフなどに多数掲載された。2001年には、ナショナル・ポートレート・ギャラリーで回顧展が開かれる。

また、空間構成の監修も行った。主な作品として、Frank NewbyCedric Priceロンドン動物園の鳥小屋などである。1969年には、義甥のチャールズ王太子ウェールズ大公叙爵の式典の統括も行った。

結婚生活[編集]

アメリカ合衆国を訪問し、ジョンソン大統領夫妻の歓迎を受ける王女夫妻。右より、リンドン・ジョンソン大統領・テーラー・ジョンソン夫人・マーガレット王女・アンソニー。
1965年11月17日ホワイトハウスにて)

1960年2月、エリザベス2世の妹マーガレット王女と出会い、5月6日ウエストミンスター寺院で挙式。ケンジントン宮殿の一室に居を構えた。アンソニーはハノーファー朝以降の王族の配偶者としては爵位を持たない、ないし持つ予定もない平民として初めて王女と婚姻することになったが、婚儀に際してアンソニーはスノードン伯爵に叙せられた。マーガレット王女との間には二子。

二人の結婚生活は、早いうちから破綻をきたしていた。王女は結婚前のピーター・タウンゼント空軍大佐(en)との恋愛と別れの経験を引き摺っており、この結婚もピーターの絡んだ衝動的なものであった。結婚後も、アンソニーは本業の都合で留守にすることが多かった。やがて王女は深夜までパーティーを繰り返すようになり、アンソニーも乱交な性生活をおくった。両者ともにあからさまな行動であったために、アンソニーの同性愛疑惑とも相まって、ゴシップの格好の標的になった。更に両者の友人の暴露も相次いで、不倫報道は離婚後も続いた。1978年、離婚。

アンソニーはその年の内に、Lucy Mary Lindsay-Hogg(映像ディレクターMichael Lindsay-Hoggの元妻)と再婚し、一子を儲けた。

2000年Country Life誌の編集者Melanie Cable-Alexanderとの間に隠し子がいることを暴露され、Maryと離婚した。

アンソニー・アームストロング=ジョーンズ (初代スノードン伯爵)

1930年5月7日 - 存命中

爵位
先代:
爵位創設
イギリスの旗 スノードン伯爵
1960年 -
次代:
受爵中