ビュート侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビュート侯爵
Marquess of Bute COA.svg
創設時期 1796年2月27日
創設者 ジョージ3世
貴族 グレートブリテン貴族
初代 第4代ビュート伯ジョン・ステュアート英語版
現所有者 第7代ビュート侯ジョン・クライトン=ステュアート
相続人 ダンフリーズ伯ジョン・クライトン=ステュアート
相続資格 初代侯の男系男子
付随称号 マウント・ステュアート男爵; カーディフ男爵; キンガース子爵; マウントジョイ子爵; ビュート伯爵; ヴィンザー伯爵、ダンフリーズ伯爵英語版

カウンティ・オブ・ビュート侯爵: Marquess of the County of Bute)は、イギリス侯爵位。グレートブリテン貴族。通常はビュート侯爵と言及される。

ノバスコシア準男爵位「ビュートのステュアート準男爵」やスコットランド貴族爵位「ビュート伯爵」を前身とし、第4代ビュート伯爵ジョン・ステュアート英語版1796年に叙されたことに始まる爵位である。

歴史[編集]

3代ビュート伯ジョン・ステュアート

スコットランドビュート英語版シェリフだったジョン・スチュアート(?-1662)は、1627年ノバスコシア準男爵「ビュートのステュアート準男爵」位を与えられた。彼はその後スコットランド議会の議員も務めた[1]

その孫である3代準男爵ジェイムズ英語版(?-1710)ターベット英語版アーガイルシャーのシェリフ、スコットランド議会の議員、イングランドとの合同交渉のコミッショナーなどを歴任し、1703年4月14日にビュート伯爵、キンガース子爵、マウントスチュアート卿の3つのスコットランド貴族爵位を与えられた[2]

その孫である3代ビュート伯ジョン(1713-1792)は、国王ジョージ3世の信任を背景に1762年から1763年にかけて首相を務め、政党政治から超越した「愛国王」政治を展開しようとしたが、世論の強い非難を浴びて短命内閣に終わった[3]

その息子である4代ビュート伯ジョン英語版(1744–1814)は、トーリー党庶民院議員やスペイン大使などを歴任し、1796年2月27日にカウンティ・オブ・ビュート侯爵、ウィンザー伯爵、マウントジョイ子爵の3つのグレートブリテン貴族爵位を与えられた[4]。そのため彼以降の当主は全員自動的に貴族院議員となる。

初代ビュート侯の長男ジョン(1767-1794)ダンフリーズ伯爵英語版クライトン家の女性相続人エリザベス(1772-1797)と結婚した。そのため夫妻の長男である2代ビュート侯ジョン英語版(1793–1848)は母方クライトン家からダンフリーズ伯爵位(1633年創設スコットランド貴族爵位)やサンカーのクライトン卿(1488年創設スコットランド貴族爵位)などの爵位を継承するとともに、勅許を得て家名を「クライトン=ステュアート」に改めた[5]

現在の当主はその昆孫にあたる第7代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアート(1958-)である。彼はレースドライバーとして著名である。

従属爵位・準男爵位[編集]

現在の当主第7代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアートはビュート侯爵位の他に以下の従属爵位・準男爵位を保有する[6]

  • 第12代ダンフリーズ伯爵英語版(1633年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第10代ビュート伯爵(1703年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第7代ウィンザー伯爵(1796年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第12代エアー子爵(1622年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第12代エアー子爵(1633年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第10代キンガース子爵(1703年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第7代ワイト島のマウントジョイ子爵(1796年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第19代サンカーのクライトン卿(1488年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第12代サンカー卿(1622年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第12代サンカー及びカムナックのクライトン卿(1633年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第10代カムラーおよびインチマーノックのマウントステュアート卿(1703年創設スコットランド貴族爵位)
  • 第8代ウォートレイのマウント・ステュアート男爵(1761年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第7代カーディフ城のカーディフ男爵(1776年創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第13代ビュートのステュアート準男爵(1627年創設ノバスコシア準男爵)

一覧[編集]

ビュートのステュアート準男爵 (1627年)[編集]

ビュート伯 (1703年)[編集]

ビュート侯 (1796年)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir James Stuart of Ardmaleish, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “James Stuart, 2nd Earl of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  3. ^ 今井宏編 1990, p. 324.
  4. ^ Lundy, Darryl. “John Stuart, 1st Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “John Crichton-Stuart, 2nd Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月3日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “John Colum Crichton-Stuart, 7th Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月5日閲覧。

参考文献[編集]