グラフトン公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グラフトン公爵
Dukedom of Grafton
Coronet of a British Duke.svg
Blason Henri Charles FitzRoy (1663-1690), 1er Duc de Grafton.svg
創設時期 1675年9月11日
創設者 チャールズ2世
貴族 イングランド貴族
初代 ヘンリー・フィッツロイ(初代ユーストン伯)
現所有者 ヘンリー・フィッツロイ英語版(12代公)
相続人 アルフレッド・フィッツロイ(ユーストン伯)
相続資格 初代公の直系の嫡出の男系男子(the 1st Duke's heirs male heirs of the body lawfully begotten)
付随称号 ユーストン伯
イプスウィッチ子爵
サドバリー男爵

グラフトン公(グラフトンこう、Duke of Grafton)は、イギリス公爵位。イングランド貴族

イングランドチャールズ2世の私生児ヘンリー・フィッツロイ1675年イングランド貴族として叙されたのに始まる。

歴史[編集]

初代グラフトン公ヘンリー・フィッツロイ

初代グラフトン公爵に叙されるヘンリー・フィッツロイ(1663-1690)は、チャールズ2世とその愛人バーバラ・ヴィリアーズ(後の初代クリーヴランド女公爵バーバラ・パーマー。第2代グラディソン子爵英語版ウィリアム・ヴィリアーズの娘)の間の3人の非嫡出男子のうちの次男である。非嫡出子なので王位継承権はなかったが、母バーバラは息子3人に高位の爵位を確保しようと宮廷工作に躍起になった[1]

その結果、ヘンリーには1672年8月16日サフォーク州における初代ユーストン伯爵(1st Earl of Euston, in the County of Suffolk)サフォーク州における初代イプスウィッチ子爵(1st Viscount Ipswich, in the County of Suffolk)サフォーク州におけるサドバリーの初代サドバリー男爵(1st Baron Sudbury of Sudbury, in the County of Suffolk)、ついで1675年9月11日グラフトン公爵の爵位が与えられた。これがグラフトン公爵家の創始となる[2]

彼の兄チャールズ・フィッツロイ英語版サウサンプトン公爵(またバーバラから第2代クリーヴランド公爵位を継承)、弟ジョージ・フィッツロイノーサンバーランド公爵位を与えられている。しかしこの2人の家系は嗣子に恵まれず廃絶しており、現代まで残ったのはグラフトン公爵家だけであった[1]

初代公は、初代アーリントン伯英語版ヘンリー・ベネットの1人娘(女子相続人)イザベラ英語版と結婚した。アーリントン伯位は特別継承権の規定で男子なき場合に姉妹間の優劣のない女系継承が可能であったため、ヘンリー・ベネットの死後イザベラが継承した。初代公とイザベラは一人息子のチャールズ・フィッツロイ(1683-1757)を儲け、このチャールズは1690年に初代公がアイルランドで戦死した際に2代グラフトン公となり、ついで1723年のイザベラの死によりアーリントン伯(Earl of Arlington)セットフォード子爵(Viscount Thetford)アーリントン男爵(Baron Arlington)の3爵位も継承した[3][2]

2代公の死後、次男の息子オーガスタス・フィッツロイ(1735-1811)が3代公を継承した。彼は1768年から1770年にかけて首相を務めたことで知られる[4]

その後は目立った当主は出ていないが、9代公ジョン・フィッツロイ英語版(1914-1936)は、レーシング事故で死亡するという劇的な最期を遂げている[5]。彼の死去に際して女系継承が可能なアーリントン伯、セットフォード伯、アーリントン男爵の3爵位は彼の姉2人の間で優劣を決められず停止(abeyance)となっている[2]

10代公チャールズ・フィッツロイ英語版(1892-1970)の代は貴族没落の時代であり、グラフトン公爵家も税金・相続税攻勢で所有地を多く失った。サフォークにある本邸ユーストン・ホール英語版の維持費も捻出できなくなり、維持費削減のため3分の2を取り壊している[6]

11代公ヒュー・フィッツロイ英語版(1919-2011)の夫人フォーチュン英語版は、1967年以降エリザベス2世衣装係女官英語版(女王の女官の最高位)を務めている[7]

現在の当主は先代の孫の12代グラフトン公爵ヘンリー・フィッツロイ英語版(1978- )である[2]

現当主の保有爵位[編集]

現当主12代グラフトン公ヘンリー・フィッツロイ英語版は以下の爵位を保有している[2]

  • 第12代グラフトン公爵 (12th Duke of Grafton)
    (1675年9月11日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第12ユーストン伯爵 (12th Earl of Euston)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)※法定推定相続人の儀礼称号
  • 第12代イプスウィッチ子爵 (12th Viscount Ipswich)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)※法定推定相続人の法定推定相続人の儀礼称号
  • 第12代サドバリー男爵 (12th Baron Sudbury)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

グラフトン公 (1675年)[編集]

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 森護 1987, p. 139-140.
  2. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Grafton, Duke of (E, 1675)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 森護 1987, p. 144-145.
  4. ^ 森護 1987, p. 146-147.
  5. ^ 森護 1987, p. 151.
  6. ^ 森護 1987, p. 150-151.
  7. ^ 森護 1987, p. 152-153.

関連項目[編集]