ジョン・ラッセル (第4代ベッドフォード公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第4代ベッドフォード公爵
ジョン・ラッセル
John Russell
4th Duke of Bedford
John Russell, 4th Duke of Bedford by Thomas Gainsborough.jpg
トマス・ゲインズバラ画のベッドフォード公
生年月日 1710年9月30日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドサリーストリーサム英語版
没年月日 (1771-01-05) 1771年1月5日(60歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国・イングランド・ロンドンブルームスベリーベッドフォード地所英語版
所属政党 ホイッグ党
称号 第4代ベッドフォード公爵ガーター勲章勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)

内閣 ペラム内閣
在任期間 1744年12月27日 - 1748年2月26日

内閣 ペラム内閣
在任期間 1748年12月12日 - 1751年6月13日

在任期間 1757年1月3日 - 1761年4月3日

内閣 第2次ニューカッスル公内閣
ビュート伯内閣
グレンヴィル内閣
在任期間 1761年11月25日 - 1763年4月22日

内閣 グレンヴィル内閣
在任期間 1763年9月9日 - 1765年7月12日

その他の職歴
グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
1732年10月23日 - 1771年1月5日
グレートブリテン王国の旗 駐仏イギリス大使
1762年4月4日 - 1763年6月1日
テンプレートを表示

第4代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセル: John Russell, 4th Duke of Bedford, KG, PC, FRS1710年9月30日 - 1771年1月5日)は、イギリスの政治家、貴族、軍人。

経歴[編集]

ジョシュア・レノルズ画の第4代ベッドフォード公

1710年9月30日イングランドサリーストリーサム英語版に生まれる[1]。父は第2代ベッドフォード公ライオセスリー・ラッセル英語版、母はその妻エリザベス(旧姓ホウランド)[2][1]。彼は夫妻の末子四男であり、長兄と次兄は早世、三兄が第3代ベッドフォード公となるライオセスリー・ラッセル英語版だった[3]

家庭教育を受けた後、大陸へグランドツアーに出た[2]1732年10月23日に兄である3代ベッドフォード公が若くして死去したため、代わって彼が4代ベッドフォード公位を継承した。先代はギャンブル好きで25万ポンドも負けるという重荷を残していたが、4代公の努力によりベッドフォード公爵家は財産を順調に回復させていき、デヴォンシャー公爵ノーサンバーランド公爵ブリッジウォーター公爵とならぶ4大資産家の地位を取り戻している[4]

また貴族院議員としては初めカータレット卿が指導する反ウォルポール・ホイッグの党派に属した[2]1742年にウォルポール内閣が倒れ、カータレット卿が権力を握ったが、ベッドフォード公は政府のハノーファー優先策を批判した[2]

カータレット失脚後の1744年12月、ヘンリー・ペラム内閣の海軍大臣英語版| に就任した[2][1]。さらに1748年2月には南部担当国務大臣英語版 に転じる[2]。しかし閣内でベッドフォード公は初代ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズと対立を深めたため、1751年6月をもって内閣を追われた[5]

1756年12月から1761年にかけて アイルランド総督を務めた[1]

帰国後の1761年11月に第2次ニューカッスル公爵内閣の王璽尚書に就任し、続く第3代ビュート伯爵ジョン・ステュアート内閣でも留任。この際にはビュート伯の指示で七年戦争の講和のためにパリへ派遣されており、彼が交渉を行った結果、1762年11月にフォンテンブロー条約が締結されて七年戦争が終結している[6]。続くジョージ・グレンヴィル内閣には枢密院議長英語版に就任した。同内閣でベッドフォード公の派閥はアメリカ植民地やジョン・ウィルクスに対して強硬姿勢を取るべき事を訴えた[7]

植民地に対して温和な見解を有する大ピットとは意見が合わなかった。そのため大ピット内閣に対してはベッドフォード公派は野党の立場をとっていたが、1767年末には政権に参加している。これによって内閣は植民地に対して強硬になり、大ピットら対植民地穏健派は内閣を追われることとなった[8]

彼は陸軍軍人としてもキャリアを積んでおり、中将まで昇進している[9]

1771年1月5日、ロンドン・ブルームスベリーベッドフォード地所英語版の屋敷において死去した[1]

栄典[編集]

爵位[編集]

  • 1732年10月23日、第4代ベッドフォード公爵(1694年創設イングランド貴族爵位)
  • 1732年10月23日、第4代タヴィストック侯爵(1694年創設イングランド貴族爵位)
  • 1732年10月23日、第8代ベッドフォード伯爵(1550年創設イングランド貴族爵位)
  • 1732年10月23日、第8代ラッセル男爵(1539年創設イングランド貴族爵位)
  • 1732年10月23日、第6代ソーンホーのラッセル男爵(1603年創設イングランド貴族爵位)
  • 1732年10月23日、第4代ストリーサムのホウランド男爵(1695年創設イングランド貴族爵位)[1]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

1731年、第3代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサーの娘ダイアナ(1710-1735)と結婚し、彼女との間に長男ジョン(1732)を儲けたが、この長男は早世した。1735年にはダイアナと死別し、1737年に初代ゴア伯爵ジョン・ルーソン=ゴアの娘ガートルード(1715-1794)と再婚。彼女との間に次男フランシス英語版(1739-1767)と長女キャロライン(1743-1811)を儲ける[1]。次男フランシスには先立たれ、5代ベッドフォード公の爵位はフランシスの長男フランシス英語版(1765-1802)に受け継がれる[10]。長女キャロラインは第4代マールバラ公爵ジョージ・スペンサーと結婚した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Lt.-Gen. John Russell, 4th Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f  Hunt, William (1897). "Russell, John (1710-1771)". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography. 49. London: Smith, Elder & Co. 
  3. ^ Lundy, Darryl. “Wriothesley Russell, 2nd Duke of Bedford” (英語). thepeerage.com. 2015年3月5日閲覧。
  4. ^ 森(1987) p.222-224
  5. ^ 今井(1990) p.308-309
  6. ^ 今井(1990) p.328
  7. ^ 今井(1990) p.360
  8. ^ 今井(1990) p.335
  9. ^ 森(1987) p.224
  10. ^ Lundy, Darryl. “Francis Russell, Marquess of Tavistock” (英語). thepeerage.com. 2015年3月5日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Lady Caroline Russell” (英語). thepeerage.com. 2015年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

公職
先代:
第8代ウィンチルシー伯爵英語版
海軍大臣英語版
1744年1748年
次代:
第4代サンドウィッチ伯爵
先代:
初代ニューカッスル公爵
南部担当国務大臣英語版
1748年1751年
次代:
第4代ホルダーネス伯爵英語版
先代:
第4代デヴォンシャー公爵
アイルランド総督
1757年1761年
次代:
第2代ハリファックス伯爵英語版
先代:
第2代テンプル伯爵英語版
王璽尚書
1761年1763年
次代:
第4代マールバラ公爵
先代:
第2代グランヴィル伯爵
枢密院議長英語版
1763年1765年
次代:
第8代ウィンチルシー伯爵英語版
外交職
先代:
七年戦争のため設置されず
駐仏イギリス大使
1762年1763年
次代:
初代ハートフォード伯爵
名誉職
先代:
新設
孤児養育院院長英語版
1739年1771年
次代:
ノース卿
先代:
初代ケント公爵英語版
ベッドフォードシャー知事英語版
1745年1771年
次代:
第2代アッパー・オソリー伯爵英語版
先代:
第2代オーフォード伯爵英語版
デヴォン知事英語版
1751年1771年
次代:
第3代ポウレット伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ライオセスリー・ラッセル英語版
第4代ベッドフォード公爵
1732年1771年
次代:
フランシス・ラッセル英語版