薄明光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雲の上下両方向に差す薄明光線
雲の下方に差す薄明光線
通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出る薄明光線

薄明光線(はくめいこうせん、英語: crepuscular rays)は、太陽に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端からが漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝夕方に見られる。美しい自然現象だとして、写真撮影への人気も高い。

名称[編集]

「薄明光線」のほか、別名が多数ある。気象現象としては「薄明光線」、一般的には「天使の梯子」がよく知られている名称。

  • 天使の梯子天使のはしご(てんしのはしご、angel's ladder
  • 天使の階段angel's stairs, angel's stairway
  • ヤコブの梯子ヤコブのはしごJacob's ladder
  • レンブラント光線
  • また、単に光芒と呼ぶこともある。

ヤコブの梯子、天使の梯子という名称は、旧約聖書創世記28章12節に由来する。この記述では、ヤコブが夢の中で、雲の切れ間から差す光のような梯子が天から地上に伸び、そこを天使が上り下りしている光景を見たとされる。このことからやがて自然現象もそのように呼ばれるようになった。

レンブラント光線という名称は、レンブラント・ファン・レインがこれを好んで描いたことに由来する。その結果、絵画表現上においては、コントラストが強くなり、の当たる部分との部分との対比を強調され非日常的な雰囲気や宗教的な神々しさを表現することに成功した。

発生条件[編集]

[編集]

積層雲層雲乱層雲巻積雲高積雲積乱雲など、太陽光線をさえぎるくらいの厚みがあって、かつ切れ間のある雲の発生が必要である。このほか、森や林などでは、枝葉の間から光が差して同じような現象が見られることがある。

空気[編集]

大気エアロゾル状態にあり、エアロゾル粒子が比較的多くしかも透過率が高いときに起こる。そのため、薄明光線はチンダル現象の一種と考えられている。

簡潔に言えば、雲の切れ間の下に、雲を構成する滴(雲粒)よりも小さく、目に見えない水滴が多数浮遊した状態であれば、光が散乱されて光芒が見えるようになる。水滴が多いと散乱過剰になって、光芒が途中で消え地上に届かなくなる。また、水滴が少ないと散乱過少になり、光芒が薄く見えにくくなってしまう。

時期・時間[編集]

特に空気の澄んだ、からにかけ見られることも多いが、条件が整えば季節を問わず見ることができる。

時間帯別では、太陽の角度が低くなる早朝および夕方に多く見られる。これは、太陽が真上から照らす昼は、光線が垂直に伸び、放射状には見えないためである。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]