陳摶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳摶
Chen Xi Yi Asleep by Hasegawa Tohaku (Ishikawa Nanao Art Museum).jpg
長谷川等伯「陳希夷睡図」
職業: 道士
各種表記
繁体字 陳摶
簡体字 陈抟
拼音 Chén Tuán
和名表記: ちん たん
発音転記: チェン・トワン
テンプレートを表示
道教
Taoism
基礎
 ·  · 無極 · 太極 · 陰陽 · 五行 ·  · 内丹術 · 無為
典籍
老子道徳経 · 荘子南華真経 · 列子 · 参同契 · 抱朴子 · 黄庭経 · 度人経 · 清静経 · 雲笈七籤 · 道蔵
神仙
三清 · 玉皇大帝 · 黄帝 · 西王母 · 八仙 · 関羽 · 嫦娥 · 媽祖 · 鍾馗 · 他の神
人物
老子 · 荘子 · 張陵 · 張角 · 魏伯陽 · 葛洪 · 許遜 · 寇謙之 · 陸修静 · 陶弘景 · 孫思邈 · 陳摶 · 五祖七真 · 王重陽 · 丘長春 · 張三丰
宗派
五斗米道 · 霊宝派 · 上清派 · 重玄派 · 浄明道 · 全真教 · 正一教
聖地
洞天 · 蓬莱

道教 ポータル
· ·

陳摶(ちん たん)(872年 - 989年[1])は五代十国から北宋にかけての道士。しばしば仙人と見なされる。

図南。自ら扶揺子[2]を号したが、北宋太宗が希夷先生の号を贈ったため、陳希夷(ちん きい)とも呼ばれる。睡仙のあだ名もある。

紫微斗数河洛理数麻衣相法といった占術の創始者に仮託されている。

略歴[編集]

宋史』巻457・隠逸列伝上に陳摶の略歴が見られるほか、さまざまな書物に言及があるが、信頼できる記述は少ない。

『宋史』によると、陳摶は亳州真源(今の河南省鹿邑県)の出身であったという。ただしこの地は老子の出身地とされる道教の聖地であり、付会かもしれない。『歴世真仙体道通鑑』巻47には、「普州崇龕(今の重慶市潼南区)の人ともいうが、これは後に隠棲した所だろう」と言っている。

書物は一度読んだだけで暗記でき、後唐長興年間に進士の試験を受けたが、落第したため、その後は官途を目ざさず武当山に隠棲し、のちに華山の雲台観、および少華山の石室に移った。食事は日に酒を数杯飲むだけであった。また一度寝ると百日以上起きなかった(『東軒筆録』によると三年間起きなかったという[3])。後周世宗が宮中に陳摶を召し、諫議大夫に取りたてようとしたが、陳摶は固辞して受けなかった。「太華希夷志」(の張輅による陳摶の伝記。道蔵に収める)によると、世宗は陳摶に白雲先生の号を与えた。

北宋太宗は陳摶に学ぼうとしたが、自分は皇帝を教えるような術は持っていないといって断った。太宗は陳摶に「希夷先生」の号を与え、多くの贈り物をした。

端拱元年(988年)に、弟子に命じて華山の張超谷に石室を造らせた。翌年7月に石室が完成すると、陳摶は「自分は今月22日に蓮花峰の下の張超谷で死ぬ」という意味の上表文をしたため、そのとおりに死んだ。「太華希夷志」も同じ話を載せるが、享年を118歳とする。

陳摶は『』を好み、『指玄篇』81章を著した。ほかに「三峰寓言」「高陽集」「釣潭集」および詩六百余首を残した。他人が思っていることを言い当てたり、遠くの場所で起きた出来事を知ることができたという。

著作[編集]

陳摶は有名な道士であったため、その著作と伝えるものは多くが後世の仮託である。

『宋史』芸文志によると『易龍図』という著作があった。今は図は残らず、序文のみが「龍図序」の題で『皇朝文鑑』巻85に収められている。

南宋の朱震『漢上易伝』によると、陳摶は先天図を种放(ちゅうほう)に伝え、种放は穆修(ぼくしゅう)に伝えた。种放はまた河図洛書を伝え、穆修は太極図周敦頤に伝えたという。

仏祖統紀』によると、陳摶は麻衣道者に易を学び、正易心法四十二章に注をつけ、3×3の魔方陣としての河図洛書を示した[4]

『風鑑』は観相術の書で、『直斎書録解題』に「希夷先生風鑑」(『文献通考』経籍考47では「希夷先生亀鑑」)、『通志』芸文略や『宋史』芸文志では「人倫風鑑」の題で見える。『玉管照神局』などの観相書の中に収められて残っている。

『指玄篇』は現存しないが、『周易参同契発揮』に引用されて部分的に残っている。

脚注[編集]

  1. ^ 宋史』による
  2. ^ 『宋史』による。『荘子』逍遥遊の「摶扶揺而上者九万里」(扶揺はつむじ風、摶は羽ばたく)から取ったもの。なお字の「図南」も『荘子』の同じエピソードに出現する語
  3. ^ 魏泰『東軒筆録』巻之一「或一睡三年」
  4. ^ 『仏祖統紀』巻43「処士陳摶受易於麻衣道者、得所述正易心法四十二章、理極天人、歴詆先儒之失。摶始為之註。及受河図洛書之訣、発易道之秘。漢・晋諸儒如鄭康成京房王弼韓康伯、皆所未知也。其訣曰:戴九履一、左三右七、二四為肩、六八為膝。縦横皆十五、而五居其室。此図縦横倒正、回合交錯、随意数之、皆得十五。劉牧謂非人智所能偽為。」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]