文献通考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文献通考』(ぶんけんつこう)は、上古から南宋寧宗朝の開禧3年(1207年)に至る歴代の制度の沿革を記した中国政書

延祐4年(1317年)、馬端臨1254年 - 1324年)が完成させた。全348巻、考証3巻を付す。

概要[編集]

杜佑の『通典』をモデルとするが、考証は正確で、宋代の制度について詳しく、『宋史』の志の部分や『宋会要』の欠を補う史料的価値があり、政書のなかでは最も評価されている。ただ、本書が100年も前の寧宗朝までしか記さなかったのは、散佚して伝わらない『宋朝国史』の志の部分を参考にしたためであると考えられる。『宋朝国史』は、寧宗朝までしか編纂されていなかった。また、その「経籍考」は、『郡斎読書志』や『直斎書録解題』に基づいて書かれている。

撰者の馬端臨は江西楽平県の人である。

内容[編集]

  • 田賦 土地制度論
  • 銭幣 通貨論
  • 戸口 人口戸籍論
  • 職官 官僚制度論 
  • 征榷 各種税制論
  • 市糴 市場統制論
  • 土貢 各地特産論
  • 国用 物資輸送論
  • 選挙 官吏任用論
  • 学校 太学など学校制度論
  • 郊社 国家祭祀論
  • 宗廟 祖先祭祀論
  • 王礼 王者典礼論
  • 楽  音楽制度論
  • 兵  軍事制度論
  • 刑  刑罰制度論
  • 経籍 古典書籍論
  • 帝系 皇帝系譜論
  • 封建 封建制度論
  • 象緯 天文観測論
  • 物異 怪奇現象論
  • 輿地 国内地理論
  • 四裔 外国地理論

外部リンク[編集]