寧宗 (宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寧宗 趙拡
南宋
第4代皇帝
Song Ningzong 1.png
王朝 南宋
在位期間 紹熙5年7月5日 - 嘉定17年8月3日
1194年7月24日 - 1224年9月17日
都城 臨安
姓・諱 趙拡
諡号 法天備道純徳茂功仁文哲武聖睿恭孝皇帝
廟号 寧宗
生年 乾道4年10月18日
1168年11月18日
没年 嘉定17年8月3日
1224年9月17日
光宗(第2子)
慈懿皇后李氏
后妃 恭淑皇后韓氏
恭聖仁烈皇后楊氏
陵墓 永茂陵
年号 慶元 : 1195年 - 1200年
嘉泰 : 1201年 - 1204年
開禧 : 1205年 - 1207年
嘉定 : 1208年 - 1224年

寧宗(ねいそう)は、南宋の第4代皇帝光宗の第2子。

概要[編集]

乾道4年(1168年)、当時に恭王であった光宗と李氏の間に生まれた。淳熙5年(1178年)、明州観察使を授けられて英国公に封ぜられ、淳熙12年(1185年)に安慶軍節度使に移り、平陽郡王となった。光宗の即位後は少保・武寧軍節度使を拝命され、嘉王に進封した。紹熙年間には嘉王を皇太子に立てようとする光宗と、これに消極的だった寿皇(孝宗)間の葛藤が高まり、立場が微妙になったりもした。

紹熙5年(1194年)、病弱な父が趙汝愚と太皇太后呉氏によって廃位になると、皇帝に即位した。政変の過程で趙汝愚に協力した韓侂冑は、韓皇后の同族である縁故で大きな権力を有するようになり、趙汝愚を失脚に追いやって独裁体制を確立した。この時、反対勢力の一人でもある朱熹も共に追放して、その理学を禁止している(慶元党禁)。このような強引な手法で政敵らを排除する方針に怨嗟の声は高まっていたが、開禧元年(1205年)に韓侂冑が平章軍国事に任ぜられながら、なおも実権を掌握され続けた。韓皇后が死去して皇室の後ろ盾を失った韓侂冑は、権力維持のために対する大規模な北伐に着手した。

しかし情報や準備が不十分なこともあって戦況はすぐに不利となり、金と内通した四川呉曦が反逆を起こした。これに乗じて、新しく皇后となっていた楊氏の義兄の楊次山礼部侍郎史弥遠は、韓侂冑を誅殺して彼の首級を金に送り、厳しい条件も甘受して速やかに和議を結ぶことに成功し、朝廷の実権を掌握した(開禧用兵)。治世後期の国政は宰相として臨んだ史弥遠が専断する状況になった。

寧宗には9人の息子がいたが、いずれも夭逝した。このため、燕王趙徳昭[1]の後裔である趙詢(景献太子)を宮中に入れて養育し、開禧3年(1207年)に皇太子に立てた。嘉定13年(1220年)、趙詢が亡くなると、代わりに秦王趙徳芳[2]の9世孫で、元は寧宗の従兄弟にあたるおうちょうへい[3]の後嗣であった趙竑(趙希瞿の実子)を後継者とした。しかしちょうこうは史弥遠を牽制しようとする動きを見せて警戒を買い、趙徳昭の9世孫にあたるちょういん(後の理宗)を民間から探し出した史弥遠は、秘密裏に陰謀を画策した。嘉定17年(1224年)、寧宗の崩御に際して遺詔を偽造した史弥遠の工作により趙竑ははいちゅつされ、趙昀が擁立されている。

人物[編集]

  • 即位前に高宗の霊柩を葬るために紹興に行った際、農民らが田畑で苦労して働く姿を見て「宮中にだけ住んでいたので、どうしてこれを知ることができようか?」と嘆いている[4]
  • 恭倹な性格で節制された生活を守ったという。ある年の小正月、夜中に蠟燭を灯して座っていたのに、宦官が宴会を開くように勧めると、外間の民は食べ物がないと拒否した。また、臨安郊外の花園である聚景園に行幸してから還宮の途中、皇帝の御容を見物するために集まった群衆が押し合い圧死する事故が発生したことがあった。この時の不祥事を後悔した寧宗は、皇宮外への出入りを控えるようになった[5]
  • 「吐くのが恐いなら酒を少なく飲み、痛みが恐いなら冷たいものを少なく食べる」という信条を小さな屏風に記しておき、これを2人の宦官に背負わせながら常に帯同させた。酒を飲んでも3杯以上は飲まなかった[6]
  • 嘉泰年間、西湖に船を浮かべて遊覧を楽しもうとした。しかし「慈懿皇后の陵墓は湖畔にあります。陛下が遊行なさるなら追悼の意味はなくなります」と諫めを受けると、すぐに断念した[7]

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 恭淑皇后韓氏
  • 恭聖仁烈皇后楊氏
  • 婕妤曹氏
  • 美人閻氏、才人呉氏
  • 夫人鍾氏
  • 紅霞帔張氏、紅霞帔王氏、紅霞帔田氏、紅霞帔包氏
  • 紫霞帔王氏、紫霞帔呉氏、紫霞帔王氏、紫霞帔張氏、紫霞帔王氏
  • 聴宣楊氏、聴宣張氏、聴宣史氏

男子[編集]

  1. 趙某
  2. 趙埈 - 生母:恭淑皇后韓氏
  3. 趙坦 - 生母:恭淑皇后韓氏
  4. 趙增 - 生母:恭聖仁烈皇后楊氏
  5. 趙埛 - 生母:恭聖仁烈皇后楊氏
  6. 趙圻 - 生母:夫人鍾氏
  7. 趙墌 - 生母:夫人鍾氏
  8. 趙垍
  9. 趙坻

女子[編集]

  1. 祁国公主(夭折)

養子[編集]

  • 趙詢 - 趙希懌の実子。死後、景献太子に追贈される。
  • 趙竑 - 趙希瞿の実子。史弥遠により廃黜されて済王に封ぜられたが、殺される。
  • 趙昀 - 趙希瓐の実子。後の理宗

脚注[編集]

  1. ^ 太祖の次男。
  2. ^ 太祖の四男で、寧宗はその8世孫にあたる。
  3. ^ 光宗の次兄である魏王趙愷の次男。
  4. ^ 『宋史全文』巻29上, 宋寧宗一
  5. ^ 『銭塘遺事』巻2, 慶元侍講
  6. ^ 『四朝聞見録』 乙集 寧皇二屏
  7. ^ 『四朝聞見録』 丙集 寧皇御舟

関連項目[編集]