杜佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杜 佑(と ゆう、735年開元23年) - 812年元和7年))は、中国代の歴史家は君卿。は安簡。本貫京兆郡杜陵県西晋杜預の子の杜尹の末裔にあたる。

曾祖父は荊益二州の都督府長史。祖父は右司員外郎・詳正学士。父の杜希望は鴻臚卿、恒州刺史などを歴任し、右僕射を追贈された。孫は晩唐の詩人として名高い杜牧である。

科挙によらず家格による恩蔭によって登用され、地方では嶺南節度使、淮南節度使、中央では御史大夫司徒同平章事などの要職を歴任する。

憲宗に重用され、行政面では、宰相の楊炎を輔佐し、両税法の施行に関して尽力している。太傅を追贈された。

『政典』30巻(開元末年、劉秩撰)の欠を補って、大暦元年(766年)より30年余りを費やして『通典』200巻を著した。その他、『理道要訣』、『賓佐記』、『管氏指略』などの著書があったとされるが、定かではない。

伝記資料[編集]