無極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

無極(むきょく)とは、道教儒教宋学朱子学)において、太極の前段階、あるいは太極の性質としての無限定性を表す概念[1]

儒教(宋学・朱子学)においては、北宋の周敦頤による『太極図説』で説かれたことで、普及・定着した[1]

歴史[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]