周敦頤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周敦頤・『晩笑堂竹荘畫傳』より
廬山白鹿洞书院の周敦頤銅像

周敦頤(しゅうとんい繁体字: 周敦頤; 簡体字: 周敦颐; ピン音: Zhōu Dūnyí; ウェード式: Chou Tun-i、1017年-1073年)は北宋儒学者。現在の湖南省永州市道県に位置する道州営道の出身。字は茂叔、号は濂渓

経歴[編集]

宋学の祖と南宋朱熹によってみなされた。同じく朱熹が高く評価した程顥程頤は、少年時代に周敦頤に師事していたとされる。生前はさほど注目されなかったが、朱熹が展開した道統論において孔子孟子の延長上に周敦頤をおいたことから、儒学史において重要な地位を与えられた。著書は『太極図説』、『通書』。

著書[編集]

『太極図説』[編集]

道教に由来する太極図、易の陰陽五行思想などを踏まえて、宇宙万物生成の原理を図式化したもの。図を説明する文章自体は短く約250字程度。図によれば、「太極」が宇宙の根源であり、陰陽と五行の錯綜によって万物が生成されていくとされる。

『通書』[編集]

『通書』は、『太極図説』を踏まえて道徳などについて述べたものである。周敦頤は、「太極」を儒学の重要経典『中庸』の中で示される「誠」と結びつけた。人の根本に「誠」がある状態とは、人の根本に「太極」がある状態であると定める。

しかし、人の根本に「誠」があったとしても、日々の生活の中で周囲の状況を適切に判断できなければ、誤った行動をとる可能性もある。従って、人がささいな兆しを前にしてその後に生じる展開を正しく予測・判断し、適切な善い行動をとるためには、学問を通じて自己を研鑽する必要がある。そして、こうした行いが聖人の道へと通じると説いた。

儒学史における位置[編集]

人の本来の性質をめぐる人性論は、孟子の性善説、荀子の性悪説にみられるように、古代より多く論じられてきた。代の韓愈性三品説(人は上知、中人、下愚に分けられるとする考え方)を支持し、この説に基づいて道徳論を展開したが、周敦頤の考え方はこれと異なる立場をとるものであった。彼は『太極図説』『通書』の中で、各人の根本に「太極」に通じる「誠」があること、各人の学問による研鑽が聖人の道へ通じることを示した。これは、性三品説と異なり、万人が学問を通じて聖人に近づけるということを意味した。この見解は、従来の貴族に代わって宋代より新たに勃興する士大夫の意向にかなうものであった。