寇謙之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
道教
中国語
繁体字
簡体字
朝鮮語
ハングル
ベトナム語
ベトナム語 đạo giáo
道教
Taoism
基礎
 ·  · 無極 · 太極 · 陰陽 · 五行 ·  · 内丹術 · 無為
典籍
老子道徳経 · 荘子南華真経 · 列子 · 参同契 · 抱朴子 · 黄庭経 · 度人経 · 清静経 · 雲笈七籤 · 道蔵
神仙
三清 · 玉皇大帝 · 黄帝 · 西王母 · 八仙 · 関羽 · 嫦娥 · 媽祖 · 鍾馗 · 他の神
人物
老子 · 荘子 · 張陵 · 張角 · 魏伯陽 · 葛洪 · 許遜 · 寇謙之 · 陸修静 · 陶弘景 · 孫思邈 · 陳摶 · 五祖七真 · 王重陽 · 丘長春 · 張三丰
宗派
五斗米道 · 霊宝派 · 上清派 · 重玄派 · 浄明道 · 全真教 · 正一教
聖地
洞天 · 蓬莱

道教 ポータル
· ·

寇 謙之(こう けんし、Kou Qian Zhi、輔真365年 - 448年)は、中国・南北朝時代(北魏)の道士新天師道の創始者。道教を体系化し、教義・教典・儀礼を定めた。上谷郡昌平県(現在の北京市昌平区)の出身。北魏の河南公・寇讃の弟。後漢雲台二十八将の一人である雍奴威侯・寇恂の末裔を称した。

生涯[編集]

若い頃から仙道を好み、張魯の術を修め服食(神仙になるための薬を飲む)すること数年たった頃、仙人・成公興に出会い、華山をへて嵩山に伴われ十年修業を積む。

415年(神瑞2年)、太上老君が天より降り、寇謙之の修業の熱心なことを賞して天師の位を授け、『雲中音誦新科之誡』20巻を与え、「三張の偽法、租米銭税や男女合気などの妖術を一掃すべし」と命じ、服気導引口訣の法を授けたという。

423年、李譜文から『録図真経』60余巻と鬼神を駆使する法、金丹雲英八石玉漿の秘法を受け、翌年に北魏の世祖に書を献じたが、宰相の崔浩が特に寇謙之に師事し、さらに帝に勧めて都・平城の南北に天師道場を起こさせた。五層の重壇にして120人の道士を仕えさせ、一日6回の祈祷を行わせる。

442年、世祖は道壇に登って符録(道士としての資格の一つ)を受けた。世祖はこの新天師道を尊崇し、道教を北魏の国教とし、自ら「太平真君」と称し、446年以降、仏教を排斥するようになった(三武一宗の法難の内の一つ)。

寇謙之は仏教の戒律などを参考にして、「雲中音誦新科之誡」をさだめた。さらに修業の段階に応じて資格を与え、師弟の関係を秩序づけ、道教の組織を寺院・教会のように確立した。

中国北部における道教は、以後の王朝によって国教に準ずる扱いを受け、唐代以降の隆盛を準備するのである。

参考文献[編集]

  • 尾崎正治「寇謙之の神仙思想:神瑞二年(415)までを中心にして」(『東方宗教』54、1979年)
  • 春本秀雄「北魏太武帝と寇謙之」(『中国学研究』12、大正大学、1993年)
  • 砂山稔著『隋唐道教思想史研究』(平河出版社、1990年)