洞天福地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

洞天福地(どうてんふくち)は、道教における吉祥地。道教において仙人が住む地「洞天」と仙人が修行した地「福地」の総称。

司馬承禎(しばしょうてい)撰『天地宮府図(てんちきゅうふず)』記載にはじまる。一般に、洞天は三十六箇所、福地は七十二箇所あるとされる。