XWF (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

XWF(エックス・ダブリュー・エフ、エクストリーム・レスリング・フォース)は、日本プロレス団体。運営はキャッシュボックス

ジミー・ハートが設立した同名のプロレス団体「XWF」は無関係である。

歴史[編集]

2008年
  • 2月、自身の不祥事でアパッチプロレス軍から無期限出場禁止(後に懲戒解雇処分)を受けてフリーになった金村キンタローがプロレス団体を設立することを発表。
  • 6月16日、金村がXWFを設立。小幡優作新宿鮫が入団。
  • 7月26日新宿コマ劇場で初の興行を開催することを発表。
  • 8月6日後楽園ホールで旗揚げ戦「GIVE ME HARDCORE OR GIVE ME CHAIR」を開催。試合終盤、金村の指示で観客によりリングにイスが投げ込まれる。後に東京ドームからイスの破損代(当時、1脚税込み6,300円)として約32万円請求される。試合を観戦していたコマ劇場関係者から再度話し合いが要請される。
  • 8月12日スーパー・レザー・フェイス(現:マイク・カーシュナー)が入団。
  • 前述の話し合いの結果、10月7日の新宿コマ劇場で開催予定だった興行の中止が決まり急きょ後楽園ホールで代替興行を開催することを発表。しかし数日後に代替興行も中止となったためチケットの払い戻しが決まった。後楽園ホールの中止の経緯として代替興行の発表が遅れて宣伝等が行き通っていないのと金村とXWFの運営会社「キャッシュボックス」との連絡路が数日途絶えたのが原因。この件に関してXWFはキャッシュボックスを離れて独自で活動していくことを発表。後楽園ホールの発表の際に大相撲を追放された元露鵬(現:露鵬幸生)と元白露山(現:白露山佑太)にもオファーを出していたことを明らかにした[1]
2009年
  • 5月10日三重県人権センターで金村の凱旋興行「THIS IS HARDCORE」を最後に興行を開催。事実上最後の興行になったため旗揚げ戦と金村の凱旋興行しか開催していない。

所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山本雅俊 (2008年10月4日). “XWF 10・7後楽園大会中止”. 2012年6月17日閲覧。