KING of FREEDOM WORLD選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
KING of FREEDOM WORLD王座
詳細
現王者 竹田誠志
獲得日 2018年5月2日
管理団体 プロレスリングFREEDOMS
創立 2013年1月7日

KING of FREEDOM WORLD王座(キング・オブ・フリーダム・ワールドおうざ)は、プロレスリングFREEDOMSが管理する王座である。

概要[編集]

旗揚げ以来長らくオリジナルベルトがながったFREEDOMSが初めて創設したタイトル。

2013年1月7日に王座創設とタイトル名、そして2月27日新木場1stRING大会から4度にわたり初代王座決定トーナメント開催を発表[1]

トーナメントには16名が出場し、5月2日後楽園ホール大会での決勝戦で勝利した佐々木貴が初代王座を獲得した[2]

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 佐々木貴 1 4 2013年5月2日 後楽園ホール
第2代 火野裕士 1 1 2014年5月2日 後楽園ホール
第3代 葛西純 1 1 2014年9月15日 一関市総合体育館
第4代 竹田誠志 1 5 2014年12月25日 後楽園ホール
第5代 葛西純 2 2 2015年12月25日 後楽園ホール
王座返上
第6代 葛西純 3 0 2016年5月2日 後楽園ホール
王座返上の葛西と正岡大介が対戦
第7代 ビオレント・ジャック 1 1 2016年7月13日 後楽園ホール
第8代 正岡大介 1 5 2016年12月26日 後楽園ホール
第9代 ビオレント・ジャック 2 2 2017年11月13日 後楽園ホール
第10代 竹田誠志 2 1 2018年5月2日 後楽園ホール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2月大会より、KING of FREEDOM WORLD選手権初代王座決定トーナメント開催!” (2012年1月7日). 2013年5月28日閲覧。
  2. ^ H25.5.2後楽園ホール大会” (2013年5月2日). 2013年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]