愚乱・浪花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愚乱・浪花
プロフィール
リングネーム 愚乱・浪花
木村 吉公
本名 木村 吉公
ニックネーム コテコテかに道楽
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 (1977-02-15) 1977年2月15日
死亡日 (2010-10-06) 2010年10月6日(33歳没)
出身地 栃木県下都賀郡
所属 フリー
トレーナー スペル・デルフィン
デビュー 1993年3月16日
テンプレートを表示

愚乱・浪花(ぐらん・なにわ、1977年2月15日 - 2010年10月6日)は、日本覆面レスラー。本名:木村 吉公(きむら よしくに)。

浪花」というリングネームカニをモチーフにしたマスク、「かにの網元(かに道楽のCMソング)」を流しながら阪神タイガース応援ハッピを着て入場するなど大阪色を前面に押し出すキャラクターだった。

経歴[編集]

1992年ユニバーサル・プロレスリングに入門。

1993年1月、みちのくプロレスに移籍。3月16日、みちのくプロレスで行われたバトルロイヤルに木村吉公としてプレデビュー。3月17日、みちのくプロレス大阪府立臨海スポーツセンターで木村吉公として対獅龍戦でデビュー。みちのくプロレス新人レスラー第1号にしてスペル・デルフィンの一番弟子。6月2日、デルフィンの個人事務所「ワキタ・プロダクション」主催の大阪大会から「道頓堀の橋の下にいたところをデルフィンにスカウトされた」という触れ込みでリングネームを愚乱・浪花に改名して登場。以降はデルフィン、新崎人生とユニット「デルフィン軍」を結成。

1994年TAKAみちのくの軍団入りに抗議してTAKAとの抗争が勃発したが後に和解。

1995年7月から8月、みちのくプロレスで開催した「ふく面ワールドリーグ戦」に出場。12月13日WAR主催で開催された「SUPER J-CUP」に出場。

1997年5月から6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。

1999年1月17日、デルフィンらと共に、みちのくプロレスを退団することを発表したが後日、デルフィンと別れて、みちのくプロレスに団体預かりとして再入団。7月から8月、みちのくプロレスで開催した「ふく面ワールドリーグ戦」に出場。

2000年8月、みちのくプロレスを退団。

2001年5月から6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。

2003年5月20日、左腕を骨折して長期欠場。

2005年12月31日後楽園ホールで開催された「インディーサミット」に突如乱入して数年ぶりにファンに姿を見せた。

2010年10月6日心筋梗塞により死去。33歳没[1]

得意技[編集]

旋回式ドクターボム
旋回しながら両膝をついて背中から叩きつけるドクターボム
スーパーボム
クラブチッタ
ドライバー・ザ・ナニワ
クラッチ・ザ・ナニワ
コテコテクラッチ
インディアンデスロックリバースフルネルソンの複合技。
カニカニエルボー
ピースサインを両手で作り、上下に振りながらセカンドロープを綱渡りのように横移動したあと放つダイビングエルボードロップ

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

  • 中米ミドル級王座

リングネーム[編集]

これまでスペル・デルフィンが名付けたリングネーム。

愚乱・浪花追悼試合[編集]

■第2試合 愚乱・浪花メモリアルマッチ1〜みちのく・ザ・ベスト6人タッグマッチ
ザ・グレート・サスケ
獅龍
×TAKAみちのく
10分30秒
デルフィンクラッチ
スペル・デルフィン
新崎人生
ヨネ原人
■第6試合 愚乱・浪花メモリアルマッチ2〜海援隊☆DXファイナルカウントダウン3
MEN'Sテイオー
カズ・ハヤシ
FUNAKI
TAKAみちのく
10分55秒
みちのくドライバーII→片エビ固め
ザ・グレート・サスケ
気仙沼二郎×
藤田ミノル
湯浅和也

当初、第6試合は10人タッグだったがディック東郷の負傷欠場により新崎が抜けて8人タッグマッチに変更。

脚注[編集]

  1. ^ みちプロでカニマスクの愚乱・浪花さん急死”. 日刊スポーツ (2010年11月22日). 2010年12月12日閲覧。