世界ストリートファイト6人タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界ストリートファイト6人タッグ王座(せかいストリートファイトろくにんタッグおうざ)は、かつてFMWが管理していた王座である。

「新生FMW」と呼ばれた大仁田厚引退後のFMWにおいても、W★INGを中心に続けられたデスマッチ路線の軸となった王座であった。

来歴[編集]

1998年11月、現役復帰した大仁田がFMWから追放された際、当時の荒井昌一社長が餞別代わりに大仁田へ譲渡したのが、この王座のベルトだった。これを後に大仁田は、自身の自主興行「大仁田厚プロレス」においてボブワイヤーストリートファイト6人タッグ王座と称して活用している。

2015年12月22日、「超戦闘プロレスFMW改めW★INGモンスター軍」にて大仁田の手により封印が解かれることになった[1]

歴代王座[編集]

タッグチーム 戴冠回数 戴冠年月日 獲得した場所(その他・対戦相手)
初代 スーパーレザー&ザ・ヘッドハンターズ 1 1996年5月5日 川崎球場
ザ・グラジエーター&大矢剛功&ホーレス・ボウダー
第2代 田中正人&中川浩二&黒田哲広 1 1996年6月28日 後楽園ホール
第3代 ザ・ヘッドハンターズ&大矢剛功 1 1996年11月16日 大阪
第4代 冬木弘道&邪道&外道 1 1997年3月21日 宮城県スポーツセンター
7月王座空位
第5代 ザ・グラジエーター&大矢剛功&ミスター雁之助 1 1997年8月5日 札幌
冬木弘道&邪道&外道
第6代 ハヤブサ&田中将斗&中川浩二 1 1997年8月31日 後楽園ホール
第7代 大仁田厚&黒田哲広&非道 1 1997年10月14日 札幌中島体育センター
第8代 ハヤブサ&田中将斗&大矢剛功 1 1997年12月20日 大阪府立臨海スポーツセンター
第9代 金村ゆきひろ&ミスター雁之助&邪道 1 1998年1月16日 四日市オーストラリア記念館
第10代 大仁田厚&中川浩二&黒田哲広 1 1998年2月13日 千葉公園体育館
第11代 冬木弘道&金村ゆきひろ&非道 1 1998年5月5日 和歌山マリーナシティ
翌月王座剥奪[2]
第12代 冬木弘道&中川浩二&金村ゆきひろ 1 1998年6月28日 南大沢マルチパーパスプラザ
ハヤブサ&大矢剛功&リッキー・フジ
1999年5月王座封印

脚注[編集]

  1. ^ “FMW改めW★INGモンスター軍10.30桐生大会で曙がW★INGモンスター軍に合流!12.22後楽園で“復活”6人タッグ王座を懸け、大仁田率いるFMW軍と決着戦へ”. バトル・ニュース. (2015年11月1日). http://battle-news.com/?p=16044 
  2. ^ 初防衛戦において、無許可でパートナーを変更したため。

外部リンク[編集]

世界ストリートファイト6人タッグ王座