激生!スポーツTODAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポーツTODAYから転送)
移動先: 案内検索
激生!スポーツTODAY
ジャンル スポーツニュース番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 歴代の主なキャスター一覧を参照。
メガTONスポーツTODAY〜プロ野球速報〜
放送時間 【月・火・水・金曜】22:30 - 22:50
【木曜】23:00 - 23:20
【週末】22:30 - 22:55
(平日20、週末25分)
放送期間 1983年4月9日 - 1986年9月
メガTONスポーツTODAY
放送時間 【平日】23:00 - 23:20
【週末】22:30 - 22:55
(平日20、週末25分)
放送期間 1986年10月 - 1989年3月
スポーツTODAY[1]
放送時間 放送時間を参照。
放送期間 1989年4月 - 1998年3月
スポーツ10ミニッツ(平日)
放送時間 平日 23:45 - 23:55(10分)
放送期間 1998年4月 - 2002年3月29日
スポーツTODAYワイド(週末)
放送時間 【土曜】23:00 - 23:45
→23:30 - 0:15
【日曜】23:00 - 23:45
(45分)
放送期間 1998年4月4日 - 2001年3月
激スポ!(平日)
放送時間 平日 23:55 - 0:09(14分)
放送期間 2002年4月1日 - 2004年3月26日
激生!スポーツTODAY(週末)
放送時間 【土曜】23:45 - 0:25
【日曜】23:24 - 24:00
(土曜40分、日曜36分)
放送期間 2001年4月 - 2004年3月28日

特記事項:
『遊友スポーツTODAY』を名乗った時期あり。
テンプレートを表示

激生!スポーツTODAY』(げきなま!スポーツトゥデイ、略称:激スポ!)はテレビ東京系列と中京、近畿の一部の独立UHF放送局、並びにBSジャパンで放送していたスポーツニュース番組。

沿革[編集]

「メガTONスポーツTODAY」時代[編集]

1983年4月9日 - プロ野球公式戦開幕に合わせて、元NHKアナウンサー鈴木文彌の司会で22:30 - 22:50(木曜日は木曜洋画劇場の関係で23:00 - 23:20、週末は22:30 - 22:55)に放送された『メガTONスポーツTODAY〜プロ野球速報〜』(メガトンスポーツトゥデイ プロやきゅうそくほう)として放送を開始(1986年10月以降は『メガTONスポーツTODAY』)。

放送開始当時、NHK総合テレビの『スポーツアワー』が22:45から放送されていたが、それよりも早い時間帯に放送されていたので「日本一速いスポーツニュース」を謳い文句にしていた。しかし、その後、テレビ朝日系で『速報!TVスタジアム』や『ニュースステーション』など、スポーツの速報をこの番組より早く行う全国ネット番組が出現し、この謳い文句は消えている。

なお、東海地方ではテレビ愛知の開局前だったため、岐阜放送がいち早く放送することになった(中日戦の取材はテレビ愛知開局まではTXが直接やっていたものと思われる。三重テレビ放送は1987年春より放送開始)。

1983年5月19日 - 鈴木が病気入院のため降板、元日本テレビアナウンサーの志生野温夫に交代した。その後平日版は1986年10月から23:00 - 23:20(1988年4月から23:30まで拡大)、週末版は1988年4月から23:00 - 23:25にそれぞれ移行。

オープニングはCGと実写とで制作され、当初はピッチャーをモータードライブで撮影した映像も使われたが、83年10月にマイナーチェンジされ、「プロ野球速報」と題しながらもプロ野球の試合の映像が登場せずフィギュアスケートアイスホッケーラグビー等のウィンタースポーツが登場するものに変更となり、テーマミュージックのラストもマイナーチェンジ。その後、BGMにテレビ東京スポーツテーマ「Let's try 0012」を使用したものに移行した。

「スポーツTODAY」時代[編集]

1990年、平日は『ワールドビジネスサテライト』の23:00スタートに伴い番組は23:50(1994年4月から23:55に変更)スタート。またタイトルも『遊友スポーツTODAY』(ゆうゆう - )と名乗った時期もあった。

1990年代は山田透(一時山田くらのすけと改名)による「生実況」も人気を集めた。この時期は三重テレビ放送が、通常ニュースを含めて同社史上初めて夜のニュース番組を同時ネット。

当時のプロレスブームに乗り、スポーツニュースで無視されがちな格闘技を取り上げ毎週水曜日に格闘技特集コーナー「バトルウィークリー」を編成、当時独占契約のあった新日本プロレス全日本プロレスを除いたプロレスインディー団体UWF系、シュートボクシングキックボクシング等のマイナー格闘技を取り上げていた。

「スポーツ10ミニッツ」、「スポーツTODAYワイド」時代[編集]

1998年から放送の規模を見直し、平日は23:45 - 23:55に『スポーツ10ミニッツ』(スポーツテンミニッツ)として、週末は従来と同じ23:00スタート( - 23:45、その後土曜日は23:30 - 0:15に移動)の枠での『スポーツTODAYワイド』として放送された。

「激スポ!」、「激生!スポーツTODAY」時代[編集]

さらに2001年に週末、1年後の2002年に平日のリニューアルが行われた。

  • 平日 『激スポ!』(23:55 - 0:09。その後の日替わりエンターテインメント番組と合わせたワイドゾーン「スポパラ」の前半の番組として放送)
  • 週末 『激生!スポーツTODAY』(土曜日23:45 - 0:25、日曜日23:24 - 24:00)
    • (BSジャパンではスタートした一時期は平日サイマル放送をしていたが、その後は時差放送に変更された)

2004年3月28日 - 番組終了、21年にわたった『スポーツTODAY』のタイトルが幕を引くこととなった。この枠は2004年3月29日以降は『スポ魂(平日)、スポーツ魂(週末)』に移行することになった。

特徴[編集]

プロ野球[編集]

いわゆる巨人贔屓が、スポーツTODAYのプロ野球コーナーの特徴であった。プロ野球コーナーでは、基本的には試合結果をダイジェストで放送するものだったが、注目の1試合のみ放送室風の別室で、実況(主に山田透)・解説者付で重点報道していた。しかし、現実には巨人戦以外が放送室で「ONAIR」されることはなかった。2001年3月には、パリーグが先行開幕していたが、パリーグの開幕戦3カードは試合結果と簡潔な映像をダイジェスト版で放送し、ヤクルト巨人オープン戦が放送室で「ONAIR」されたこともあった。

放送時間[編集]

期間 月 - 金曜日 土曜日 日曜日
1983.4.9 1986.9 22:30 - 22:50(20分、木曜以外)
23:00 - 23:20(同上、木曜のみ)
22:30 - 22:55(25分)
1986.10 1990.3 23:00 - 23:20(20分)
1990.4 1994.3 23:50 - 24:10(20分) 23:00 - 23:30(30分)
1994.4 1998.3 23:55 - 24:15(20分)
1998.4 2000.3 23:45 - 23:55(10分) 23:00 - 23:45(45分)
2000.4 2001.3 23:00 - 23:45(45分) 23:30 - 24:15(45分)
2001.4 2002.3 23:30 - 24:15(45分) 22:54 - 23:35(41分)
2002.4 2002.9 23:50 - 24:04(14分)
※『スポパラ』に内包。
23:24 - 24:00(36分)
2002.10 2003.3 23:40 - 24:20(40分)
2003.4 2004.3.28 23:55 - 24:09(14分)
※『スポパラ』に内包。
23:45 - 24:25(40分)

ネット局[編集]

TXN系列[編集]

その他[編集]

末期のキャスター[編集]

平日
週末

歴代キャスター[編集]

以下、テレビ東京アナウンサー(契約含む)[編集]

過去の解説者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『遊友スポーツTODAY』を名乗った時期あり。
  2. ^ テレビ愛知契約アナ兼務。当初はテレビ愛知から中日戦のレポートを担当。その後東京のスタジオキャスターに転身
テレビ東京 平日スポーツニュース(『スポパラ』帯番組枠)
前番組 番組名 次番組
-----
スポーツTODAY
※番組名の変遷は上記参照
テレビ東京系 週末スポーツニュース
-----
スポーツTODAY
※番組名の変遷は上記参照