鈴木弘子 (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 弘子
個人情報
愛称Betty
生誕 (1964-09-28) 1964年9月28日(56歳)
日本の旗 日本東京都浅草
身長173 cm (5 ft 8 in)[1]
ウェブサイトBetty Suzuki Official Site
スポーツ
競技女子アメリカンフットボール
ポジションセンター

鈴木 弘子(すずき ひろこ、1964年9月28日 - )は、女子アメリカンフットボール選手。

愛称はBetty(ベティ)[2]ポジションはオフェンシブライン(OL)のセンター(C)。173cm・65kg(2013年時[1][3])。

2013年に所属したチームは、ロサンゼルスパシフィック・ウォリアーズ[4]2016年から選手兼チーム・オーナーに就任した[5]

2019年12月、米女子アメフトの殿堂入りを果たし、引退を表明[6]

来歴[編集]

東京浅草出身。高校時代はアーティスティックスイミングの選手として活躍[2]していた。共立女子短期大学卒業[7]

スポーツクラブインストラクターをしていた1995年、日本の女子社会人アメフトチーム「レディコング」に入る[1](自身がチームのオーナーを務めた時期もあった[8])。

2000年[9][注 1]、単身渡米し入団テストを経て、日本女子のプロ選手第1号となった。2012年シーズンはWFAサンディエゴ・サージ」に在籍し、全米制覇も経験した[10][11]

2013年2月、第2回女子世界選手権(同年6月28日7月6日 フィンランド)の米国代表(45人)に選ばれた[12]。大会前までには米国籍を取得する予定で[1]、出場すれば日本人初となるものだった。しかし、大会参加断念に至ったことが6月4日、自身のフェイスブックで明らかになった[13]。代表統括団体の「USAフットボール」が、米国代表としてプレーするために必要な市民権取得に、非協力的だったという本人談もある[14]

2016年に、所属するパシフィック・ウォリアーズで選手兼チーム・オーナーに就任[15]。3年計画で2018年にはチームを決勝に導いた[16]2019年のチーム解散後は、新リーグWNFCサンディエゴ・レバリオンに選手として移籍した。オーナーだった3年間について「一番大変だったのは人間関係。50人近い選手をまとめて行くのは本当に大変で、ストレスでしかなかった」と振り返り、「選手に専念出来る」現在については「ストレスがまったくないので、練習が楽しくて、開幕が待ち遠しい」と語った[17][18][19]

2019年末、女子アメフトの殿堂入りを機に、54歳で引退を決意。現役の幕引きについて「引退する理由が出来た」「殿堂入りで私のアメフト人生を終われるのは本当に幸せ」と述べた。12月6日ネバダ州ラスベガスで行われた記念式典では、アメリカでプレーした20年間を振り返り、感謝の言葉を口にすると、式典の会場にいた全ての人が立ち上がり、表彰された列席者の中で唯一スタンディングオベーションが起きて讃えられた[6]

所属チーム[編集]

日本の旗 日本

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 1999年という説もある。(鈴木弘子 プロフィール - ゴーヤードクラブ)
出典
  1. ^ a b c d アメフットに魅せられたなでしこ 米国代表OL鈴木弘子さん - 47NEWS「週刊TURNOVER」、2013年2月20日
  2. ^ a b 「私を魅了したアメリカンフットボール」 - SBMS、日時: 2012年5月9日(水)
  3. ^ (ひと)鈴木弘子さん アメリカンフットボール女子世界選手権の米国代表 - 朝日新聞デジタル、2013年5月6日
  4. ^ 女子アメフトの鈴木選手と小倉選手がPOで対戦予定 - アメフトNewsJapan
  5. ^ 三尾圭(スポーツフォトジャーナリスト) (2019年3月27日). “日本人初のランジェリー・フットボール選手が誕生!”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2021年1月17日閲覧。
  6. ^ a b 三尾圭(スポーツフォトジャーナリスト) (2019年12月8日). “女子アメフト界のレジェンド、ベティ鈴木が米女子アメフトの殿堂入り!”. Yahoo!ニュース. Yahoo! JAPAN. 2021年2月4日閲覧。
  7. ^ 女子アメフット日本の鈴木さんが米国代表に選出 - 毎日jp、2013年2月18日
  8. ^ ゆうゆうインタビュー 鈴木弘子 - サンディエゴゆうゆう
  9. ^ 全米制覇に挑んだ、アメフト界の“なでしこ”。 - Number Web、2011年8月21日
  10. ^ 【アメフト】48歳・鈴木、米国代表で日本人初女子W杯出場へ - スポーツ報知、2013年2月19日
  11. ^ 79 Hiroko Betty Suzuki Position OL - San Diego Surge 2012 Roster – undefeated National Champions (12-0)
  12. ^ U.S. Women's National Team selected for 2013 world championship in Finland - USA Football、2013年2月19日
  13. ^ 女子アメフトで米国代表に。鈴木弘子が歩む激動の人生。 - Number Web、2013年6月11日
  14. ^ 鈴木弘子、米国代表外れる アメフット女子 - 朝日新聞デジタル、2013年6月4日
  15. ^ 千歳香奈子(ちとせ・かなこ) (2016年5月6日). “全米女子アメフト界に鈴木弘子あり(コラム: ラララ西海岸 from LA)”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/leisure/column/la/news/1642905.html 2021年2月4日閲覧。 
  16. ^ 鈴木と濱口「絶対に勝つ」:全米制覇へ意気込む日本人2人 ─ 28日、女子スーパーボウル”. 羅府新報社 (2018年7月24日). 2021年2月4日閲覧。
  17. ^ a b c “プロ20年目へ意気込み:鈴木弘子、SDで活躍誓う ─ 女子アメフト界のレジェンド”. 羅府新報 Rafu Shimpo (羅府新報社). (2019年3月27日). https://www.rafu.com/2019/03/bettysuzuki03-27-19/ 2021年2月3日閲覧。 
  18. ^ a b プレーオフ進出へ貴重な勝利:鈴木「2連勝して決める」─ 女子プロアメフット”. 羅府新報社 (2019年5月23日). 2021年2月4日閲覧。
  19. ^ a b 鈴木弘子「最後の戦い」へ:闘志尽きるまで ─ プレーオフ進出へ、いちるの望み”. 羅府新報社 (2019年5月30日). 2021年2月4日閲覧。
  20. ^ a b c d 鈴木弘子 プロフィール - ゴーヤードクラブ
  21. ^ BETTY SUZUKI Los Angeles Pacific Warriors Football Team
  22. ^ BETTYのプロフィール - 公式ブログ
  23. ^ 地球アゴラ #200 「夢はどこまで追いかける?」
  24. ^ ノンフィクションW 鈴木弘子48歳 女子アメフト世界一への夢 〜限界なき挑戦、その真実〜
  25. ^ 1億人の大質問!?笑ってコラえて!
  26. ^ Crossroad(クロスロード)
  27. ^ エンタメ編集部 (2018年12月4日). “鈴木弘子『激レアさん』出演への反響に感謝し「これからはニコニコも心がけよう」”. ABEMA TIMES. AbemaTV. 2021年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]