シェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シェーン
Shane
Alan Ladd in Shane.jpg
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 A・B・ガスリー・Jr.英語版
原作 ジャック・シェーファー
製作 ジョージ・スティーヴンス
出演者 アラン・ラッド
ヴァン・ヘフリン
ジーン・アーサー
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ロイヤル・グリッグス
編集 ウィリアム・ホームベック
トム・マクアドゥー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年4月23日
日本の旗 1953年10月20日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 1億8175万円(日本)[1]
テンプレートを表示

シェーン』(Shane)は、1953年公開のアメリカ映画である。パラマウント映画製作・配給。監督はジョージ・スティーヴンス、主演はアラン・ラッドカラー、118分。

ジャック・シェーファーの小説の映画版。映画批評家のアンドレ・バザンは「sur-Western(新たな西部劇)」と位置づけ[2]、普及したばかりのシネマスコープで西部の風景を壮大に描き、興行的にも成功した。第26回アカデミー賞撮影賞(カラー部門)を受賞。1993年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

作品の格闘描写は、当時では画期的な、暴力的で激しいものであり、発表当時は、その描写が話題となった[3]

あらすじ[編集]

南北戦争後のワイオミング州の西部に広がる高原、グランドティートン山が前にそびえ立っているジョンソン郡の開拓地では、牧畜業者と農民との間で、いがみ合いが続いていた。南北戦争後に政府は西部開拓を積極的に進めるために、入植した農民が5年間耕作すると無償で一定の土地が得られる法律[4]が作られて、農民が新しい土地に開墾に入るとそこに牧場主がいて、各地で争いが生じていた。

この土地では従来からの権利を主張する牧畜業者のライカー(エミール・メイヤー)一家と開拓者たちが対立していた。開拓者が来る前に、先住民族と戦い、この土地を今日の様にしたのは自分達だとライカーは主張していたのだ。ある日、この土地にやってきた流れ者のシェーン(アラン・ラッド)は、ある開拓者の住まいに辿り着き、飲み水をわけてもらう。開拓者の主のジョー・スターレット(ヴァン・ヘフリン)から「ライカーの仲間か」と聞かれるが、そこへライカー一家がやってきて従来の主張を繰り返す。シェーンはジョーに加勢しライカー一家を追い返す。ジョーはシェーンを夕食へ招待し、夕食をおごられたシェーンは、作業を手伝いこの家に留まる決心をする。

やがて息子のジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)と仲良くなり、そしてジョーやその息子ジョーイと友情を結ぶシェーンだった。ジョーの妻マリアン(ジーン・アーサー)は彼に惹かれ、またシェーンも彼女に惹かれてゆく。そして農民たちとも親しくなっていった。

シェーンはジョーの遣いで針金を街に受取に行き、自身の作業服も買おうとするが、酒場でライカーの手下に侮辱を受ける。実力を出せばと思うも、この土地に定着する決心をしたシェーンは甘んじて侮辱を受け流す。

しかし、シェーンが腰抜けと言う噂が流れたため、シェーンは次に開拓者達と街に行った際に、逆にライカー一家に喧嘩を売り、ジョーもシェーンに力を貸して、ライカー一家を叩きのめしてしまう。

ここで、シェーンとジョーとの殴り合いに敗れたライカー一家はシャイアンに遣いを送り、殺し屋のウィルスン(ジャック・パランス)を雇う。力ずくで農民たちを追い出す魂胆であった。殺し屋ウィルスンは開拓農民の一人トーレーを挑発し、トーレーが銃に手をかけたとたんに早撃ちの1発で殺害する。その暴虐に農民達は恐れて立ち去ろうとする者がいる一方で、ジョー・スターレットは立ち向かうことを主張した。そして、この抗争に終止符を打つため、ライカーがジョーに話し合おうと呼びかけたことで、ジョーは単独でライカーに会いに行こうとするのだったが、シェーンは罠だと諌めて力ずくで止め、一人でライカー一家に立ち向かう。

シェーンは酒場でライカーやウィルスンを、「0.5秒」(公開時のうたい文句だが、その後にフィルムの分析では0.3秒と判明)の早撃ちで倒した。そして、2階から彼を狙い撃とうとしたライカーの弟は、ジョーイのとっさの掛け声で、シェーンに返り討ちにされる。しかし、シェーンもまた脇腹を撃たれていた。彼が家に来てから彼を慕い、憧れていたジョーイは犬とともに酒場まで追いかけてきたのだった。傷ついた身体を心配して一緒に家に帰ろうと呼びかけるジョーイに、シェーンは「人を殺してしまえば、もう元には戻れない」と言って、馬に跨りワイオミングの山へと去っていった。必死に呼びかけるジョーイの声はやがて「シェーン!! カムバック!!」と山にこだまするのであった。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ旧版 日本テレビ新版 テレビ朝日 テレビ東京 スター・チャンネル PDDVD
シェーン アラン・ラッド 石田太郎 中田浩二 佐々木功 山寺宏一 大塚智則
マリアン・スターレット ジーン・アーサー 中西妙子 池田昌子 日高のり子 並木のり子
ジョー・スターレット ヴァン・ヘフリン 下川辰平 小林昭二 田中信夫 高木渉 矢嶋俊作
ジョーイ・スターレット ブランドン・デ・ワイルド英語版 伊東永昌 松田辰也 大友大輔 二宮慶多 渡辺つばさ
ルーフ・ライカー エミール・メイヤー英語版 小松方正 大塚周夫 土師孝也 柴田秀勝
ジャック・ウィルスン ジャック・パランス 小林清志 小林清志 麦人 谷田歩 木村裕二
クリス・キャロウェイ ベン・ジョンソン 小林勝彦 若本規夫 花輪英司 合田慎二郎
フレッド・ルイス エドガー・ブキャナン英語版 相模太郎 藤本譲 秋元羊介 平林正
フランク・トーリー エリシャ・クック・Jr 園田裕久 千田光男 荻野晴朗 西孝貴
アクセル・シップステッド ダグラス・スペンサー英語版 保科三良 納谷六朗 小倉直寛
モーガン・ライカー ジョン・ディークス英語版 北山年夫 中庸助 関貴昭 真田雅隆
サム・グラフトン ポール・マクヴィ 上田敏也 村松康雄 宝亀克寿 安芸此葉
日本語版制作スタッフ
演出 小林守夫 伊達康将 清水洋史 椿淳
翻訳 木原たけし 岸田恵子
調整 小野敦志 オムニバス・ジャパン 恵比須弘和
効果 リレーション
制作 東北新社 テレビ東京
東北新社
東北新社 高砂商事
(CROSS-GATE)
  • 日本テレビ旧版 - 初回放送1974年4月3日21:00-22:55『水曜ロードショー[5]
  • 日本テレビ新版 - 初回放送1976年10月6日21:00-23:24『水曜ロードショー』
  • テレビ朝日版 - 初回放送1979年1月14日21:00-22:54『日曜洋画劇場
  • テレビ東京版 - 初回放送1990年10月11日21:03-23:24『木曜洋画劇場
  • スター・チャンネル版 - 初回放送2016年8月11日21:00-23:00[6]
  • 主題曲『遙かなる山の呼び声』(The Call for Far-away Hills、作曲:ビクター・ヤング、歌:ドロレス・グレイ)

受賞・ランキング[編集]

受賞・ノミネート

ランキング

DVD[編集]

日本では東北新社が配給権を持つことから、東北新社が正規盤DVD-Videoを発売すべきところ、パラマウント社が頒布権に異議を唱えたことから、どちらがDVDを出すかが決まらないために、日本では長らく正規盤DVDが発売されてこなかった(VHSはCIC・ビクタービデオ(法人としては現在のパラマウント・ジャパン)から発売されたことがある)。

2013年9月にパラマウント・ジャパンからBlu-ray Discの発売が予定されており(品番:PBH-137042)、各種通販サイトでも予約が行われたが、諸事情により直前になって発売が中止された。[8]

現在も東北新社が配給権を保持しており、2016年にリマスター版が日本で公開された際も東北新社が配給をした。

2018年9月に株式会社ディスク・ロードの復刻シネマライブラリーから正規盤DVDとBlu-ray Discが発売。[9][10]

日本においては、1953年昭和28年)公開の団体名義の映画作品は『2003年平成15年)12月31日著作権の保護期間が終了したもの』と考えられたことから、幾つかの会社から『格安DVD』としてリリースされた。しかし、東北新社とパラマウント社は著作権存続を主張した。2007年(平成19年)12月18日に、最高裁判所で「著作権法による著作権の保護期間が終了した」と確定判決を下したことで「シェーンの著作権は消滅した」ということが、裁判を通じて公に認められた。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924→2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.105
  2. ^ シェーン、日本大百科全書、コトバンク、2015年12月13日閲覧
  3. ^ 紀田順一郎『昭和キネマ館』、小学館を参照
  4. ^ 1862年成立の「ホームステッド法」。
  5. ^ 放送枠が21:30 - 22:55から21:00 - 22:55に拡大された初回。
  6. ^ シェーン[新録・完全吹替版]”. スター・チャンネル. 2016年6月19日閲覧。
  7. ^ 「オールタイム・ベスト 映画遺産200」全ランキング公開キネマ旬報映画データベース、2015年5月31日閲覧 インターネットアーカイブ
  8. ^ セルブルーレイ商品『シェーン』発売中止のご案内”. パラマウント映画. 2018年8月16日閲覧。
  9. ^ シェーン HDリマスター [Blu-ray]”. Amazon.com. 2018年8月16日閲覧。
  10. ^ シェーン HDリマスター [DVD]”. Amazon.com. 2018年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]