シェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェーン
Shane
Alan Ladd in Shane.jpg
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 A・B・ガスリー・Jr.英語版
原作 ジャック・シェーファー
製作 ジョージ・スティーヴンス
出演者 アラン・ラッド
ヴァン・ヘフリン
ジーン・アーサー
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ロイヤル・グリグス英語版
編集 ウィリアム・ホームベック
トム・マクアドゥー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年4月23日
日本の旗 1953年10月20日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
配給収入 1億8,175万円(日本)[1]
テンプレートを表示

シェーン』(Shane)は、1953年公開のアメリカ映画である。パラマウント映画製作・配給。監督はジョージ・スティーヴンス、主演はアラン・ラッドカラー、118分。

ジャック・シェーファーの小説の映画版。映画批評家のアンドレ・バザンは「sur-Western(新たな西部劇)」と位置づけ[2]、普及したばかりのシネマスコープで西部の風景を壮大に描き、興行的にも成功した。第26回アカデミー賞撮影賞(カラー部門)を受賞。1993年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

あらすじ[編集]

ワイオミング州の西部に広がる高原、グランドティートン山が前にそびえ立っているジョンソン郡の開拓地では、牧畜業者と農民との間でいがみ合いが続いていた。南北戦争後に政府は西部開拓を積極的に進めるために、入植した農民が5年間耕作すると無償で一定の土地が得られる法律[3]が作られて、農民が新しい土地に開墾に入るとそこに牧場主がいて、各地で争いが生じていた。

この土地では悪徳牧畜業者のライカー(エミール・メイヤー)一味の暴虐に農民たちが苦しめられていた。ある日、この土地にやってきた流れ者のシェーン(アラン・ラッド )は、ある農家に辿り着き、ジョー・スターレット(ヴァン・ヘフリン )から「ライカーの仲間か」と聞かれるが、やがて息子のジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)と仲良くなり、この家に留まる。そしてジョーやその息子ジョーイと友情を結ぶシェーンだったが、ジョーの妻マリアン(ジーン・アーサー )は彼に惹かれ、またシェーンも彼女に惹かれてゆく。そして農民たちとも親しくなっていった。

やがてライカーらの暴力はエスカレートし、ライカーは殺し屋のウィルソン(ジャック・パランス )を雇う。力づくで農民たちを追い出す魂胆であった。殺し屋ウイルソンは開拓農民の一人トーレーを挑発して1発で殺害するが、その暴虐に農民達は結束して立ち向かうことを決意する。そしてこの抗争に終止符を打つため、ライカーがジョーに話し合おうと呼びかけたことで、ジョーは単独でライカーに会いに行こうとするのだったが、シェーンは罠だと諌めて力ずくで止め、一人でライカー一味に立ち向かう。

シェーンは酒場でライカーやウィルソンを、「0.6秒」の早撃ちで倒した。そして2階から彼を狙い撃とうとしたライカーの弟は、ジョーイのとっさの掛け声で、シェーンに返り討ちにされる。しかしシェーンもまた脇腹を撃たれていた。彼が家に来てから彼を慕い、憧れていたジョーイは犬とともに酒場まで追いかけてきたのだった。 傷ついた身体を心配して一緒に家に帰ろうと呼びかけるジョーイに、シェーンはもう戻れないと言って、馬に跨りワイオミングの山へと去っていった。必死に呼びかけるジョーイの声はやがて「シェーン!!カムバック!!」と山にこだまするのであった。

シェーン死亡説[編集]

この映画を紹介する際、一般的には「少年に見送られて馬で去った」とされることの多いラストシーンだが、「この時の馬上のシェーンは実はすでに死んでいる」という解釈が存在している。その根拠は以下の通りである。

  • 決闘の撃ち合い中、シェーンが撃たれていること。
  • ジョーイの必死の叫びにまったく反応しなかったこと。
  • 走り去ったシェーンの片手が力なく伸びていること。
  • ラストシーンでシェーンがいる場所が墓場であること。

ただし、墓場を通るシーンの映像(僅か数秒ではあるが)を見る限りでは、シェーンは馬上でしっかりと体を起こして手綱を取り、馬の歩行に合わせてバランスを取る動作をしているため、死んでいるとは解釈し辛い。なお、原作小説は成長したジョーイ少年(作中の「私」)が、風の便りでシェーンが死んだと伝え聞くところで終わる(つまりライカー一味との決闘で死んだ訳ではない)。映画『交渉人』には、登場人物がこのラストのシェーンの生死について議論するシーンがある。

キャスト[編集]

日本語吹替え
役名 俳優 日本語吹替
日テレ版 テレ朝版 テレ東版 PDDVD
シェーン アラン・ラッド 石田太郎 中田浩二 佐々木功 大塚智則
マリアン・スターレット ジーン・アーサー 中西妙子 池田昌子 並木のり子
ジョー・スターレット ヴァン・ヘフリン 下川辰平 小林昭二 田中信夫 矢嶋俊作
ジョーイ・スターレット ブランドン・デ・ワイルド 伊東永昌 松田辰也 大友大輔 渡辺つばさ
ルーフ・ライカー エミール・メイヤー 小松方正 大塚周夫 柴田秀勝
ウィルスン ジャック・パランス 小林清志 麦人 木村裕二
日本語版制作スタッフ
演出 小林守夫 伊達康将 椿淳
翻訳 木原たけし
調整 小野敦志 恵比須弘和
効果 リレーション
制作 東北新社 テレビ東京
東北新社
高砂商事
(CROSS-GATE)
  • 主題曲『遙かなる山の呼び声』(The Call for Far-away Hills、作曲:ビクター・ヤング、歌:ドロレス・グレイ)

エピソード[編集]

  • この作品の格闘描写は、当時では画期的な暴力的で激しいものであり、発表当時はその描写が話題となった[4]

受賞・ランキング[編集]

受賞・ノミネート

ランキング

DVD[編集]

日本では東北新社が配給権を持つことから、東北新社が正規版DVDを発売すべきところ、パラマウント社が異議を唱えたことから、どちらがDVDを出すかが決まらないため、日本では正規版DVDが発売されていない(VHSはCIC・ビクタービデオ(法人としては現在のパラマウント ジャパン)から発売されたことがある)。

日本においては、1953年の作品は『2003年12月31日著作権の保護期間が終了したもの』と考えられたことから、幾つかの会社から格安DVDとしてリリースされた。しかし、東北新社とパラマウント社は著作権存続を主張した。2007年12月18日に最高裁で著作権保護期間終了の確定判決が下りたことで「シェーンの著作権は消滅した」と言う事が公に認められた。詳細は1953年問題を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924→2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.105
  2. ^ シェーン、日本大百科全書、コトバンク、2015年12月13日閲覧
  3. ^ 1862年成立の「ホームステッド法」。
  4. ^ 紀田順一郎『昭和キネマ館』、小学館を参照
  5. ^ 「オールタイム・ベスト 映画遺産200」全ランキング公開キネマ旬報映画データベース、2015年5月31日閲覧 インターネット・アーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]