日立フローラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日立フローラ 270GX NW2

フローラ: FLORA)は、日立製作所が製造、販売していた、ビジネス向けパーソナルコンピュータである。

概要[編集]

1991年、日立は従来の企業向け製品であったB16/B32シリーズの販売を終了し、PC/AT互換機に日本語機能を追加したAX規格に準拠したパソコン、「フローラ」を発表した。バブル崩壊し始めの当時、従来の大型汎用コンピュータによる集中処理から端末側での分散処理への移行、ダウンサイジング化の動向に合わせ、クライアントサーバモデルによるネットワーク処理システムを提案した。

1993年には DOS/V ならびに Windows 3.1 対応に変更され、一般的なPC/AT互換機となった。1994年にはコンシューマモデルがラインナップされ、1995年にコンシューマブランドPX(後の FLORA Prius)が登場、1999年に独自ブランドとして分離した。1997年に、液晶ディスプレイをキーパーツとした一体型、スリムタワー型を主力ラインナップとし、パソコンの省スペース、省エネを提案。後のパソコンの潮流をいち早く採用した。 1998年には、高速なマルチメディア対応のオペレーティングシステムとして注目されていた BeOS を搭載したモデルを発表、秋葉原などの一部店舗などを中心に販売した。

2005年には、当時施行された個人情報保護法に対応した、ハードディスクなどの大容量記憶装置を除去、オフィスのサーバに保管、仮装ドライブとして利用するセキュリティPC(FLORA Se シリーズ)を発売した。このPCにはUSBポートなどがあるが、外付け外部記憶装置及び外部出力装置は一切使用できない。オペレーティングシステムは Windows XP Embedded を採用している。なお、USBポートには KeyMobile という認証キーを差さないと認証が通過しない仕組みになっている[1]。その他、指静脈認証装置、USBハンドフォンのみが動作対象保証とされている[2]

2005年、Microsoft Office Professional Edition 2003 および Microsoft Office Standard Edition 2003 を、マイクロソフトオープンライセンスエクスプレスとして提供が開始された。これは事前にマイクロソフトへの登録を事前に行うことにより、ライセンスの提供、インストール、ディスクキットの提供を実施するサービスである。従来のプレインストール品とは違い、ライセンス製品のため、機器を新しくした際でもライセンスが使用できる、ディスクキットがあればダウングレード権の行使ができるなどのメリットがある。しかし企業向けPC事業は赤字が続いていたことから、2003年辺りの一部のノートはシャープOEMであった。

2007年3月、ヒューレット・パッカードと業務提携を結び、「ビジネス用PC(HP社製)」を販売した。これにより、自社でのビジネス用PCの製造は中止し、FLORA としてのブランドは終了した[1][2]。ただし、前述の FLORA Se シリーズ(セキュリティPC)と、FLORA bd シリーズ(クライアントブレード)は製造販売を行っていたが、2017年3月にかけていずれも製造および出荷を終了した。

2007年8月には、コンシューマ向けモデルであった FLORA Prius の製造が終了され、10月に同社はPC部門からの撤退を宣言した。

ラインアップ[編集]

現在では各モデルとも3年保証と1年保証のものがある。3年保証のシリーズには「W」が付加される。例えば FLORA 310 の3年保証であれば FLORA 310W となる。

ただし、現在の FLORA シリーズでは全てに「W」がつくようになった。3年保証の場合は PC8 から型式が始まり、1年保証の場合は PC4 から型式が始まるように変更された(3年保証製品には「W」をかたどったマークに「WARRANTY」と書かれた銀色のシールが貼付されている)。

  • ノートモデル
    • A4オールインワン(FLORA270 シリーズ)
    • B5モバイル(FLORA250 シリーズ、220 シリーズ(シャープのOEM)(220 シリーズは現在販売されていない))
    • B5軽量型(FLORA210 シリーズ)
  • デスクトップモデル
    • 液晶一体型(FLORA310 シリーズ)
    • スリムタワー型(FLORA330 シリーズ、350 シリーズ)
  • セキュリティPC(FLORA Se シリーズ)
    • 液晶一体型(FLORA310 Se シリーズ)
    • スリムタワー型(FLORA330 Se シリーズ)
    • ノート型(FLORA210 Se シリーズ)
    • クライアントHDD用 ブレードサーバ(FLORA bd シリーズ)

従来モデル[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]