大宮守人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大宮 守人(おおみや もりと、1919年[1] - 2000年4月29日)は、ラーメン店『味の三平』初代店主。

札幌味噌ラーメンの創始者。

人物[編集]

北海道旭川市出身[2]。戦前・戦中は南満州鉄道に運転士として勤務した[3][4][5]1948年(昭和23年)より札幌で屋台を始め、つぶ貝とうどんを出す店を営んだ[4][6]。隣に、後に有名なラーメン店『龍鳳』を出す松田勘七が、ラーメンの屋台を出して繁盛していた[4][6]。松田の薦めもあり、大宮も松田の店での修業を経て[4]1950年(昭和25年)より、札幌市中央区南7条西3丁目のすすきのに、『味の三平』というラーメン店を始める[7][8]。13席のカウンターの席である。同じ敷地に同じ頃、松田も『龍鳳』を始める[7]

その後大宮は、雑誌『リーダーズ・ダイジェスト』に掲載された、スイスの食品メーカー・マギー社の社長の文章を目にして衝撃を受ける[3][9][10]。内容は味噌の効用を高く評価し、日本人はもっとこれを料理に活用するべき、と述べたたもので、それ以来、大宮は味噌を用いたラーメンの開発に従事することとなる[3][9][10]。日本各地から味噌を取り寄せたり[10]、試作品を常連客に出して意見を聴くなど試行錯誤を重ねた末[9][10]1955年(昭和30年)に「味噌ラーメン」の開発に成功する[9][10]。同年、雑誌『暮らしの手帖』で、同誌編集長の花森安治が『味の三平』を紹介したことから、店の知名度は全国的となり、さらに繁盛することとなる[9][11]。なお、特別メニューの豚汁を客の要望でラーメンに入れた際に客が大満足だったということにヒントを得たという情報が流布しているが、大宮の息子の現『味の三平』店主は否定する[12]。また、大宮が味噌ラーメンを正式に店のメニューに載せたのは、1963年(昭和38年)のことで、これは旧友で大通の「熊さんラーメン」の店主であった大熊勝信の薦めによるものである[9]

後に、味噌ラーメンは、『味の三平』以外のラーメン店でも出されるようになり『札幌ラーメン』の定番となり、『ラーメン』の主要なジャンルとなる。その後も、味噌ラーメンの元祖であり札幌ラーメンのカリスマとして『味の三平』は有名となる。

2000年4月29日死去する。81歳であった。『味の三平』は、札幌市中央区南1条西3丁目にて現在も営業を続けている[13]

なお、2001年1月24日日本テレビの『知ってるつもり?!』で、『札幌ラーメン物語』が放送され、最重要人物として大宮守人が登場する[5]

大宮守人と味噌ラーメン[編集]

味噌ラーメンとは、味噌汁にラーメンを入れたのでなく、豚骨などでとった出汁にラーメンに合う味噌を厳選し、各ラーメン店の工夫を凝らした一品料理である。隠し味にニンニクを入れている。大宮守人は、味噌ラーメン開発の際に縮れ麺 を採用したとされ[14]、具材には栄養のバランスを考えて、長ネギ、玉ネギ、モヤシ、キャベツなどを使用した[7]。さらに、味噌味の場合はチャーシューの代わりに挽肉を用いた[9]。これらのスタイルが、札幌ラーメンの基本形の一つとなっている[9]。また、それまでのラーメン屋が、麺を茹でる際に燃料として専ら木炭を用いていたのに対し、大宮は機関士時代の経験から石炭を使用することを思い立ち、短時間で効果的に茹でる方法を生み出した[7]

中国では、味噌ラーメンに類似した『担担麺』があり、甜麺醤芝麻醤および豆板醤で作られたタレが、麺にかけられるたり汁に入れられたりするような料理も普及している。だが、その多くは汁が少なく、味も日本人好みであるとは限らず、大宮守人の『味噌ラーメン』開発までは、日本では『味噌ラーメン』のようなラーメンは普及しなかった。 日本人の好みにあった『味噌ラーメン』の開発ということで、大宮守人の日本でのラーメン史での貢献は、大きい。

脚注[編集]

  1. ^ 『続ほっかいどう百年物語』、285頁。
  2. ^ 『続ほっかいどう百年物語』、294頁。
  3. ^ a b c 『続ほっかいどう百年物語』、292頁。
  4. ^ a b c d 富岡、31 - 33頁。
  5. ^ a b 次回の知ってるつもり・札幌ラーメン物語 - 日本テレビ
  6. ^ a b 『続ほっかいどう百年物語』、290頁。
  7. ^ a b c d 富岡、35 - 37頁。
  8. ^ 『続ほっかいどう百年物語』、290-291頁。
  9. ^ a b c d e f g h 富岡、48 - 53頁。
  10. ^ a b c d e 朝日新聞北海道版』1969年6月1日。
  11. ^ 『続ほっかいどう百年物語』、293-294頁。
  12. ^ 味の三平ホームページ - 店主のないしょ話・都市伝説
  13. ^ 味の三平ホームページ
  14. ^ 味の三平ホームページ - 店主のないしょ話・縮れ麺

参考資料[編集]

外部リンク[編集]