津村重舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津村重舎(初代)の肖像写真

津村 重舎(つむら じゅうしゃ、1871年8月20日明治4年7月5日) - 1941年昭和16年)4月28日)は日本の実業家大和国奈良県)出身。1893年(明治26年)に中将湯本舗津村順天堂(現・ツムラ及びバスクリンの前身)を創業した。1925年(大正14年)から1936年(昭和11年)まで貴族院議員を務めた。

経歴[編集]

設立に関与した企業[編集]

その他関与した企業等[編集]

その他[編集]

  • ツムラ2代目社長も津村重舎(2代目重舎襲名前の名は基太郎)である。
  • 実の兄、山田安民は信天堂山田安民薬房(現・ロート製薬の前身)の創業者。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ツムラ 会社案内 歴史
  2. ^ 許金生,立命館経済学,第54巻,第3号,p382-397,2005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]