西山孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西山 孝之(にしやま たかゆき、1930年 - 1987)は、札幌ラーメンの麺の製造者。西山製麺の創業者。

人物[編集]

富山県八尾町出身。従兄弟の西山仙治が1947年(昭和22年)に開業していた『だるま軒』の麺製造に、1950年(昭和25年)4月より従事する[1][2]。他のラーメン店にも、麺について人気が出てきて、西山孝之が1953年(昭和28年)8月に『西山製麺』を設立する[2]

1955年(昭和30年)1月に、卵入り多加水熟成製法を採用し、コシが強い札幌ラーメンの麺として定着する『縮れ麺』を開発する。大宮守人が経営する『味の三平』で、味噌ラーメンにあった麺ということもあり始めに採用され、後に札幌ラーメンの麺として定着することとなる。

1963年(昭和38年)12月に、会社組織として西山製麺株式会社を設立する。1965年(昭和40年)1月に、西山製麺の本州のラーメン店にも出荷を始める。その後も、着実に株式会社を経営する。

関連項目[編集]

脚注[編集]