気泡緩衝材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
気泡緩衝材
使用例

気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)は、梱包等に使用される緩衝材の1つ。様々な呼称や商標については後述

歴史[編集]

アメリカエアープロダクツ社がプールシート用に製造したのが始まり。

1957年、2人の技術者(アルフレッド・フィールディング、マーク・カヴァネス)が偶然から発明したものである。2人は簡単に清掃できる壁紙を作ろうと考え、紙の上に布地の模様をつけたビニールをかぶせた壁紙を開発しようとしたが、その際に誤ってビニールに気泡ができてしまったことから気泡緩衝材が誕生した。2人はシールド・エア・コーポレーション (Sealed Air Corporation) を1960年に設立しており、「Bubble Wrap」はこの会社の登録商標になっている。

構造[編集]

2枚のポリエチレンシートから成り、一方のシートを成型した円柱状の突起の中に空気を閉じ込め、その空気圧で緩衝材の機能を実現している。現在は様々なタイプのものがある。

通常、突起部の方を内側にして商品を包むが、メーカーによるとどちらでもいいとのこと。

商標と製造企業[編集]

メーカーによって「エアキャップ」「プチプチ」「ミナパック」「エアパッキン」「エアクッション」「エアマット」「キャプロン」「エアーバック」等の商標が、一般名称のように使われている。

エアーキャップ
酒井化学工業株式会社の登録商標(登録番号 第2703891号)
プチプチ
川上産業株式会社の登録商標(登録番号 第2622392号)
ミナパック
酒井化学工業株式会社の登録商標(登録番号 第4355138号)
キャプロン
株式会社ジェイエスピーの登録商標(出願番号 商願2006-29699)
エコロガード
もりや産業株式会社
エアセルマット
株式会社和泉
サンマット
北海道サンプラス株式会社

プチプチの日[編集]

上述した「プチプチ」の商標権を保有している川上産業が2000年に定めた記念日で、毎年8月8日である。突起を2つ合わせた姿がアラビア数字の8を連想させることや、突起を潰す時の音「パチパチ」と「88」(「パチパチ」と読める)の語呂合わせから定められた。

遊び[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]