タイムCM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タイムCMとは、放送広告の一種で、放送番組中に挟んで放送されるコマーシャルメッセージ[1]。番組枠と一体のものとして扱われるコマーシャル枠、およびその枠内で流されるコマーシャル。番組提供スポンサーのコマーシャル。番組CMともいう[1]

タイムCMの特徴[編集]

タイムCMは、スポットCMの対語である。スポットCMが番組とは無関係に流されるのに対して、タイムCMはどの番組内で流されるかがあらかじめ決まっている。

タイムCMには、「番組がわかっているため、視聴者層もだいたいわかっており、その層を狙っての広告を打つことができる」「提供スポンサーとして番組の内容に対して発言権を持つ場合もある」「前後に提供スポンサーの紹介枠(提供クレジット枠)があり、15秒単位で流されるCM以外にも企業名などの露出効果がある」などのメリットがある。ただし、番組内容によっては広告料が割高になる場合もある。

企業がどのような番組を提供しているかは、企業の評判にも影響を及ぼす。視聴率がよければ広告効果があるとは限らず、俗悪番組と名指しをされることで企業イメージのダウンにつながったという事例もある。

以前はもっぱら「企業名」が露出されていたが、2000年頃から「商品名」が露出されることも多くなってきている。また、長時間番組の場合には、30分ないし60分の枠で提供スポンサーが切り替わっていくことも珍しくなくなってきており(しかもそのジャンクション部分に提供スポンサーではない会社のスポットCMが割り込むことも多く)、企業と番組との関係はわかりにくくなりつつある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 井徳正吾、松井陽通『マーケティングコミュニケーション』すばる舎、2013年、107頁

関連項目[編集]