月の輝く夜だから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月の輝く夜だから
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1997年7月1日 - 9月16日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 中江功
林徹
水田成英
脚本 橋部敦子
プロデューサー 小林義和
出演者 江角マキコ
岸谷五朗
木村佳乃
上川隆也
井上晴美
金田明夫
鰐淵晴子
エンディング エレファントカシマシ今宵の月のように
テンプレートを表示

月の輝く夜だから(つきのかがやくよるだから)は、1997年7月1日9月16日フジテレビ系で放送されていた日本テレビドラマ。全12回。

あらすじ[編集]

生命保険会社に勤めるOLの十喜子(江角マキコ)は、同僚の社員でエリートの拓郎(上川隆也)にプロポーズを受け幸せの最中にいた。そんな折、十喜子の父である一太郎が営むラーメン屋「一兆」で信(しん)(岸谷五朗)が住み込みで働くこととなる。信は実直な男であるが寡黙であり、ワケありのようである。ストーリーの進行とともに十喜子の中に信の存在が強くなってゆく…。

一太郎の突然の死とともに一度は里中家を離れ、ビルの工事現場で働いていた信だが、一太郎の子千太郎(実は一太郎の子ではなかったのだが)の面倒を良く見る信を信じた十喜子は、信を里中家に呼び戻し、ラーメン屋「一兆」の営業を信に任せる。一方、十喜子の妹百香(木村佳乃)は昔付き合っていた男とドラッグを売買していた過去があった。百香は男に再び「手伝ってくれ」と頼まれる。そして断る百香は「姉にばらす」と脅される。異変に気づいた信は百香が連れ去られるところで窮地を救う。また、ひょんなことから昔の母親の手紙を見つけ一太郎の実の子でないことを知ってしまった百香は、毎晩ディスコに通い朝帰りするようになる。見かねた信はある朝、百香にバケツの水をかぶせ「目を覚ましてもらいます!」と言って百香を立ち直らせる。そんな経緯から百香は信に惹かれていく。そして百香は信にラーメンを教えて欲しいと願い出る。一方、拓郎は城南営業所長への栄転が決まる。だが、栄転そうそうフタバ・レディにお金を持ち逃げされてしまう。落ち込む拓郎だが、十喜子は信の病気の介抱や百香の問題、千太郎の実の母親(松田美由紀)が現れ、十喜子の目の前で千太郎が無理矢理連れ去られるなど家のごたごたから、拓郎に会いに行くことが出来ずにいた。そしていつの間にか二人の間には溝ができ始める。

里中家での信の働きに感心した十喜子は次第に信に心を寄せていくようになるが、実は信は元ヤクザで堅気になったのだった。しかし、これを許せないと組の者が絡んできて、百香がヤクザによって大怪我をさせられてしまう。百香にラーメンを教え「一兆」を去る決心をした信だったが、組の者は「一兆」を「すきにさせてもらう」と言って信を脅す。一方十喜子は拓郎との結婚ができないと告白する。そして十喜子は自ら信に「好きです。」と告白するのだった。信は決心してヤクザと決着をつけようとする。そして傷だらけになって「一兆」に帰った信を十喜子は「お帰りなさい。」と言って迎えるのだった。

キャスト[編集]

里中十喜子(江角マキコ) 
生命保険会社のOL
門倉信(岸谷五朗) 
元ヤクザ
里中百香(木村佳乃) 
十喜子の妹、フリーター
池田拓郎(上川隆也) 
十喜子の同僚で、婚約者
山野ユリ(井上晴美) 
十喜子の同僚、魔性の女?
長部部長(金田明夫) 
十喜子の上司
池田光子(鰐淵晴子
山本佳代子(松田美由紀
池田善郎(清水章吾
千太郎(子役)
里中一太郎(室田日出男) 
十喜子の父、ラーメン屋「一兆」を経営

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 満月の夜は何かが起きる  
  2. 涙の伝言ノート
  3. そばにいてほしい…  
  4. 消せない過去…  
  5. あなたが必要です
  6. ずっと一緒にいたかった…  
  7. 愛して欲しい…  
  8. 守れなかった約束
  9. 離れて生きる運命  
  10. さようなら…  
  11. 想いを心に秘めて
  12. 何かが起きる…赤い満月の夜
フジテレビ 火曜21時台(連続ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
総理と呼ばないで
(1997.4.8 - 1997.6.17)
月の輝く夜だから
(1997.7.1 - 1997.9.16)
ナースのお仕事2
(1997.10.14 - 1997.12.23)