なかよし (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかよし
ジャンル テレビドラマ
脚本 山内久
演出 森川時久
出演者 倍賞千恵子
栗原小巻
佐藤オリエ
山本圭
ほか
オープニング 「誰かが呼んでいる」
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1967年12月5日 - 1968年3月26日
放送時間 火曜 21:00 - 21:30
放送枠 フジテレビ火曜9時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 16

なかよし』は、1967年12月5日から1968年3月26日までフジテレビ系列で放送されていたフジテレビ製作のテレビドラマである。三菱鉛筆の一社提供。全16回。放送時間は毎週火曜 21:00 - 21:30 (日本標準時)。

概要[編集]

輝子、靖江、はるみ、慎治の4人の青春物語を主体とする連続ドラマシリーズ。

1966年に同系列局で放送されていた『若者たち』から引き続き、佐藤オリエ山本圭と松山省二(後の松山政路)の3人が出演していた。また、同作品の演出を手掛けていた森川時久も本作のクレジットに名を連ねている。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「誰かが呼んでいる」
作詞:立原りゅう / 作曲:佐藤勝 / 歌:倍賞千恵子

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 火曜21:00枠
三菱鉛筆一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
市子と令子(第1シリーズ)
(1967年10月3日 - 1967年11月28日)
なかよし
(1967年12月5日 - 1968年3月26日)
良縁奇縁
(1968年4月2日 - 1968年9月10日)