殴る女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
殴る女
ジャンル ドラマ
放送時間 火曜21:00 - 21:54
放送期間 1998年10月13日 - 12月15日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
脚本 田渕久美子
出演者 和久井映見
吹越満
石黒賢
東幹久
小野武彦
天海祐希
エンディング Mr.Children終わりなき旅
テンプレートを表示

殴る女』(なぐるおんな)は、フジテレビ系列で1998年10月13日 - 12月15日に放送されたテレビドラマ。主題歌の「終わりなき旅」はミリオンセラーとなった。

ストーリー[編集]

婚約者もおり、普通に生活を送っていた普通のOL芳村香は、突如会社からリストラされてしまう。ハローワークで紹介された職場はボクシングジムだった。ボクシングジムとは知らず就職した香は、早く辞めようと思案する。

そこで香が出会ったのは、少し奇妙なロートルボクサー澤田亮平だった。澤田は一流大学を出、一流企業に勤めていた順風満帆な日々を捨て、ボクサーになった偏屈者だった。婚約者からプロポーズを受けた香だったが、引退の年齢も近く、日々負けつづけてもなおボクサーであることを辞めない澤田との出会いが、香の人生を徐々に変えていく。

キャスト[編集]

芳村香:和久井映見
「自分のいるべき場所」を求める主人公。格闘技は野蛮だと毛嫌いしていたが8年在籍した企業にリストラされ、人事部長には名前も覚えてもらえていなかったことにショックを受け、やむなくボクシングジムで経理係として働くことになる。のちにトレーナー。
澤田亮平:吹越満
順風満帆な人生を捨てボクシングをする変わり者。ボクシングを続けるには実は理由がある。長らくロートルであるため対戦相手が見つからなかった。
早坂圭介:石黒賢
香の婚約者。香には理解のあるところを見せるが、澤田の存在に実は心中穏やかではない。
元木徹:東幹久
優秀なトレーナー。パラダイスジムの経営不振を機にジムを移籍、金城を日本チャンピオンに育て上げる。
白石ルミ子:梅宮万紗子
パラダイスジムそばにある、飲食店のスタッフ。
堀井恭子:天田貴子
香の元後輩。香の恋の行方を面白がっている。
金城勇二:RIKIYA
上昇志向の高いボクサー。元木と共にパラダイスジムを離れ、日本チャンピオンになる。
天野肇:小野武彦
パラダイスジム会長。経営の苦しいジムを切り盛りしている。かなり軽い性格。
立花蓉子:天海祐希
香が憧れるキャリアウーマン。痒い所に手が届く香の仕事ぶりに厚い信頼を置いていた。才色兼備のデキる女性。幼少時はピアニストを目指していた。澤田とは大学時代からの腐れ縁。
玉木人志:林光樹
龍崎藍:三浦義徳
麻生具視:西村大介
山田武士:山田順也
佐藤一馬:山下昭和
それぞれパラダイスジム練習生。ロッキーやあしたのジョーに憧れボクシングをはじめ、澤田に一蹴されているが、よきスパートリングパートナーである。ジム紅一点の香に好意を寄せており、更衣室の設営などを手伝った。

ゲスト[編集]

1st ROUND
2nd ROUND
3rd ROUND
4th ROUND
5th ROUND
6th ROUND
7th ROUND
8th ROUND
9th ROUND
Final ROUND

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
1st ROUND 1998年10月13日 会社を辞めた理由 小椋久雄 12.9%
2nd ROUND 1998年10月20日 恋の必殺パンチ 9.6%
3rd ROUND 1998年10月27日 スカートをはいたセコンド 高丸雅隆 9.0%
4th ROUND 1998年11月3日 消えた婚約指輪 11.1%
5th ROUND 1998年11月10日 守ってあげたい 小椋久雄 9.6%
6th ROUND 1998年11月17日 私がダイエットに成功した理由 高丸雅隆 8.9%
7th ROUND 1998年11月24日 ケンカの良い所は仲直りできる事 小椋久雄 10.4%
8th ROUND 1998年12月1日 プライドの問題 加門幾生 9.5%
9th ROUND 1998年12月8日 ウエディングドレスと最後の戦い 高丸雅隆 9.5%
Final ROUND 1998年12月15日 終わりなき旅 小椋久雄 10.8%
平均視聴率10.1% (視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
フジテレビジョン 火曜21時台(連続ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
神様、もう少しだけ
(1998.7.7 - 1998.9.22)
殴る女
(1998.10.13 - 1998.12.15)
救命病棟24時(第1シリーズ)
(1999.1.5 - 1999.3.23)