名前をなくした女神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名前をなくした女神
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2011年4月12日 - 6月21日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
FCC
企画 太田大
演出 水田成英西浦正記 ほか
脚本 渡辺千穂
プロデューサー 浅野澄美
出演者
尾野真千子
倉科カナ
りょう
木村佳乃 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
オープニング Alice「moving on」
エンディング アンジェラ・アキ始まりのバラード
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
テンプレートを表示

名前をなくした女神』(なまえをなくしためがみ)は、フジテレビ系列で2011年4月12日から6月21日まで放送されていた、主演の連続テレビドラマ。放送時間は毎週火曜日の21:00 - 21:54(JST)。キャッチコピーは、「ようこそ、ママ友地獄へ。

初回は15分拡大(21:00 - 22:09)して放送。

概要[編集]

子どもの小学校受験を控えたママ友達の間で繰り広げられる、嫉妬見栄裏切りなど、複雑な人間関係を描いた社会派ドラマ[1]

主演のは本作が連続ドラマ初主演となり、夫役を演じるつるの剛士はこの枠で2009年4月期放送の『アタシんちの男子』以来、2年ぶりの連続ドラマ出演となる。また、KEIJIEXILE)の連続ドラマ初出演作となる。

脚本は『泣かないと決めた日』の渡辺千穂であり、キャストも杏、木村佳乃五十嵐隼士など出演者も多く重複している。

あらすじ[編集]

ハウスメーカーに勤める秋山侑子は、結婚出産後も仕事を続けていたが、会社からのリストラと引越を機に、健太が通い始めた近所の幼稚園『ひまわりの子幼稚園』で出会った、安野ちひろ、進藤真央、沢田利華子、本宮レイナ達と関わることで、息子を「お受験」させることを決意する。しかし、そこにはママ友の嫉妬や見栄、嘘、裏切りなど、様々な思惑が渦巻いていた。

登場人物[編集]

秋山家[編集]

秋山 侑子(あきやま ゆうこ) - (中学時代:真嶋優
本作の主人公。28歳。旧姓は関口。神奈川県海老名市出身。本郷短期大学経済学科を卒業後、ハウスメーカー・ヤザワホームに勤める。明るく直向きで、物怖じしない性格。22歳の時に拓水と出会い、結婚。健太を出産後も仕事を続けていたが、不況の煽りを受けて事実上リストラに遭い、不本意ながらも専業主婦となる。仕事には誇りややりがいを持っており、利華子からのパートへの誘いも快く受けている。引越先の『ひまわりの子幼稚園』で初めてママ友と出会ったことを機に、息子にお受験させる事を決意するが、お受験で神経質になっているママ友達と何気ない言動が原因で次第に溝が出来ていくことになる。しかし、紆余曲折ながらも困難を乗り越える。
秋山 拓水(あきやま たくみ) - つるの剛士
侑子の。33歳。大手食品メーカーに勤める会社員。侑子とは、「侑ちゃん」「拓ちゃん」と呼び合う仲の良さで、息子・健太のことも「子どもらしく健やかに育ってほしい」と願っている。子煩悩で家事にも協力的な、理想のマイホームパパ。お受験に関しては、「経験させるのも良い」と反対はしておらず、妻とともにお受験について勉強していく。三流大学の明和大学社会学部卒業でありながら就職出来たため、「学歴だけが全てではない」と考えている。リストラの対象となり一人で悩んでいたが、家族の支えもあり再就職を決める。
秋山 健太(あきやま けんた) - 藤本哉汰
侑子と拓水の一人息子。5歳。もも組の児童。引越し先と従来の環境の違いから、同級生から好奇の目で見られいじめられることもあったが、本来は誰からも好かれる明るく優しい性格をしており、持ち前の素直さからか学習能力が高く、周囲を気遣う能力にも長けている。また、両親からのプレッシャーが無いため勉強やお受験を楽しんでいる。卒園後は明峰学園幼稚舎に進学。

安野家[編集]

安野 ちひろ(あんの ちひろ) - 尾野真千子(中学時代:伊藤綺夏
『ひまわりの子幼稚園』のもも組の役員。侑子の元同級生。28歳。旧姓は内藤。聖清女子短期大学文学科卒。表向きは明朗快活で世話好きだが、実は夫からのモラルハラスメントによるDVに悩まされている。転勤族の父親と、母親にも圧力をかけられ、転校を繰り返していた。中学の頃、周囲に馴染めずいじめられていた自分を助けてくれた秋山侑子と再会するが、自分のことを全く覚えていなかった侑子に振り向いて欲しいが故に、もも組の園児と保護者のリストを作成し、ファイルを秋山家の前に置いていく。夫にも愛想は尽かしておらず、夫のセクハラ疑惑に大ショックを受ける。またセクハラ疑惑の噂が幼稚園で広まったことで人前に出られなくなり、家に閉じこもるが、徐々に変化を見せる夫を見ながら本来の姿を取り戻していく。
安野 英孝(あんの ひでたか) - 高橋一生
ちひろの夫。32歳。一流大学の東応学院大学経済学部を卒業後、あおい銀行高円寺支店に勤める。幼少期から母親のことを気に掛けつつも、母親に抑圧されて育った過去を持つ。爽の誕生後は息子に接する妻の姿が母親と重なり、神経質でヒステリックな面が目に付き始め、それまで良好だった夫婦仲も次第に悪化していく。妻の財布の中身や携帯電話を管理し、暴言や締め出しなど、妻を平気でいたぶるようになり、徐々に追い詰めるが、自分の部下へのセクハラ疑惑で苦しむ妻を見て、後に考えを改めるようになり、本来の優しさを取り戻し始める。名古屋支店転勤となり、単身赴任する。
安野 爽(あんの そう) - 長島暉実
ちひろと英孝の一人息子。5歳。もも組の児童。容姿と眼鏡も父親似である。父譲りの母想いな性格だが、内気で恥ずかしがり屋なため、友達が少ない。卒園後は明峰学園幼稚舎に進学。

本宮家[編集]

本宮 レイナ(もとみや れいな) - 木村佳乃
女性誌「Grazia」でカリスマ主婦読者モデルをしているセレブママ。1978年1月21日生まれの33歳。東京都目黒区出身。旧姓は九条。父親は目黒区の区議会議員で、育ちが良く、小学校から大学までエスカレーター式名門私立山吹女学院に通い、卒業後は外資系企業の秘書として勤務。その後、一代で財を成した功治と結婚し、裕福で何不自由無い暮らしをしているが、産後、夫とはセックスレスになったことを密かに深く悩んでいる。都会的で快活だが、プライドが高い。高校時代の友人が揃って子供を一流名門幼稚園に入学させた中、自分だけが失敗したため、お受験に対しては人一倍の執着があり、彩香の小学校受験を成功させるべく塾に通わせている。携帯の着信音は「エリーゼのために」。
本宮 功治(もとみや こうじ) - 平山浩行
レイナの夫。35歳。トータルウェディング事業会社『ラ・プレジール』社長。敏腕で頭脳明晰だが、商業高校卒業の為、学歴のコンプレックスが多少ある。レイナとは反対に地方の貧しい家庭で育つが、一代で成り上がり、メディアにも多く露出している。「上流の女を落とした」という自負心からレイナと結婚したが、実は彼女やその実家、友人達の「選ばれた人間意識」を軽蔑している。お受験に熱心なレイナには常に冷たく非協力的だが、一人娘の彩香のことは可愛がっている。
本宮 彩香(もとみや あやか) - 小林星蘭
レイナと功治の一人娘。5歳。もも組の児童。山吹女学院の幼稚園受験に失敗。お受験のためのレイナの厳しいや日々の学習ドリルなどを、素直にこなしているが、同時にプレッシャーも感じている。卒園後は母と同じ山吹女学院小学校に進学。
本宮 奈津恵(もとみや なつえ) - 山本道子(第3 - 7話)
功治の母親、レイナの姑。結婚式に出席するついでに本宮家に押しかけ滞在する。昔かたぎの性格で嫌味な口調。レイナの教育方針には否定的であり、彩香にプレッシャーをかけることに苦言を呈している。

進藤家[編集]

進藤 真央(しんどう まお) - 倉科カナ
23歳のヤンママ。栃木県宇都宮市出身。旧姓は田岡。高校の同級生である陸とできちゃった結婚、高校を中退して18歳で羅羅を産んだ。舅の遺産で無理に都心にある高級マンションの2階にある最も狭いワンルームを購入。そのローンや上辺を飾るための費用で家計は常に苦しい。普段は標準語を話すが、夫婦喧嘩の時などは栃木弁が出る。同じマンションに住むレイナに憧れており、ママ友になれた事が嬉しくて仕方がない。若さゆえか精神的に幼い部分があり、些細なことで侑子に恨みを抱いて、陥れようと画策する。また、そのことが羅羅の行動にも影響を与える。見栄を張って羅羅にお受験をさせようとするが、夫と自分の学歴の無さを理由に断念し、羅羅を芸能界デビューさせようと奔走する。ローン返済のためにキャバクラアルバイトを始めるが、結果的にネグレクトを行い、羅羅に寂しい想いをさせてしまう。幸せに対する自らの価値観の誤りに気づき、地元に帰る決意をする。
進藤 陸(しんどう りく) - 五十嵐隼士D-BOYS
真央の夫。24歳。トラック運転手野球だけが取柄で、高1の時に甲子園へ出場したが、ケガを期に退部し、不良となり高校も中退してしまう。真央とは栃木の高校の同級生で、普段から方言で話す。娘の羅羅の誕生後は、真面目に働いている。無理して都心に住んでいるため、トラック用の駐車場電車で7駅先の安い場所に借りさせられていたり、トラック運転手なのにスーツで出勤させられたりと、妻の価値観に振り回されている現状に不満を持っているが、結局は言いくるめられ、尻に敷かれている。夫婦共に最終学歴が栃木県立黒光高校中退の為、お受験を諦める真央とは逆に、あくまでマイペースで、焦る気配は無い。お人よしな性格のため、家計にも干渉していなかったが、現実を見ない真央の姿勢が羅羅に影響を及ぼしているのを見かねて、本音をぶつける。
進藤 羅羅(しんどう らら) - 谷花音
真央と陸の一人娘。5歳。もも組の児童。少々生意気だが、本来は素直な性格。おしゃまで、可愛い洋服小物が大好き。両親のことが大好きで素直な性格であるが、母親の真央の言葉も真に受けてしまい、健太へのいじめを行うようになる。真央がキャバクラで働くようになってからネグレクトに悩まされるようになり、留守の間に火傷を負い病院に搬送される。

沢田家[編集]

沢田 利華子(さわだ りかこ) - りょう
ベビーグッズ輸入ネットショップ「BLUE SKIP」を経営する女社長1971年4月20日生まれの39歳。上薙大学国際情報学部卒業。大阪市中央区出身。旧姓は清水。状況判断と問題解決能力に長ける。バツ1であり、前夫との間にできた空斗と現夫との海斗と、2人の息子を持つ。夫の圭が2人の息子に分け隔てなく接してくれるため黙認しているが、本当は夫の浮気に対する嫉妬で苦しんでいる。侑子とはすぐに打ち解け、彼女に的確な助言を送ってくれるが、仲良くなるにつれて理想家庭を築く侑子に嫉妬心を覚え、取り返しの付かない行動に出る。
沢田 圭(さわだ けい) - KEIJIEXILE
利華子の夫。1983年1月21日生まれの27歳。元人気モデル。立昌大学商学部卒業。かつては人気絶頂で多忙な日々を送っていたが、現在はメンズ衣料広告や通販雑誌のモデルしか仕事がない事にストレスを溜めている。2人の息子には分け隔て無く接するが、彼らはあくまで友人のような存在で、父親としての自覚や家庭での責任感は乏しい。料理掃除など家事全般が得意。家や稼ぎは妻に依存しているため、自分を頼ってくれるユキと浮気をする等、自分の不甲斐無さを棚に上げて現実逃避している。
沢田 海斗(さわだ かいと) - 内田淳貴
利華子と圭の息子で、空斗の異父弟。5歳。もも組の児童。明るく快活な性格で、物怖じしない。異父兄である空斗を慕っており、卒園後は自身が希望した空斗と同じインターナショナルスクールに進学。
沢田 空斗(さわだ くうと) - 今井悠貴
利華子と前夫の息子で、海斗の異父兄。11歳。インターナショナルスクールに通っている。明朗活発でしっかり者。弟をとても可愛がっている。利華子と圭の不仲を子供心に感じ取り、心を痛めている。

深沢家[編集]

深沢 雅美(ふかざわ まさみ) - 安達祐実(第1・2・10話)
翔の母親。都立成慶大学社会学部卒業。静岡県伊豆市出身。旧姓は中野。尚樹の両親に翔の元気な姿を見せるためにブログをやっていたが、ブログにアップしていた水泳教室で翔と一緒に写っていた女児の写真が違法サイトに転載されたのが原因で、翔と一緒に写っていた女児の家族が引っ越し、他の保護者からもいじめられようになる。精神的に追い詰められ、メンタルクリニックに通院するようになり、睡眠薬を服用して自殺を図る。一命は取り止めたが、尚樹の両親が暮らす福岡に一家で引っ越すことになる。第1話冒頭と終盤のナレーションも担当。
深沢 翔(ふかざわ かける) - 溝口怜冴(第1・2話)
もも組の児童。健太と最初に仲良くなる。
深沢 尚樹(ふかざわ なおき) - 趙珉和(第2話)
雅美の夫。中津生命保険営業。

木島家[編集]

木島 なのは(きじま なのは) - 春日香音
もも組の児童。
木島 弥生(きじま やよい) - 笠木泉
なのはの母親。夫は歯科医

岸本家[編集]

岸本 涼羽(きしもと りょう) - 笹原尚季
もも組の児童。健太が英単語を知らないことや、字が汚いことを馬鹿にする。
岸本 ゆかり(きしもと ゆかり) - 春木みさよ
涼羽の母親。夫は会社経営者エリート意識が強く、嫌味な性格。親馬鹿

ひまわりの子幼稚園[編集]

結城 広己(ゆうき ひろみ) - 萩原聖人(- 第9話)
もも組の担任教諭。36歳。心優しく気配り上手な性格で、周囲からの評判は良い。健太が周りの子供たちにいじめられている様子にもいち早く気付いた。園児のみならず保護者にも気を遣えるが、それが原因でレイナとの騒動が起こり、責任を取る形で健太たちの卒園を待たずに園を去る。
京香(きょうか) - 米澤史織
教諭。
青木 恵那(あおき えな) - 行木瀬声
もも組の児童。
矢崎 里子(やざき さとこ) - 秋本祐希(第9・10話)
鞠の母親。夫はインテリアショップを経営。侑子がバザーに出品したドールハウスを販売したいと声をかける。
矢崎 鞠(やざき まり) - 中山凛香(第10話)
ゆり組の児童。
もも組児童の保護者 - 千秋、西村いづみ(第9話)

東郷チャイルドスクール[編集]

東郷 百合子(とうごう ゆりこ) - 夏木マリ
塾長。53歳。熱血指導で、子供たちだけではなく、保護者にも助言を送る。
相原(あいはら - ) - 水橋研二
講師。

その他[編集]

ユキ - (第2・4・6話)※第2話は足元のみ出演
モデル。圭の浮気相手。
加藤 弓恵(かとう ゆみえ) - 中島ひろ子(第4 - 8話)
功治の幼なじみ。夫は妊娠中に亡くなっている。
加藤 美也(かとう みや) - 小泉彩(第4 - 8話)
弓恵の娘。自分を我が子同然に可愛がる功治のことを「パパ」と呼び慕っている。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

第2話[編集]

  • 女子高生(バスの車内で英孝に痴漢される) - 岡田愛美(最終話)
  • 水泳教室の女児(雅美のブログにアップされた翔と一緒に写った写真が違法サイトに転載されたのが原因で、一家で引っ越す) - 岩田月花
  • 靴屋の店員 - 清水沙映

第3話[編集]

  • 古賀(清掃会社・グリーンヒル清掃のマネージャー) - 堤匡孝(第4、5話)
  • 東野(雑誌編集者) - 高嶋博(第5話)
  • 山崎 昭男(英孝の後輩) - 反田孝幸(第5、10話)
  • 小野(英孝の後輩) - 梅崎和宗
  • 奈緒(「BLUE SKIP」の侑子の前任者) - 武本真梨子
  • 清掃員 - 高崎佳代
  • カフェ・ミルフィーユのウェイトレス - 中島妙子

第4話[編集]

第6話[編集]

第7話[編集]

第8話[編集]

最終話[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2011年4月12日 女の闘い開幕! ようこそ、ママ友地獄へ… 水田成英 9.5%
第2話 2011年4月19日 身も凍る再会 11.2%
第3話 2011年4月26日 今、試される親子の絆 樹下直美 10.8%
第4話 2011年5月3日 泥棒猫に天罰を 西浦正記 10.5%
第5話 2011年5月10日 もう限界! お受験ママたちの赤い涙 10.8%
第6話 2011年5月17日 遊園地の謎が今! 最大の危機が来る 水田成英 10.8%
第7話 2011年5月24日 直接対決! どん底からの脱出始まる 12.0%
第8話 2011年5月31日 もう許さない…! 幼稚園最大のスキャンダル 樹下直美 13.1%
第9話 2011年6月7日 今夜ついに解禁! 本当の敵が今隣に 水田成英 12.4%
第10話 2011年6月14日 嘘と裏切りの微笑 最後の聖戦開始! 樹下直美 12.2%
最終話 2011年6月21日 5人の女、最後の答え 水田成英 15.7%
平均視聴率11.7% 視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

1話こそ視聴率は一桁台だったが、2話以降から二桁台を記録し、最終回は15.7%とうなぎのぼりの結果となった。 NTTドコモは1話では提供クレジットを表示したが、当作の2話以降から6月一杯まで提供クレジットを自粛した。

関連商品[編集]

サウンドトラック[編集]

  • 「名前をなくした女神」オリジナル・サウンドトラック(ポニーキャニオン、2011年6月1日発売)

書籍[編集]

DVD[編集]

2011年9月21日にポニーキャニオンより発売。

脚注[編集]

  1. ^ 女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマ!『名前をなくした女神』 - とれたてフジテレビ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 火曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
CONTROL〜犯罪心理捜査〜
(2011.1.11 - 2011.3.22)
名前をなくした女神
(2011.4.12 - 2011.6.21)
絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜
(2011.7.12 - 2011.9.20)