ママカースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ママカーストとは、現代の日本において母親であることを共通とした友達付き合い(ママ友)において見られる序列のことを、身分制度カーストになぞらえて呼んだ表現。

概要[編集]

別名はママ友ピラミッド。ピラミッド構造の身分序列を表している。序列化の要素には、自身が身につけている衣服やバッグ等に加え、子供の学力、習い事の進捗状況、子供の外見(男子の場合は背丈)や夫の学歴や職業や収入など、さらにはマンションの何階のどの部屋に住んでいるかなどの事柄も含まれており、住んでいる部屋が自身の身に付けている物や、年収に見合っていないならば気まずい思いをすることになる[1]

カースト上位のママは高級車、ブランドバックなどを持ち、ママ友ランチ会などの主催をする立場になるといわれている。

新しく引っ越してきた家庭があるとそこに子供を遊びに行かせ、どのような家庭環境でどのような職業なのかを調べるなどの方法で情報を得て、仲間に入れるべきでないと判断したならば、グループから排除するということが行われている。白河桃子は、現代は不況であることから、自身が下流に転落するという危機感を持っているため、他の家庭と比較することで自身はまだ中流にいるという安心感を得たいがためにこのようなことをしていると見ている

ママ友カーストはママ友いじめを助長しているという見方もあり、問題視されるようになった[2][3][4]

ママカーストが登場する書籍・番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]