NHKオリンピック歴代テーマソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

NHKオリンピック歴代テーマソングでは、ソウルオリンピック1988年)に始まったNHKオリンピックパラリンピック歴代テーマソングについて記す。

概要[編集]

かつてはパラリンピックのテーマはオリンピックとは別のものを使用していたが、2008年からは同一の楽曲を使用するようになった。

オリンピック以外の楽曲に、アジア競技大会での中継テーマソングとして1994年広島大会では「ヒロイン 〜あの日の涙を忘れない〜」(岡村孝子)、2014年仁川大会では「終わらない未来」(ファンキー加藤)、2018年ジャカルタ・パレンバン大会では「Wake Up」(エレファントカシマシ)がテーマソングとして起用されている。

NHKのオリンピック中継テーマソングを担当した歌手がその年の『NHK紅白歌合戦』に出場するという事例は長らく実現しなかった[1]。初めてこのケースが実現したのは、2004年の『第55回NHK紅白歌合戦』に「栄光の架橋」で出場したゆずが最初である。ちなみに、以後冬季夏季共にこのテーマソングを担当した歌手はそのオリンピック前後年の紅白に出場してそれを歌唱するようになっていた[2]が、2016年リオ五輪のテーマソング「Hero」を担当した安室奈美恵は、その年の『第67回NHK紅白歌合戦』には出場しなかった。ただし、2017年放送の『第68回NHK紅白歌合戦』では前年の紅白に出演しなかった安室が出演し「Hero」を歌ったことから、結果的に2004年以降の五輪主題歌が全て紅白で歌われたこととなった。また、同じく第68回紅白ではゆずが「栄光の架橋」を歌唱しており、NHKの五輪主題歌が複数の紅白で歌われた初のケースとなった。

テーマソング一覧[編集]

[3]

  • 紫色が冬季。*白色が夏季。
開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1988年 ソウルオリンピック HEART & SOUL 浜田麻里 エンディングテーマで「My Tears」が起用されている。
1992年 アルベールビルオリンピック テーマソング使用曲なし ハイライト番組のエンディングテーマとして「Happy Birthday to You〜ヴィーナスの誕生」松任谷由実)を起用。松任谷はハイライト番組にゲスト出演した。
1992年 バルセロナオリンピック PARADISE WIND 寺田恵子 エンディングテーマで「NEVER ALONE」が起用されている。
1994年 リレハンメルオリンピック 遥かな人へ 髙橋真梨子 エンディングテーマで「素足のボレロ」が起用されている。
1996年 アトランタオリンピック 熱くなれ 大黒摩季 エンディングテーマで「そして」が起用されている。
1998年 長野オリンピック SHOOTING STAR F-BLOOD 夏季・冬季通じて初めて男性アーティストが担当した。また、『みんなのうた』の1997年4月-5月の新曲として放送された「WAになっておどろう〜イレ アイエ〜」(AGHARTA)がマスコットキャラクター・スノーレッツのテーマソングに採用され、閉会式で披露された。
2000年 シドニーオリンピック Get U're Dream ZARD
2002年 ソルトレイクシティオリンピック
ソルトレイクシティパラリンピック
果てなく続くストーリー MISIA
2004年 アテネオリンピック 栄光の架橋 ゆず 開催年の紅白で披露されたのは夏季・冬季通じて同曲が初めてとなる。
アテネパラリンピック Challenger 木下航志
2006年 トリノオリンピック
トリノパラリンピック
誓い 平原綾香
2008年 北京オリンピック
北京パラリンピック
GIFT Mr.Children Mr.Childrenはこの曲で初めて紅白に出場した[4]
2010年 バンクーバーオリンピック
バンクーバーパラリンピック
BLESS L'Arc〜en〜Ciel L'Arc〜en〜Cielはこの曲で2000年以来10年ぶりに紅白に出場した。
2012年 ロンドンオリンピック
ロンドンパラリンピック
風が吹いている いきものがかり[5] 紅白のトリで披露されたのは夏季・冬季通じて同曲が初めてとなる。
2014年 ソチオリンピック
ソチパラリンピック
今、咲き誇る花たちよ[6] コブクロ[7]
2016年 リオデジャネイロオリンピック
リオデジャネイロパラリンピック
Hero 安室奈美恵[8]
2018年 平昌オリンピック
平昌パラリンピック
サザンカ SEKAI NO OWARI
2020年 東京オリンピック
東京パラリンピック
カイト 『NHK2020ソング』と銘打たれている。嵐は「〈NHK〉東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に起用されたが、大会の1年延期やグループの活動休止により、櫻井翔相葉雅紀が中継とハイライト番組に出演した。また、『〈NHK〉2020応援ソング』と銘打ち「パプリカ」(foorin米津玄師)を制作している。この曲は、大会組織委員会から『東京2020公認プログラム』の認証を受けている。作詞・作曲は両曲ともに米津玄師。


関連商品[編集]

アテネ五輪開催前の2004年8月4日にビクターエンタテインメントからNHKの協力の下、『NHKスポーツ・テーマ ベストコレクション』(規格品番:VICL-61422)が発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 後述のゆずの事例以前では、このテーマソング担当者が同年の紅白への出場を辞退したとされる事例がある。
  2. ^ 2013年の『第64回NHK紅白歌合戦』では、コブクロ2014年開催のソチオリンピックのこのテーマソング「今、咲き誇る花たちよ」を歌唱した。なお、コブクロは翌年の『第65回NHK紅白歌合戦』では落選となった。
  3. ^ 総局長会見資料NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング完成 (PDF)”. NHK INFORMATION. 日本放送協会 (2016年3月23日). 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ ボーカルの桜井和寿による「音楽で勝敗を決める番組に出演したくない」との理由で出場辞退を続けてきた。
  5. ^ いきものがかり、NHKロンドン五輪テーマに決定 - オリコン・2012年3月23日
  6. ^ コブクロ、紅白出場に意欲「ここに立ってもう一度歌いたい」 スポーツニッポン 2013年10月23日閲覧
  7. ^ NHKソチ五輪・パラ五輪統一テーマ曲 アーティスト発表 - NHK広報局(2013年9月9日)
  8. ^ リオ五輪 NHKのテーマ曲は安室さん「Hero」 - NHK NEWS WEB(2016年3月23日)

外部リンク[編集]