日本の各放送局における歴代オリンピックテーマソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の各放送局における歴代オリンピックテーマソングでは、ソウルオリンピック1988年)に始まった、日本の各放送局(NHK民放5局)のオリンピックパラリンピック歴代テーマソングについて記す。

概要[編集]

NHK[編集]

かつてはパラリンピックのテーマはオリンピックとは別のものを使用していたが、2008年からは同一の楽曲を使用するようになった。

オリンピック以外の楽曲に、アジア競技大会での中継テーマソングとして1994年広島大会では「ヒロイン 〜あの日の涙を忘れない〜」(岡村孝子)、2014年仁川大会では「終わらない未来」(ファンキー加藤)、2018年ジャカルタ・パレンバン大会では「Wake Up」(エレファントカシマシ)がテーマソングとして起用されている。

NHKのオリンピック中継テーマソングを担当した歌手がその年の『NHK紅白歌合戦』に出場するという事例は長らく実現しなかった[1]。初めてこのケースが実現したのは、2004年の『第55回NHK紅白歌合戦』に「栄光の架橋」で出場したゆずが最初である。ちなみに、以後冬季夏季共にこのテーマソングを担当した歌手はそのオリンピック前後年の紅白に出場してそれを歌唱するようになっていた[2]が、2016年リオ五輪のテーマソング「Hero」を担当した安室奈美恵は、その年の『第67回NHK紅白歌合戦』には出場しなかった。ただし、2017年放送の『第68回NHK紅白歌合戦』では前年の紅白に出演しなかった安室が出演し「Hero」を歌ったことから、結果的に2004年以降の五輪主題歌が全て紅白で歌われたこととなった。また、同じく第68回紅白ではゆずが「栄光の架橋」を歌唱しており、NHKの五輪主題歌が複数の紅白で歌われた初のケースとなった。

民放5局[編集]

テーマソング一覧[編集]

  • 紫色が冬季、白色が夏季。

NHK[編集]

[3]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1964年 東京オリンピック テーマソング使用曲なし 1963年6月にNHKが制作した「東京五輪音頭」(三波春夫)は、大会を盛り上げる一翼を担った。
1972年 札幌オリンピック テーマソング使用曲なし NHK札幌拠点放送局が制作し、『みんなのうた』の1971年2月-3月の新曲(「札幌五輪のうた」の一つ)として放送された「虹と雪のバラード」(トワ・エ・モワ)は、大会を盛り上げる一翼を担った。
1988年 ソウルオリンピック HEART & SOUL 浜田麻里 エンディングテーマで「My Tears」が起用されている。
1992年 アルベールビルオリンピック テーマソング使用曲なし ハイライト番組のエンディングテーマとして「Happy Birthday to You〜ヴィーナスの誕生」松任谷由実)を起用。松任谷はハイライト番組にゲスト出演した。
1992年 バルセロナオリンピック PARADISE WIND 寺田恵子 エンディングテーマで「NEVER ALONE」が起用されている。
1994年 リレハンメルオリンピック 遥かな人へ 髙橋真梨子 エンディングテーマで「素足のボレロ」が起用されている。
1996年 アトランタオリンピック 熱くなれ 大黒摩季 エンディングテーマで「そして」が起用されている。
1998年 長野オリンピック SHOOTING STAR F-BLOOD 夏季・冬季通じて初めて男性アーティストが担当した。また、『みんなのうた』の1997年4月-5月の新曲として放送された「WAになっておどろう〜イレ アイエ〜」(AGHARTA)が大会マスコットキャラクター・スノーレッツのテーマソングに採用され、閉会式で披露された。
2000年 シドニーオリンピック Get U're Dream ZARD
2002年 ソルトレイクシティオリンピック
ソルトレイクシティパラリンピック
果てなく続くストーリー MISIA
2004年 アテネオリンピック 栄光の架橋 ゆず 開催年の紅白で披露されたのは夏季・冬季通じて同曲が初めてとなる。
アテネパラリンピック Challenger 木下航志
2006年 トリノオリンピック
トリノパラリンピック
誓い 平原綾香
2008年 北京オリンピック
北京パラリンピック
GIFT Mr.Children Mr.Childrenはこの曲で初めて紅白に出場した[4]
2010年 バンクーバーオリンピック
パラリンピック
BLESS L'Arc〜en〜Ciel L'Arc〜en〜Cielはこの曲で2000年以来10年ぶりに紅白に出場した。
2012年 ロンドンオリンピック
ロンドンパラリンピック
風が吹いている いきものがかり[5] 紅白のトリで披露されたのは夏季・冬季通じて同曲が初めてとなる。
2014年 ソチオリンピック
ソチパラリンピック
今、咲き誇る花たちよ[6] コブクロ[7] 開催前年の紅白で披露されたのは夏季・冬季通じて同曲が初めてとなる。
2016年 リオデジャネイロオリンピック
リオデジャネイロパラリンピック
Hero 安室奈美恵[8]
2018年 平昌オリンピック
平昌パラリンピック
サザンカ SEKAI NO OWARI
2020年 東京オリンピック
東京パラリンピック
カイト 『NHK2020ソング』と銘打たれている。嵐は「〈NHK〉東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に起用されたが、大会の1年延期やグループの活動休止により、櫻井翔相葉雅紀が中継とハイライト番組に出演した。また、『〈NHK〉2020応援ソング』と銘打ち「パプリカ」(foorin米津玄師)を制作している。この曲は、大会組織委員会から『東京2020公認プログラム』の認証を受けている。作詞・作曲は両曲ともに米津玄師。
2022年 北京オリンピック
北京パラリンピック
Fly High milet 『NHKウィンタースポーツテーマソング』と銘打たれ、オリンピック・パラリンピック以外のウィンタースポーツ中継でも使用される。なお、オリンピック・パラリンピック中継の際に使用されるのは、原田慶太楼指揮、NHK交響楽団が演奏するオーケストラバージョン、「『Fly High』 milet with NHK交響楽団」となる。

日本テレビ[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1988年 ソウルオリンピック ONLY LOVE HOUND DOG
1992年 バルセロナオリンピック 千年前から見つめていた 中西保志
1996年 アトランタオリンピック My Love Your Love~たったひとりしかいないあなたへ~ 渡辺美里
1998年 長野オリンピック 明日が聴こえる J-FRIENDS
2000年 シドニーオリンピック PARTNERSHIP 松任谷由実
2002年 ソルトレイクシティオリンピック try your emotion w-inds.
2004年 アテネオリンピック Hero
2006年 トリノオリンピック Born To Be... 浜崎あゆみ
2008年 北京オリンピック 風の向こうへ
2010年 バンクーバーオリンピック 揺らせ、今を
2012年 ロンドンオリンピック
2014年 ソチオリンピック Road to Glory
2016年 リオデジャネイロオリンピック Power of the Paradise
2018年 平昌オリンピック 白が舞う
2020年 東京オリンピック SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 民放5局(民放連)共同テーマソング
2022年 北京オリンピック CRYSTAL MOMENT KAT-TUN 『日本テレビ系2022冬季スポーツテーマソング』と銘打たれている。

TBS[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1984年 ロサンゼルスオリンピック テーマソング使用曲なし なお、同局で開催前年の1983年から1年間放送されたアニメ「イーグルサム」で、「走れ!ゴーインBOY」(イーグルス)がシリーズ前半のエンディング曲として使用された。
1992年 バルセロナオリンピック TRUTH 西田ひかる
1998年 長野オリンピック Unite! The Night! TRF
2000年 シドニーオリンピック I WISH モーニング娘。
2002年 ソルトレイクシティオリンピック そうだ! We're ALIVE モーニング娘。
2004年 アテネオリンピック ススメ! SMAP
2006年 トリノオリンピック まっ白 小田和正
2008年 北京オリンピック この瞬間、きっと夢じゃない SMAP
2010年 バンクーバーオリンピック Heal the World マイケル・ジャクソン
2012年 ロンドンオリンピック Moment SMAP
2014年 ソチオリンピック 2度に渡って使用。
2016年 リオデジャネイロオリンピック ありがとう SMAP
2018年 平昌オリンピック Hero マライア・キャリー
2020年 東京オリンピック SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 民放5局(民放連)共同テーマソング
2022年 北京オリンピック マザーランド Ado 『TBS系スポーツ2022テーマソング』と銘打たれている。

フジテレビ[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1992年 バルセロナオリンピック RISE T-SQUARE
1996年 アトランタオリンピック ありがとう…勇気 TOKIO
1998年 長野オリンピック 湾岸スキーヤー 少年隊
2000年 シドニーオリンピック ポリ リズム 久保田利伸
2002年 ソルトレイクシティオリンピック Understanding hitomi
2004年 アテネオリンピック 今が人生〜飛翔編〜 森山直太朗
2006年 トリノオリンピック WIND 倖田來未
2008年 北京オリンピック もっと遠くへ レミオロメン
2010年 バンクーバーオリンピック LUCKY☆STAR 大塚愛
2012年 ロンドンオリンピック STARS Superfly & トータス松本
2014年 ソチオリンピック number one 絢香
2016年 リオデジャネイロオリンピック Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜 EXILE
2018年 平昌オリンピック ハロー カゲロウ GReeeeN
2020年 東京オリンピック SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 民放5局(民放連)共同テーマソング
関ジャニ∞
2022年 北京オリンピック 『FUJI Network. Song for Athletes』と銘打たれている。2度に渡って使用。

テレビ朝日[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1980年 モスクワオリンピック テレビ朝日スポーツ・テーマ 作曲・編曲はいずみたく。1979年から1982年まで同局のスポーツ中継テーマとしても使用。なお、中継イメージテーマソングとして「俺たちの時代」(西城秀樹)を使用した。この曲は当初JOC公式応援歌としても予定されていた。
1996年 アトランタオリンピック あの夏に戻りたい 杏里
1998年 長野オリンピック 見つめていたい Romi
2000年 シドニーオリンピック HEY! 福山雅治
2002年 ソルトレイクシティオリンピック Always 前田亘輝
2004年 アテネオリンピック ARIGATO B'z
2006年 トリノオリンピック Triangle SMAP
2008年 北京オリンピック HIGHER STAGE 福山雅治
2010年 バンクーバーオリンピック スーパースター★ SMAP
2012年 ロンドンオリンピック GAME 福山雅治
2014年 ソチオリンピック 2度に渡って使用。
2016年 リオデジャネイロオリンピック 1461日 福山雅治
2018年 平昌オリンピック 2度に渡って使用。
2020年 東京オリンピック SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 民放5局(民放連)共同テーマソング
CANDO TEAM SHUZO
2022年 北京オリンピック 『松岡修造アスリート応援テーマ』と銘打たれている。2度に渡って使用。

テレビ東京[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1998年 長野オリンピック 愛は愛さ 田原俊彦
2000年 シドニーオリンピック SUKIYAKI nikki monroe
2002年 ソルトレイクシティオリンピック KEEP ON YOUR SIDE 勝又亜依子
2004年 アテネオリンピック Z!Z!Z! -Zip!Zap!Zipangu!- 島谷ひとみ
2006年 トリノオリンピック Together Crystal Kay
2008年 北京オリンピック Fly away EXILE
2010年 バンクーバーオリンピック Believe 青山テルマ
2012年 ロンドンオリンピック Physical Bradberry Orchestra feat.スガシカオ, Salyu, Crystal Kay
2014年 ソチオリンピック START Every Little Thing
2016年 リオデジャネイロオリンピック 起死回生 和楽器バンド
2018年 平昌オリンピック NOKKO
2020年 東京オリンピック SMILE〜晴れ渡る空のように〜 桑田佳祐 民放5局(民放連)共同テーマソング
2022年 北京オリンピック 君にセレナーデ 広瀬香美 『テレビ東京系列 ウィンタースポーツ2022テーマソング』と銘打たれている。

JOC公式[編集]

開催年 大会名 曲名 アーティスト 備考
1992年 バルセロナオリンピック リラの咲くころバルセロナへ 光GENJI
1994年 リレハンメルオリンピック BRAVO!Nippon〜雪と氷のファンタジー〜 光GENJI
1996年 アトランタオリンピック BEAT YOUR HEART V6
1998年 長野オリンピック SHARE 瞳の中のヒーロー 杏里 大会公式イメージソングとして制作
2000年 シドニーオリンピック 水・陸・そら、無限大 19
2004年 アテネオリンピック 歌がチカラ KOKIA
2008年 北京オリンピック 笑ってみせてくれ BAND FOR "SANKA"
2012年 ロンドンオリンピック 強く美しく KYOKO☆
2014年 ソチオリンピック 君の代わりは居やしない モーニング娘。’14

関連商品[編集]

アテネ五輪開催前の2004年8月4日にビクターエンタテインメントからNHKの協力の下、『NHKスポーツ・テーマ ベストコレクション』(規格品番:VICL-61422)が発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 後述のゆずの事例以前では、このテーマソング担当者が同年の紅白への出場を辞退したとされる事例がある。
  2. ^ 2013年の『第64回NHK紅白歌合戦』では、コブクロ2014年開催のソチオリンピックのこのテーマソング「今、咲き誇る花たちよ」を歌唱した。なお、コブクロは翌年の『第65回NHK紅白歌合戦』では落選となった。
  3. ^ 総局長会見資料NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング完成 (PDF)”. NHK INFORMATION. 日本放送協会 (2016年3月23日). 2016年3月24日閲覧。
  4. ^ ボーカルの桜井和寿による「音楽で勝敗を決める番組に出演したくない」との理由で出場辞退を続けてきた。
  5. ^ いきものがかり、NHKロンドン五輪テーマに決定 - オリコン・2012年3月23日
  6. ^ コブクロ、紅白出場に意欲「ここに立ってもう一度歌いたい」 スポーツニッポン 2013年10月23日閲覧
  7. ^ NHKソチ五輪・パラ五輪統一テーマ曲 アーティスト発表 - NHK広報局(2013年9月9日)
  8. ^ リオ五輪 NHKのテーマ曲は安室さん「Hero」 - NHK NEWS WEB(2016年3月23日)

外部リンク[編集]