さらば草原よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さらば草原よ』(さらばそうげんよ、西: Adiós pampa mía)は、フランシスコ・カナロ(Francisco Canaro)、マリアーノ・モーレス(Mariano Mores)作曲のタンゴ1945年の曲。

概要[編集]

1945年のミュージカル「パリのタンゴ」(El tango en Paris)の挿入歌として作られた。イボ・ペライ(Ivo Pelay)による歌詞がつけられている。

フランシスコ・カナロ楽団演奏のアルベルト・アレーナス(Alberto Arenas)歌唱の録音や、ファン・ダリエンソ楽団の録音が有名である。

日本においては、第8回NHK紅白歌合戦1957年)と、第12回NHK紅白歌合戦1961年)で、藤沢嵐子によって歌われた。

外部リンク[編集]