スク・スク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スクスク、スク・スク

  • 音楽ジャンルの一つ。
  • 1960年代に各国で流行した楽曲。本項で記述。

スク・スク」(Sucu Sucu)は、1961年に各国でそれぞれリリースされた楽曲である。

楽曲解説[編集]

元々はボリビア共和国在住のタラテーニョ・ロハス (Tarateno Rojas) の作品である。1961年頃よりヨーロッパ各国で流行した音楽であった。

スク・スクは当時日本でも各レコード会社がパチャンガ/ドドンパに次ぐ第3のリズムとして注目されていた。

この楽曲は日本のみではなく世界各国で歌唱されていた。この中には世界的に有名の歌手の1人であるカテリーナ・ヴァレンテによる歌唱も存在していた。

1961年7月に日本語訳されたものがザ・ピーナッツ歌唱により発表された[1]。発売はキングレコードであった。同月にダニー飯田とパラダイスキング、翌8月に西田佐知子等、日本の各歌手及び歌手グループが「スク・スク」を発表し、競作となった。数ある競作の中で一番ヒットしたのはザ・ピーナッツ版であった。

ザ・ピーナッツ版の歌詞は2種類あり、初期は「麻薬に良く似た スク・スクの味」と歌詞の中にあったが、後年の再録音時に修正され「何とも言えない スク・スクの味」となった。歌詞変更の詳細に付いては不明である。

なお、ザ・ピーナッツ版は1961年の『第12回NHK紅白歌合戦』で歌唱された。またザ・ピーナッツの楽曲に「スク・スク・ドール」があるが、この「スク・スク」とは関連のないものである。

主なカヴァー歌唱歌手[編集]

作成者[編集]

ザ・ピーナッツ版[編集]

主要参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし歌の冒頭にて発せられる英語の台詞「Cammon Doing Sucu Sucu」の部分はスマイリー小原が担当していた。


先代:
悲しき16才
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1961年・第12回
次代:
ふりむかないで