カンタ カナリート 〜風よりもかろやかに〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
カンタ カナリート 〜風よりもかろやかに〜
歌手 ザ・ピーナッツ
作詞者 片岡輝(訳)
作曲者 ダンテ・パンツーティ
編曲者 横山菁児
映像 アニメーション
映像制作者 大井文雄
初放送月 1972年4月-5月
テンプレートを表示

カンタ カナリート 〜風よりもかろやかに〜」(カンタ カナリート かぜよりもかろやかに)は、イタリアの楽曲『Canta Canarito』を日本語に翻訳した作品。1972年4月にNHKの『みんなのうた』で紹介された。

概要[編集]

イタリア語のオリジナル版は、ルチア・アルティエリ (it:Lucia Altieri) やニッラ・ピッツィ (it:Nilla Pizzi)といった歌手によって歌唱されている。

日本語カバー版の通称は「カンタ カナリート」[1]カナリアの美しい歌声で春や人の愛を爽やかに歌った楽曲。ザ・ピーナッツは『みんなのうた』草創期に歌を歌っており、本曲は1963年8月紹介の『木曽節』以来9年振りの出演となったが、この2年後の1975年に引退したため、これが最後の『みんなのうた』出演となった。

再放送やDVD化はされていないが、ザ・ピーナッツがキングレコード所属であったため、キング発売の『みんなのうた』関連のレコードやCDには、ザ・ピーナッツの歌で収録されている。また2004年にキングから発売された『ザ・ピーナッツ メモリーズBOX』にも収録されている。

参考文献・出典[編集]

  • 「みんなのうた」(水星社)第10巻 78頁〜80頁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「カンタ・カナリート」と中黒が付く場合もある。「NHKみんなのうた 50アニバーサリー・ベスト〜山口さんちのツトム君〜」のCDには「カンタ・カナリート」と記述されている。