心の窓にともし灯を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心の窓にともし灯を」(こころのまどにともしびを)は、1959年に発表され、翌1960年にリリースされたザ・ピーナッツ楽曲である。

当時は洋楽カヴァーを主としていたザ・ピーナッツのオリジナルソングの初期の作品である。

概要[編集]

歌詞の内容は、人間を励ますという趣旨となっている。

まず、1959年12月に「NHK歳末たすけ合い運動」の一環として作成され、同月の「歌の広場[1]でザ・ピーナッツにより歌唱されたのがこの楽曲の始まりである。この時同番組内で、盲学校の生徒と合同に歌唱されていたのが話題となり、以後この楽曲の人気が急激に上昇した。

レコードは1960年4月にザ・ピーナッツ版が発売された。この楽曲は同年にNHKテレビ歌謡の「今月の歌」にも指定されていた。

2000年代に至るまで全曲集CDにも定番曲の一つとして収録される機会も多く、かつ一時期には中学校音楽科教科書に掲載されていたこともあり、現代でも知名度が高い楽曲となっている。

なお、後年ペギー葉山ダーク・ダックス倍賞千恵子がカヴァーしていた。

「心の窓に灯を」と記されている書籍物などもあるが、それは誤記であり、日本音楽著作権協会 (JASRAC) に届出の楽曲題名は「心の窓にともし灯を」である。

作成者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同番組は日本で最初の歌番組であった。

参考文献[編集]